カール15世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール15世
Karl XV
スウェーデン王・ノルウェー王
CarlXVSweden-R.JPG
在位 1859年7月8日 - 1872年9月18日
戴冠 スウェーデン王:1860年5月3日
ノルウェー王:1860年8月5日
全名 カール・ルードヴィグ・エウシェン・ベルナドッテ
出生 1826年5月3日
Flag of Sweden (1818-1844).svg スウェーデン=ノルウェーストックホルムストックホルム宮殿
死去 1872年9月18日(満46歳没)
Swedish civil ensign (1844–1905).svg スウェーデン=ノルウェーマルメ
埋葬  
スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルムリッダルホルム教会
配偶者 ロヴィーサ・アヴ・ネーデレンデナ
子女 ロヴィーサ
カール・オスカル
王朝 ベルナドッテ王朝
父親 オスカル1世
母親 ユセフィナ・アヴ・レウクテンベリ
テンプレートを表示

カール15世Karl XV, Karl Ludvig Eugen Bernadotte, 1826年5月3日 - 1872年9月18日)は、ベルナドッテ王朝第3代のスウェーデン国王およびノルウェー国王(在位:1859年 - 1872年)。ノルウェー国王としての名はカール4世。父はオスカル1世、母はジョゼフィーヌナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌの孫)。

人物[編集]

カール15世の治世は、身分制代表議会廃止と地方自治制、民主主義がありとあらゆる面で進行した時代でもある。カール15世は父王よりも柔軟で協調的で民主的であった。そのため、スウェーデン国民の高い人気を得ている。内政面では国王の手を離れ、議会が国家を主導した。内閣制度も発展し、この内閣により身分制代表制度は廃止され、二院制が導入された。まだ不完全なものであったとはいえ、この改革的なカール15世の下で政治上の重要な改革と社会の発展が見られた。

国王としてのカール15世の主な活動は外交であった。しかしこれらの外交はいずれも失敗に終わったと言える。カール15世はポーランド人ロシア帝国に対する反乱(1863年一月蜂起)に心を痛め、フランスと共に新十字軍の派遣を考えたが、これは余りにも時代遅れであった。

カール15世は汎スカンディナヴィア主義を支持していたものの、父王よりも消極的であった。1863年デンマークで嗣子のなかった国王フレデリク7世が没した。フレデリク7世とカール15世は、デンマークとスウェーデンを連合国家とする構想を立てていたが、スウェーデン政府は関心を持たなかった。汎スカンディナヴィア主義の政治局面は、スウェーデンを盟主とするカルマル同盟の再現にあった。しかし列強の圧力でこの構想は消滅し、デンマーク国王にはオルデンブルク家の支流グリュックスブルク家からクリスチャン9世が即位した。直後に起こった第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争において、カール15世はデンマークを全面的に支持し、スウェーデン軍の出兵を決意したが、政府の反対により義勇軍の参加のみにとどまった。デンマークは敗れ、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国プロイセン王国の手に落ちた。

この時代は民主主義の基礎が出来つつあり、もはや王室政治や王室外交の時代ではなかった。そして汎スカンディナヴィア主義の理想も色あせていった。

ノルウェーでは議会制度が発展し、スウェーデンからの離脱の一歩が刻まれた。国王はもはや名目的な王権しか行使できず、民主主義国家へとゆっくりと進んで行くことになる。

カール15世の王妃ロヴィーサカトリック教徒であったこともあり、1860年信仰の自由が保障された。国民の人気の絶えなかったカール15世は、1872年に世を去った。

関連項目[編集]

先代:
オスカル1世
スウェーデン王
1859年 - 1872年
次代:
オスカル2世
先代:
オスカル1世
ノルウェー王
1859年 - 1872年
次代:
オスカル2世