ハーラル1世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーラル1世 (デンマーク王)

ハーラル1世ゴームソンデンマーク語Harald "Blåtand"、 ? – 986年?)は、デンマーク国王(在位:940年985年?)。 父親はデンマーク王ゴーム、母親はイングランドエセルレッドの娘テューラ。 ノルウェーとデンマークを無血統合した。ザクセン公家のデンマークへの政治的侵入を受け、960年洗礼を受けてキリスト教を受け入れた。ただし、948年にはシュレースヴィヒリーベオーフス半島3都市に既に司教が任命されていたらしい。

"Bluetooth"(“青歯王”)の異名を持つが、これは"Blåtand"("blå-tand"[浅黒い肌の・英雄]、古デンマーク語で「浅黒い肌の英雄」)を英語に音訳したものである[1]

デンマークとノルウェーを交渉によって平和的に統一した事績にちなんで、複数の電子機器をつなぐ通信技術のBluetoothの語源となった[2]

世界遺産イェリング墳墓群にはハーラルとその両親を讃える石碑がある。

子女[編集]

スウェーデン王オーロフ(エリク勝利王の弟)の娘ギュリズと結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ Korak Dasgupta History of Bluetooth, 2010年12月15日閲覧。
  2. ^ BluetoothFAQ
先代:
ゴーム
デンマーク王
949 - 985?
次代:
スヴェン1世