クリスチャン1世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスチャン1世
Christian 1.
デンマーク王
ノルウェー王
スウェーデン王
Christian I - Graf zu Oldenburg.jpg
在位 デンマーク王:1448年 - 1481年
ノルウェー王:1450年 - 1481年
スウェーデン王:1457年 - 1464年
出生 1426年2月
オルデンブルク
死去 1481年3月21日
コペンハーゲン
埋葬  
ロスキレ大聖堂
配偶者 ドロテア・フォン・ブランデンブルク
子女 ハンス
マルグレーテ
フレゼリク1世
王家 オルデンブルク家
父親 オルデンブルク伯ディートリヒ
母親 ハイルヴィヒ・フォン・ホルシュタイン
テンプレートを表示

クリスチャン1世(Christian I, 1426年2月 - 1481年3月21日)は、カルマル同盟時代のデンマーク(在位:1448年 - 1481年)、ノルウェー(在位:1450年 - 1481年)、スウェーデン(在位:1457年 - 1464年)。オルデンブルク朝の祖。父はオルデンブルク伯ディートリヒ、母はホルシュタイン伯ゲルハルト6世の娘ヘートヴィヒ・フォン・シャウエンブルク。1459年からはシュレースヴィヒ1474年からはホルシュタインを兼ねた。母方を通じてデンマーク王エーリク5世の子孫であったため、デンマーク王位の継承者に選ばれた。

先代の王クリストファ・ア・バイエルン(クリストファ3世)の宰相カール・クヌートソンが反乱を起こし、勝手にスウェーデン・ノルウェーの王に即位した為、カールを打ち破って王座を奪った。しかし、カールはその後もスウェーデン王を僭称、1470年にカールが死去、クリスチャン1世の長男ハンスがスウェーデン王に即位するのは1497年までかかる事になる。

クリストファ・ア・バイエルンの未亡人ドロテアブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯ヨハン(錬金術伯)の娘)と1449年に結婚し、5子をもうけた。

先代:
クリストファ3世
デンマーク王
1448年 - 1481年
次代:
ハンス
先代:
カール1世
ノルウェー王
1450年 - 1481年
次代:
ハンス
先代:
カール8世
スウェーデン王
1457年 - 1464年
次代:
カール8世(復位)