エリク14世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリク14世

エリク14世Erik XIV, 1533年12月13日 - 1577年2月26日)はスウェーデンヴァーサ王朝の第2代国王(在位:1560年 - 1568年)。グスタフ1世と王妃カタリーナの子。スウェーデン=フィンランドの君主であるが、フィンランドの統治者は弟のフィンランド公ヨハン(後のヨハン3世)であった。

1558年に始まったリヴォニア戦争に参戦し、1561年エストニアを解放する。彼は政治的野心と同様に、知性と芸術性を有していた。しかし、彼の治世、精神的不安定の兆しと狂気に導かれた状況となった。

エリクの外交政策のほとんどは、スウェーデンを大国にするための尽力が基本であった。独立国家を統治したことで満足した、父王と違い、エリクはバルト海地域とエストニアでの影響力の拡大に挑戦しようとした。この拡大によって、従弟でデンマーク王のフレデリク2世と衝突することになった。有効な政治同盟を求めてエリザベス1世メアリー・ステュアートなどに求婚したが、結婚は実現しなかった。

内政においては、エリクの野心は、弟たち(後のヨハン3世カール9世)を含むスウェーデン貴族に猛烈に反対された。ヨハンは謀反を起こしたが、1563年に捕らえられ大逆罪に問われた。エリク14世の治世のほとんどが、デンマークとの北方七年戦争で占められ、その間彼はデンマークからの征服の試みを阻んだが、自らの征服事業も維持できなかった。

この年代のあいだ、彼の狂気は悪化した。すなわち、彼の治世はいっそう暴力による支配が特徴となり、それらの中には1566年のストゥーレ家の一族の殺害も含まれていた。1568年、彼は権力を掌握したヨハンによって廃され、幽閉された。エリクのもっとも信頼のおけるカウンセラー、ヨラン・ペッション(Jöran Persson)は、エリク14世の治世に彼が貴族に対してとった行動の責任をとり、ヨハン3世即位後、まもなく処刑された。

エリク14世は獄死した。言い伝えによれば、彼の最後の食事は毒の入った豆のスープであったという。彼の兄弟ヨハン3世とスウェーデン貴族ベングト・ベングトソン・ギュルタによって記された文書には、誰かがエリクを逃がせば、毒殺の許可を受けた獄吏が殺すことになっていたという。彼の遺体は後に発掘され、法医学的分析でヒ素による毒殺の証拠が明らかになった。

子女[編集]

カリン・モンスドッテル、エリク14世とヨラン・ペッション(ゲオルク・フォン・ローゼン作、1871年)

エリク14世は結婚前に関係のある女性があり、アグダ・ペルスドッテルとの間に3人の娘があった。

  1. ヴィルギニア(Virginia, 1559年 - 1633年
  2. コンスタンティア(Constantia, 1560年 - 1649年
  3. ルクレティア(Lucretia, 1564年 - 1574年) 早世

カリン・ヤコプスドッテルとの間には1人(未婚、1565年生まれ)の子供があった。

最終的にエリク14世は、カリン・モンスドッテル1568年7月4日に結婚し、4人の子供をもうけた。

  1. シグリッド(Sigrid, 1566年 - 1633年
  2. グスタフ(Gustaf, 1568年 - 1607年
  3. ヘンリク(Henrik, 1570年 - 1574年
  4. アーノルド(Arnold, 1572年 - 1573年
先代:
グスタフ1世
スウェーデン国王
1560 - 1568
次代:
ヨハン3世