クリスチャン7世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスチャン7世
Christian 7.
デンマーク王
ノルウェー王
Christianviidenmark.jpg
在位 1766年1月13日 - 1808年3月13日
出生 1749年1月29日
クリスチャンスボー宮殿コペンハーゲン
死去 1808年3月13日(満59歳没)
レンツブルクホルシュタイン公国
配偶者 キャロライン・マティルダ・オブ・ウェールズ
子女 フレゼリク6世
ルイーセ・アウグスタ
王家 オルデンブルク家
父親 フレゼリク5世
母親 ルイーズ・オブ・グレート・ブリテン
テンプレートを表示

クリスチャン7世Christian VII, 1749年1月29日 - 1808年3月13日)は、デンマーク=ノルウェーの王(在位:1766年 - 1808年)。

生涯[編集]

フレゼリク5世とその最初の妃でイギリス王ジョージ2世の娘であるルイーズとの間の息子として生まれ、1766年1月14日、父王の死により王位を継承した。幼いころの言動は全て、クリスチャンが愛嬌のある性格とただならぬ才能を有していたことを示していたが、粗暴な教育係デトレフ・レヴェントロー伯爵によるひどい教育と一貫した暴力的なしつけに晒され、悪い取り巻きによって救いようのないほどに堕落した。そして、彼は高い知性を持っているように見え、確かに明晰な時期もあったが、おそらく統合失調症のような深刻な精神病に悩まされていた。

1766年、イギリス王太子フレデリック・ルイスの娘で従妹のカロリーネ・マティルデとの結婚のあと、クリスチャン7世は最悪の不摂生に耽った。特に乱痴気騒ぎである。彼は公けに、カロリーネ・マティルデ王妃を愛せないことを宣言した。理由は「1人の妻を愛することは“時代遅れ”(unfashionable)だから」というのであった。彼はすでに狂気に陥っていた。このことはパラノイア統合失調症幻覚などの症状からわかる。クリスチャン7世は、ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセを起用するとその言いなりになった。ストルーエンセは1760年代の終わりから権力を増していった。王に無視された孤独な王妃カロリーネ・マティルデはストルーエンセと関係を持った。

この結婚で、2人の子供が生まれた。のちのフレゼリク6世ルイーセ・アウグスタ王女である。しかし、ルイーセ・アウグスタはストルーエンセの子であると信じられている。肖像がその説を強化している。

1772年クーデターが起き、王とカロリーネ・マティルデとの結婚は解消された。同じ年にストルーエンセは逮捕され、斬首ののちに遺体は車裂きにされた。中世のような残酷で私怨の入り乱れた処刑方法に、欧州各国は非難の声を上げた。しかし不義を犯した王妃に同情の声はなかった。クリスチャンはストルーエンセの逮捕状の署名に無関心であったが、父方の祖母ソフィー・マグダレーネ王太后が圧力をかけた。彼女は王の離婚を進めた。

クリスチャン7世は1772年以降は名目だけの王となった。1772年から1784年、クリスチャンの継母ユリアナ・マリーエ身体障害のある異母弟フレゼリク王子そして政治家オーヴェ・ヘー=グルベア英語版によって統治された。1773年には、同盟関係にあるロシアのエカチェリーナ2世より、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公の地位を返還されたが、これも名目上のものであった。

1784年以降は息子フレゼリク6世が摂政王太子として統治した。この摂政時代はナポレオン戦争の始まりまで続き、自由と農業改革とで特筆される。

クリスチャン7世は意外にも国民から好かれ、絶大な人気を誇っていた。ストルーエンセが逮捕され、クリスチャン7世が解放された時、彼は市民から歓喜の声によって迎えられている。

対外政策[編集]

対外政策においては、デンマーク海上帝国の保持が特徴として挙げられる。特に植民地帝国としてその覇権を築いたイギリス帝国との友好は、デンマークの海運帝国の黄金時代をもたらしている。また、アイスランドグリーンランドを支配し、1774年には、王立グリーンランド貿易会社が設立されるなどデンマーク経済の繁栄の時代であった。しかしこれらの繁栄の時代は、クリスチャンの晩年に暗転し、ナポレオン戦争によるイギリスとの対立で衰退への道を歩んでゆく。

また、スウェーデンとの宿命の対決をめぐっては、ロシア帝国と同盟を結ぶことでスウェーデン包囲網を形成した。しかし1769年にロシアと同盟を締結したことは、デンマークのロシア依存を深めることとなった。クリスチャンの治世は、デンマークの外交政策は反スウェーデンで一貫しており、彼に代わる摂政や政治家たちに継承された。このことは、スウェーデンがフランス王国への依存を深めさせることにもつながった。1780年アメリカ独立戦争においてイギリスに圧力をかける武装中立同盟にロシアの誘いを受けて参加する。この同盟にはスウェーデンも参加していたが、デンマークはスウェーデンを同盟から排除することに失敗した。この同盟は、長らく友好関係を築いて来たイギリスとの不信を招くことになった。1800年にも2度目の武装中立同盟に参加するが、これが結局、イギリスとの深刻な対立に至り、デンマークの衰退のきっかけとなる。

また、ロシアとの同盟は、デンマークにとって有益なものであったが、いずれもスウェーデンに対する敵意のために有効に活用することができなかった。デンマークは、大北方戦争では勝利者とは言えない立場になったので、つねにスウェーデンへの復讐を目論んでいた。しかし、すでにデンマーク一国でスウェーデンに対抗できる国力はなく、ロシアの軍事力に依存するしかなかった。1788年、スウェーデンのグスタフ3世がおこしたロシア・スウェーデン戦争においても、ロシアとの同盟上、宣戦布告するもグスタフ3世が反撃に出ると、イギリスプロイセンの外交的圧力を受けて撤退を余儀なくされている。しかしこのロシアとの同盟のおかげでデンマークは、グスタフ3世のノルウェーに対する野心を諦めさせることが出来ており、戦争の終結は、デンマークにとっては面目が立つものであったと言える。

デンマークの外交の指針は、大国イギリス・ロシアとの友好関係であり、のちにはフランス帝国へも接近し、これがデンマークの北欧における地位を支えていた。こうした列強への依存に終始する外交政策は、デンマークのヨーロッパにおける地位を低下させていった。

子女[編集]

王妃カロリーネ・マティルデとの間に一男一女をもうけた。ただしルイーセ・アウグスタの実父はヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセだと考えられている。

関連項目[編集]

先代:
フレゼリク5世
デンマーク王ノルウェー王
1766年 - 1808年
次代:
フレゼリク6世
先代:
フレゼリク5世
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン(=グリュックシュタット)公
1766年 - 1773年
次代:
オルデンブルクホルシュタイン=ゴットルプ公領の交換
先代:
シュレースヴィヒホルシュシュタインの統合
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公
1773年 - 1808年
次代:
フレゼリク6世
先代:
フレゼリク5世
オルデンブルク伯
1766年 - 1773年
次代:
パーヴェル・ペトロヴィチ