ホーコン5世 (ノルウェー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Haakon Magnussens segl-013.jpg

ホーコン5世マグヌソンHåkon V Magnusson, 1270年1319年)は、ノルウェー国王(在位:1299年 - 1319年)。マグヌス6世(改法王)の子で、エイリーク2世の弟。

1299年、兄のエイリーク2世が男児無くして死去したため、ノルウェーの相続法に基づいて王位を継承することとなった。しかし兄と較べて強権的で、兄が関係改善を尽力していたハンザ同盟と通商・利益などの権利をめぐって争い、逆に反撃を受けて劣勢に立たされ、王権を弱体化させた。しかもこれを一因としてスウェーデンデンマークから内政干渉を受けるようになったため、首都をベルゲンからオスロに遷さざるを得なくなった。その後は地方統制に尽力している。

兄同様、男児に恵まれずして1319年に49歳で死去。死後、王位は外孫で娘インゲボルクの子マグヌス・エイリークソンが継いだ。

先代:
エイリーク2世
ノルウェー王
1299 - 1319
次代:
マグヌス7世