アーベル (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーベル王

アーベルAbel1218年 - 1252年6月29日)は、デンマーク王(在位:1250年 - 1252年)。ヴァルデマー2世と妃ベレンガリアの子。エーリク4世の弟、クリストファ1世の兄。即位から僅か1年半で戦死した。

兄エーリク4世がアーベルとの1年にわたる対立の末、アーベルの2人の部下によって殺害されたので、スレースヴィ(シュレースヴィヒ)公(在位:1232年 - 1252年)であったアーベルは1250年11月1日に王位を継承した。アーベルと24人の貴族達は「アーベルはエーリク4世の殺害に関与していない」という公式の宣言(2ダースの宣言(dobbelt tylvter-ed)と呼ばれる)を発表したが、エーリク4世はアーベルの命令によって殺害されたと広く信じられた(現在でも)。世間では『旧約聖書創世記の故事にちなんで、「号はアベル、業はカイン("Abel af navn, Kain af gavn")」と囁かれた。

しかし、アーベルは1252年6月29日にフリースラントへ遠征、戦死した。王妃メヒティルドとの間に生まれた息子のヴァルデマーは身代金のためにケルン大司教に捕らえられていたため、最年少の弟がクリストファ1世として1252年のクリスマスに即位した。

先代:
エーリク4世
デンマーク王
1250年 - 1252年
次代:
クリストファ1世