クリスチャン9世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスチャン9世
Christian 9.
デンマーク国王
Christian IX of Denmark.jpg
クリスチャン9世
在位 1863年11月15日1906年1月29日
全名 Christian
クリスティアン
出生 1818年4月8日
シュレースヴィヒゴットルプ城
死去 1906年1月29日(満87歳没)
デンマークの旗 デンマークコペンハーゲンアマリエンボー宮殿
埋葬 1906年2月15日
デンマークの旗 デンマークロスキレロスキレ大聖堂
配偶者 ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセル
子女
王家 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク家
王朝 リュクスボー朝
父親 フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク
母親 ルイーゼ・カロリーネ・フォン・ヘッセン=カッセル
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

クリスチャン9世デンマーク語: Christian 9., 1818年4月8日 - 1906年1月29日)は、リュクスボー朝初代のデンマーク国王(在位:1863年11月15日 - 1906年1月29日)。グリュックスブルク家は前王家オレンボー家の遠い支族で、男系の先祖をデンマーク=ノルウェークリスチャン3世(在位:1534年 - 1559年)にたどることができる。

生涯[編集]

グリュックスブルク公フリードリヒ・ヴィルヘルムの四男として生まれる。母はヘッセン=カッセル方伯カールの娘ルイーゼ・カロリーネ。1831年に幼くして父を亡くした後、フレゼリク6世の王妃で母方の伯母にあたるマリーの後見の下に育った。

1842年、母と同じヘッセン=カッセル家出身で又従姉に当たるルイーゼと結婚したが、名家の生まれとはいえ財力がなかったため、デンマーク王室から無料で借りたコペンハーゲン市内の小さな家に一家で暮らした。子女の教育は家庭教師を雇う余裕がなかったため、夫妻が自ら行った。

ルイーゼの母ルイーセ・シャロデはデンマーク王クリスチャン8世の妹であった。またクリスチャン自身も、デンマーク王フレゼリク5世の女系の曾孫の一人であった。そのため、1852年の王位継承法で嗣子のいないデンマーク王フレゼリク7世の継承者に選ばれ、同年のロンドン議定書で国際的にも承認された。そして1863年にフレゼリク7世の死去によって即位した。

即位後すぐに第2次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争に巻き込まれ、1864年プロイセンオーストリアシュレースヴィヒホルシュタイン両公国に加えてザクセン=ラウエンブルク公国を割譲した。

家族[編集]

ルイーゼ妃との間に3男3女を儲けた。

息子たちは国王になり、娘たちはヨーロッパの諸王家に嫁いだため、「ヨーロッパの義父」と呼ばれた。

ロシア皇帝ニコライ2世やイギリス国王ジョージ5世ノルウェー国王ホーコン7世、ギリシャ国王コンスタンティノス1世はいずれもクリスチャン9世の孫である。

関連項目[編集]

クリスチャン9世と家族