ウィレム2世 (オランダ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィレム2世
Willem II
オランダ国王/ルクセンブルク大公
King Willem II.jpg
ウィレム2世
在位 1840年10月7日 - 1849年3月17日
全名 Willem Frederik George Lodewijk
ウィレム・フレデリック・ヘオルヘ・ローデウェイク
出生 1792年12月6日
Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国デン・ハーグ
死去 1849年3月17日(満56歳没)
オランダの旗 オランダティルブルフ
埋葬 オランダの旗 オランダデルフト新教会
配偶者 アナ・パウローナ・ファン・ルスラント
子女 ウィレム3世
アレクサンダー
ヘンドリック
エルンスト・カシミール
ソフィー
王家 オラニエ=ナッサウ家
父親 ウィレム1世
母親 ウィルヘルミナ・ファン・プロイセン
宗教 キリスト教改革派教会
テンプレートを表示

ウィレム2世オランダ語: Willem II、ウィレム・フレデリック・ヘオルヘ・ローデウェイク・ファン・オラニエ=ナッサウ、オランダ語: Willem Frederik George Lodewijk van Oranje-Nassau1792年12月6日 - 1849年3月17日)は、第2代オランダ国王(在位:1840年10月7日 - 1849年3月17日)、ルクセンブルク大公(フランス語名ギヨーム2世Guillaume II)。初代オランダ国王ウィレム1世の息子。妃はロシア皇帝パーヴェル1世の娘アンナ・パヴロヴナ

生涯[編集]

1792年ハーグでオランダ(ネーデルラント連邦共和国総督ウィレム5世の孫として生を受ける。その後フランスの侵攻で一家揃ってイギリス亡命した。その後、イギリス軍に加わり初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーと共に半島戦争を戦った。1813年に父のウィレム1世が即位すると故国に戻った。ナポレオンエルバ島を脱出するとイギリス軍に加わり第1軍団を指揮しカトル・ブラの戦いワーテルローの戦いに参戦し、負傷している[1]。オランダが新たに王国となり、父ウィレム1世が国王に即位すると、オラニエ公(以降は王太子の称号)となった。1840年、父の譲位により即位した。1848年には自由主義派の要求する、王権を制限する憲法改正を認め、翌1849年にティルブルフにて逝去した。

なお、日本に対しては、アヘン戦争後の1844年、開国を勧告する内容の国書を将軍徳川家慶に送るが翌年に江戸幕府から拒否された。

家族[編集]

1814年にイギリス王太子ジョージキャロライン・オブ・ブランズウィックの間の一人娘であるシャーロット・オーガスタと婚約したが、キャロラインの反対により結婚にいたらず、婚約は解消された。

1816年2月21日、サンクトペテルブルク冬宮殿の教会でアレクサンドル1世の妹アンナ・パヴロヴナと結婚した。2人の結婚により、オランダとロシア帝国の関係は良好なものとなった。2人の間には4男1女が生まれた。

脚注[編集]

  1. ^ Hofschröer, Peter, 1815, The Waterloo Campaign, The German Victory p137, p200.

関連項目[編集]