エーリク7世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーリク・ア・ポンメルン

エーリク・ア・ポンメルンデンマーク語: Erik af Pommernノルウェー語Erik av Pommernスウェーデン語: Erik av Pommern1382年 - 1459年)は、ノルウェー国王エイリーク3世Eirik III)、在位1389年 - 1442年)、デンマーク国王エーリク7世Erik VII)、在位1396年 - 1439年)、およびスウェーデン国王エリク13世Eric XIII)、在位1396年 - 1439年)。1397年マルグレーテ1世によるカルマル同盟の成立により、その初代君主となった。

エーリクはポメラニア公ヴラティスラフ7世とマリアの息子ボギスラフ(Bogislav)として生まれた。母マリアは、デンマーク国王ヴァルデマー4世の娘でマルグレーテの姉インゲボーと、スウェーデン国王マグヌス3世(または1世)の曾孫メクレンブルク=シュヴェリーンハインリヒ3世の娘であった。

エーリクは大叔母マルグレーテ1世によって、まず1389年にノルウェー王に即けられた。1395年には父の死によって、エーリヒ1世(Erich I)としてポメラニア公位も継承している。翌1396年、大叔父(ハインリヒ3世の弟)アルブレクトをマルグレーテが廃位させ、代わってエーリクをスウェーデン王位に即けるとともに、デンマーク王位にも即けた。

エーリクはマルグレーテの摂政を受け、成人後も1412年にマルグレーテが亡くなるまで実質的に共同統治者であった。1406年イングランドヘンリー4世の王女フィリッパと結婚した。

デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3国は、名目上は対等の同盟であったが、実態はデンマークを盟主にした同君連合でもあった。エーリクはシュレースヴィヒおよびホルシュタインの併合を目指したが、結局失敗に終わった。このため財政難を引き起こし、エーリクはこの穴埋めにノルウェー・スウェーデンに重税を課して立て直しを図ったが、両国は反発し、不満がくすぶり始める。

しかしエーリクは、デンマーク・スウェーデン間のエーレスンド海峡に通航する船舶から海峡税を課すことを決め、これには成功した。この海峡税は、デンマークに莫大な財政収入をもたらすことになった。また海峡の両岸に城を築き、通過する船舶を監視して威圧をかけた。

後年、エーリクは貴族の台頭と専横に悩まされることになる。1435年には、スウェーデンで最初の独立反乱の種がまかれた。結局エーリクは、王権を強化することなく退位を余儀なくされた。貴族の勢力が強大化し、これを押し止めることが出来なくなっていったのである。エーリクには子供がなく、ポメラニアの従弟ボギスラフ9世 (enを後継者に推したが、貴族たちは反対し、彼らはエーリクの甥であるプファルツ=ノイマルクト家クリストファ・ア・バイエルンを後継者に選出した。

関連項目[編集]

先代:
オーラヴ4世/オーロフ3世
マルグレーテ1世が摂政
ノルウェー国王
1389年 - 1442年
1412年までマルグレーテ1世が摂政
次代:
クリストファ3世
(クリストファ・ア・バイエルン)
デンマーク国王
1396年 - 1439年
1412年までマルグレーテ1世が摂政
先代:
アルブレクト
スウェーデン国王
1396年 - 1439年
1412年までマルグレーテ1世が摂政
次代:
カール8世(摂政)