エイリーク2世 (ノルウェー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタヴァンゲル教会にあるエイリーク2世の頭像

エイリーク2世マグヌソンEirik II Magnusson, 1268年 - 1299年)は、ノルウェー国王(在位:1280年 - 1299年)。改法王マグヌス6世とデンマーク王エーリク4世の娘インゲボーの間の子。

1280年、父の死により後を継いで即位する。翌1281年、敵対関係にあったスコットランドとの関係改善のため、スコットランド王アレグザンダー3世の王女マーガレットを妃として迎えた。マーガレットは2年後、娘の出産の際に死去した。その後、1293年に後のスコットランド王ロバート1世の妹イザベル(Isabel)と再婚した。ハンザ同盟との講和にも尽力している。

1299年、32歳で死去した。この時、後妻イザベルとの間の娘しか残っていなかったが、ノルウェーの相続法では女子の王位継承は認められなかったため、王位は弟ホーコン5世が継ぐこととなった。

先妻との間の唯一の子供であるマルグレーテは、母方の祖父アレグザンダー3世の死後、スコットランド女王マーガレットとして王位を継承したが、引き続きノルウェーで養育された。後にイングランド王太子エドワード(後のエドワード2世)との結婚が決められたが、父の許を離れてスコットランドへ渡海中に死去した。

先代:
マグヌス6世
ノルウェー王
1280年 - 1299年
次代:
ホーコン5世