メクレンブルクの統治者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
7種類の地によって構成されるメクレンブルクの紋章。いずれの地もメクレンブルク家が領主として治める7つの領国を象徴している。それぞれメクレンブルク公国、 シュヴェリーンおよびラッツェブルク侯領(以前のカトリック司教領)、シュヴェリーン伯領、ロストック、ヴェルレそしてシュタルガルトである。

メクレンブルクの統治者家門はスラヴ人の部族国家オボドリト族(Abodriten)の族長の血を引いており、厳密にはヴィスマール郊外にあるメクレンブルク村(Dorf Mecklenburg)に建っていたメクレンブルク城(Mecklenburg (Burg))をその揺籃の地としている。メクレンブルクは1167年よりドイツ国家の封土となり、最初はザクセンの宗主権下にあったが、1348年には帝国直属身分を認められて、支配者の一族は「メクレンブルク公Herzog zu Mecklenburg)」の称号を許された。メクレンブルクは支配者が近隣の諸邦と比較してもかなり頻繁に領土の分割相続を行ったにもかかわらず、君主制の終焉まで古くからの領国を保持し続けた。分邦としては、メクレンブルクの他にヴェルレ(Herrschaft Werle)、パルヒム=リヒェンベルク(Herrschaft Parchim-Richenberg)、ロストック(Herrschaft Rostock)が存在していた。比較的新しい時代には、1378年から1471年まではメクレンブルク=シュヴェリーン(第1次)とメクレンブルク=シュタルガルト(Mecklenburg-Stargard)、1555年から1695年まではメクレンブルク=シュヴェリーン(第2次)とメクレンブルク=ギュストロー(Mecklenburg-Güstrow)、1701年のハンブルクの和議(Hamburger Vergleich)の締結以後はメクレンブルク=シュヴェリーン(第3次)とメクレンブルク=シュトレーリッツにそれぞれ分裂していた。しかしメクレンブルクの支配者家門は、封建上の制約からあくまでその支配領域は単一不可分なものと見なされており、同一の称号を持つメクレンブルクの為政者が常に2人存在したため、外交上の混乱を招くこともしばしばだった。

1815年のウィーン会議の決定により、メクレンブルクに2人存在していた統治者たる公爵は、どちらも「メクレンブルク大公Großherzog von Mecklenburg)」の称号を授けられ、また敬称も2人の大公たちのみは王家の殿下(Königliche Hoheit)となった。2つの分邦は、これ以後大公国と呼ばれることになった。メクレンブルクでは2人の君主、2人の世嗣、そしてそれぞれの配偶者、さらに別々に存在する2つの支配者家門の全ての成員がメクレンブルク公(または女公)の称号を有したが、これはドイツの諸侯家の子女が一般的に使用するプリンツ(Prinz)の称号を使わない点で特異であった。メクレンブルクの支配者の称号は、メクレンブルク公(1815年より大公)、ヴェンデンシュヴェリーンおよびラッツェブルク侯シュヴェリーン伯ロストックおよびシュタルガルトの領主Herzog zu (Großherzog von) Mecklenburg, Fürst zu Wenden, Schwerin und Ratzeburg, auch Graf zu Schwerin, der Lande Rostock und Stargard Herr)であった。

君主制が崩壊するまで、メクレンブルク家はドイツ最古の諸侯の家系であった。ヴァイマル共和国の成立後、一般人となったメクレンブルク家の人々は姓として「ヘルツォーク・ツー・メクレンブルク(Herzog zu Mecklenburg)」を使用した。

オボドリト族の族長[編集]

名前 治世 付記
ニクロト
(Niklot)
1131年 - 1160年 オボドリト族長
プリビスラフ
(Pribislaw)
1167年 - 1178年 ニクロトの息子、オボドリト族長、メクレンブルク領主
ヴェルティスラフ
(Wertislaw)
1164年まで ニクロトの息子、オボドリト族長

オボドリト地方の領主[編集]

名前 治世 付記
ハインリヒ・ボルヴィン1世
(Heinrich Borwin I.)
1178年 - 1227年 プリビスラフの息子
ニコラウス1世
(Nikolaus I.)
1183年 - 1200年 ヴェルティスラフの息子、ロストックの領主
ハインリヒ・ボルヴィン2世
(Heinrich Borwin II.)
1219年 - 1226年 ハインリヒ・ボルヴィン1世の息子、ロストックの領主
ニコラウス2世
(Nikolaus II.)
ハインリヒ・ボルヴィン1世の息子、メクレンブルクの領主

ヨハン1世の直系(メクレンブルク)[編集]

名前 治世 付記
ヨハン1世
(Johann I.)
1227年 - 1264年 ハインリヒ・ボルヴィン2世の息子、メクレンブルクの領主、異称は「神学者(der Theologe)」
ハインリヒ1世
(Heinrich I.)
1264年 - 1271年
1298年 - 1302年
ヨハン1世の息子、メクレンブルクの領主、異称は「巡礼者(der Pilger)」
アルブレヒト1世
(Albrecht I.)
1264年 - 1265年 ハインリヒ1世の弟、メクレンブルクの領主
ニコラウス3世
(Nikolaus III.)
1264年 - 1289年 ハインリヒ1世の弟、メクレンブルクの領主、摂政
ヨハン2世
(Johann II.)
1264年 - 1299年 ハインリヒ1世の弟、メクレンブルクの一部ガーデブッシュの領主、摂政
ヨハン3世
(Johann III.)
1287年 - 1289年 ハインリヒ1世の息子、メクレンブルクの領主
ハインリヒ2世
(Heinrich II.)
1287年 - 1329年 ハインリヒ1世の息子、メクレンブルク、シュタルガルトおよびロストックの領主、異称は「獅子(der Löwe)」
アルブレヒト2世 1329年 - 1379年 ハインリヒ2世の息子、メクレンブルクの領主、1348年よりメクレンブルク公に陞爵

ニコラウス1世の直系(ヴェルレ)[編集]

名前 治世 付記
ニコラウス1世
(Nikolaus I.)
1227年 - 1277年 ハインリヒ・ボルヴィン2世の息子、ヴェルレの領主
ハインリヒ1世
(Heinrich I.)
1277年 - 1291年 ニコラウス1世の息子、ヴェルレ=ギュストローの領主
ヨハン1世
(Johann I.)
1277年 - 1283年 ニコラウス1世の息子、ヴェルレ=パルヒムの領主
ベルンハルト1世
(Bernhard I.)
1277年 - 1281年 ニコラウス1世の息子、ヴェルレの領主
ニコラウス2世
(Nikolaus II.)
1283年 - 1316年 ヨハン1世の息子、ヴェルレの領主
ヨハン2世,
(Johann II.)
1316年 - 1337年 ヨハン1世の息子、ヴェルレ=パルヒムの領主、異称は「禿頭(der Kahle)」
ヨハン3世
(Johann III.)
1316年 - 1350年 ニコラウス2世の息子、ヴェルレ=ゴルトベルクの領主、異称は「van Ruoden
ニコラウス3世
(Nikolaus III.)
1337年 - 1360年 ヨハン2世の息子、ギュストローの領主、異称は「Staveleke
ベルンハルト2世
(Bernhard II.)
1337年 - 1382年 ヨハン2世の息子、ヴェルレ=ヴァーレン(=ギュストロー)の領主
ニコラウス4世
(Nikolaus IV.)
1350年 - 1354年 ヨハン3世の息子、ヴェルレ=ゴルトベルクの領主、異称は「Poogenoge
ローレンツ
(Lorenz)
1360年 - 1393年 ニコラウス3世の息子、ヴェルレ=ギュストローの領主
ヨハン5世
(Johann V.)
1365–1378 ニコラウス3世の息子、ヴェルレ=ギュストローの領主、共同統治者
ヨハン6世
(Johann VI.)
1382年 - 1385年
1395年
ベルンハルト2世の息子、ヴェルレ=ヴァーレンの領主
ヨハン4世
(Johann IV.)
1354年 - 1374年 ニコラウス4世の息子、ヴェルレ=ゴルトベルクの領主
バルタザール
(Balthasar)
1393年 - 1421年 ローレンツの息子、ヴェルレ=ギュストローの領主、ヴェンデン侯
ヨハン7世
(Johann VII.)
1395年 - 1414年 ローレンツの息子、ヴェルレ=ギュストローの領主、共同統治者
ヴィルヘルム
(Wilhelm)
1393年 - 1436年 ローレンツの息子、ヴェルレ=ギュストローの領主、ヴェンデン侯
ニコラウス5世
(Nikolaus V.)
1385年
1395年 - 1408年
ヨハン6世の息子、ヴェルレ=ヴァーレンの領主
クリストフ
(Christoph)
1385年
1395年 - 1425年
ヨハン6世、ヴェルレ=ヴァーレンの領主、ヴェンデン侯
1436年、ヴェルレはメクレンブルク公領に回収される。

ハインリヒ・ボルヴィン3世の直系(ロストック)[編集]

名前 治世 付記
ハインリヒ・ボルヴィン3世
(Heinrich Borwin III.)
1227年 - 1277年 ハインリヒ・ボルヴィン2世の息子、ロストックの領主
ヴァルデマール
(Waldemar)
1277年 - 1282年 ハインリヒ・ボルヴィン3世、ロストックの領主
ニコラウス
(Nikolaus)
1282年 - 1314年 ヴァルデマールの息子、ロストックの領主
1323年、ロストックはメクレンブルク侯領に回収される。

プリビスラフ1世の直系(パルヒム=リヒェンベルク)[編集]

名前 治世 付記
プリビスラフ1世
(Pribislaw I.)
1227年 - 1256年 ハインリヒ・ボルヴィン2世の息子、パルヒムの領主
1256年、プリビスラフ1世は領主の座を追われ、その所領は兄弟によって分割される。

メクレンブルク公[編集]

メクレンブルク=シュヴェリーン系(第1次および第2次)[編集]

名前 治世 付記
Albert II of Mecklenburg.jpg アルブレヒト2世 1329年 - 1379年 ハインリヒ2世の息子、メクレンブルクの領主、1348年より公爵に陞爵、異称は「偉大(der Große)」
ハインリヒ3世
(Heinrich III.)
1379年 - 1383年 アルブレヒト2世の息子
Magnus 1 mecklenburg.jpg マグヌス1世
(Magnus I.)
1379年 - 1384年 アルブレヒト2世の息子
ヨハン4世
(Johann IV.)
1384年 - 1395年 マグヌス1世の息子
Albert of Mecklenburg.jpg アルブレヒト3世 1395年 - 1412年 アルブレヒト2世の息子、スウェーデン王(在位1364年 - 1389年)
Albrecht 4 mecklenburg.jpg アルブレヒト4世
(Albrecht IV.)
1383年 - 1388年 ハインリヒ3世の息子、共同統治者
エーリヒ1世
(Erich I.)
1397年まで アルブレヒト3世の息子、共同統治者
アルブレヒト5世
(Albrecht V.)
1412年 - 1423年 アルブレヒト3世の息子
Heinrich der dicke.jpg ハインリヒ4世
(Heinrich IV.)
1422年 - 1477年 ヨハン4世の息子、異称は「肥満(der Dicke)」、統治者家系の絶えたヴェルレ(Herrschaft Werle)とシュタルガルト(Mecklenburg-Stargard)を回収し、メクレンブルクを統合
ヨハン5世
(Johann V.)
1418年 - 1442年 ヨハン4世の息子、共同統治者
ヨハン6世
(Johann VI.)
1439年 - 1472年 ハインリヒ4世の息子、共同統治者
アルブレヒト6世
(Albrecht VI.)
1477年 - 1483年 ハインリヒ4世の息子
Magnus 2 mecklenburg.jpg マグヌス2世
(Magnus II.)
1477年 - 1503年 ハインリヒ4世の息子
バルタザール
(Balthasar)
1477年 - 1507年 ハインリヒ4世の息子、共同統治者、シュヴェリーン司教(在任1479年 - 1482年)
Heinrich V. (Mecklenburg-Schwerin).jpg ハインリヒ5世
(Heinrich V.)
1503年 - 1552年 マグヌス2世の息子、異称は「平和(der Friedfertige)」
エーリヒ2世
(Erich II.)
1503年 - 1508年 マグヌス2世、共同統治者
フィリップ1世
(Philipp)
1552年 - 1557年 ハインリヒ5世、共同統治者
Johannalbrechtmecklenburg.jpg ヨハン・アルブレヒト1世
(Johann Albrecht I.)
1547年 - 1576年 アルブレヒト7世の息子
ヨハン7世
(Johann VII.)
1576年 - 1592年 ヨハン・アルブレヒト1世の息子
Adolf Friedrich I. (Mecklenburg-Schwerin)-Statue.jpg アドルフ・フリードリヒ1世
(Adolf Friedrich I.)
1592年 - 1628年
1631年 - 1658年
ヨハン7世の息子
Albrecht Wallenstein.jpeg アルブレヒト(8世)・フォン・ヴァレンシュタイン 1628年 - 1631年 アドルフ・フリードリヒ1世が神聖ローマ皇帝フェルディナント2世によって廃位された後に統治
クリスティアン・ルートヴィヒ1世
(Christian Ludwig I.)
1658年 - 1692年 アドルフ・フリードリヒ1世の息子

メクレンブルク=シュタルガルト系[編集]

名前 治世 付記
ヨハン1世
(Johann I.)
1329年 - 1392年 ハインリヒ2世の息子、メクレンブルクの領主、1348年より公爵に陞爵
ヨハン2世
(Johann II.)
1392年 - 1416年 ヨハン1世の息子、メクレンブルク(=シュタルガルト=シュテルンベルク)公
ウルリヒ1世
(Ulrich I.)
1392年 - 1417年 ヨハン1世の息子、メクレンブルク(=シュタルガルト=ノイブランデンブルク)公
アルブレヒト1世
(Albrecht I.)
1392年 - 1397年 ヨハン1世の息子、共同統治者
ヨハン3世
(Johann III.)
1416年 - 1438年 ヨハン2世の息子、メクレンブルク(=シュタルガルト=シュテルンベルク)公
アルブレヒト2世
(Albrecht II.)
1417年 - 1423年 ウルリヒ1世の息子、共同統治者、メクレンブルク(=シュタルガルト=ノイブランデンブルク)公
ハインリヒ
(Heinrich)
1417年 - 1466年 ウルリヒ1世の息子、異称は「痩身(der Hagere)」
ウルリヒ2世
(Ulrich II.)
1466年 - 1471年 ハインリヒの息子

メクレンブルク=ギュストロー系[編集]

名前 治世 付記
Albrecht VII mecklenburg.jpg アルブレヒト7世
(Albrecht VII.)
1503年 - 1547年 マグヌス2世の息子、異称は「美男(der Schöne)」
Ulrich3mecklenburg.jpg ウルリヒ
(Ulrich)
1555年 - 1603年 アルブレヒト7世の息子、帝国議会で大きな発言力を持った
カール1世
(Karl I.)
1603年 - 1610年 アルブレヒト7世の息子、ヨハン・アルブレヒト1世およびアドルフ・フリードリヒ1世の後見人
ヨハン・アルブレヒト2世
(Johann Albrecht II.)
1611年 - 1628年
1631年 - 1636年
ヨハン7世の息子
Albrecht Wallenstein.jpeg アルブレヒト(8世)・フォン・ヴァレンシュタイン 1628年 - 1631年 ヨハン・アルブレヒト2世が神聖ローマ皇帝フェルディナント2世によって廃位された後に統治
グスタフ・アドルフ
(Gustav Adolf)
1636年 - 1695年 ヨハン・アルブレヒト2世の息子

メクレンブルク公(大公)[編集]

メクレンブルク=シュヴェリーン系(第3次)[編集]

名前 治世 付記
Friedrich Wilhelm I. von Mecklenburg-Schwerin.jpg フリードリヒ・ヴィルヘルム1世
(Friedrich Wilhelm I.)
1692年 - 1713年 クリスティアン・ルートヴィヒ1世の甥
Karol Leopold Meklemburski.jpg カール・レオポルト 1713年 - 1728年 フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の弟、1717年に国家執行法(Reichsexekution)の適用を受け、1728年に帝国顧問官会議(de:Reichshofrat)の決定によって弟のクリスティアン・ルートヴィヒ2世に譲位させられる
1683 Christian Ludwig.jpg クリスティアン・ルートヴィヒ2世
(Christian Ludwig II.)
1728年 - 1756年 カール・レオポルトの弟
Georg David Matthieu 002.jpg フリードリヒ
(Friedrich)
1756年 - 1785年 クリスティアン・ルートヴィヒ2世の息子、異称は「敬虔(der Fromme)」
Friedrich franz 1.jpg フリードリヒ・フランツ1世
(Friedrich Franz I.)
1785年 - 1837年 フリードリヒの甥、1815年より大公に陞爵
1800 Paul Friedrich.jpg パウル・フリードリヒ 1837年 - 1842年 フリードリヒ・フランツ1世の孫息子
1823 Friedrich Franz-04.JPG フリードリヒ・フランツ2世 1842年 - 1883年 パウル・フリードリヒの息子
1851 Friedrich Franz.JPG フリードリヒ・フランツ3世 1883年 - 1897年 フリードリヒ・フランツ2世の息子
Johann-Albrecht-zu-Mecklenburg.jpg ヨハン・アルブレヒト (1897年 - 1901年) フリードリヒ・フランツ3世の弟、摂政
Friedrich Franz IV.jpg フリードリヒ・フランツ4世 1897年 - 1918年 フリードリヒ・フランツ3世の息子、1918年にメクレンブルク=シュトレーリッツを管理

メクレンブルク=シュトレーリッツ系[編集]

名前 治世 付記
Adolf Frederick II, Duke of Mecklenburg-Strelitz.jpg アドルフ・フリードリヒ2世
(Adolf Friedrich II.)
1701年 - 1708年 アドルフ・フリードリヒ1世の息子
Adolf Friedrich III, Duke of Mecklenburg-Strelitz.jpg アドルフ・フリードリヒ3世
(Adolf Friedrich III.)
1708年 - 1752年 アドルフ・フリードリヒ2世の息子
Adolf Friedrich IV, Duke of Mecklenburg-Strelitz.jpg アドルフ・フリードリヒ4世
(Adolf Friedrich IV.)
1752年 - 1794年 アドルフ・フリードリヒ3世の甥
Charles Louis Frederick zu Mecklenburg-Mirow.jpg カール2世 1794年 - 1816年 アドルフ・フリードリヒ4世の弟、1815年に大公に陞爵
Georg (Mecklenburg-Strelitz).jpg ゲオルク 1816年 - 1860年 カール2世の息子
1819 Friedrich Wilhelm.JPG フリードリヒ・ヴィルヘルム(2世) 1860年 - 1904年 ゲオルクの息子
Adolf Friedrich V (Mecklenburg-Strelitz).jpg アドルフ・フリードリヒ5世 1904年 - 1914年 フリードリヒ・ヴィルヘルムの息子
Adolf Friedrich VI (Mecklenburg-Strelitz).jpg アドルフ・フリードリヒ6世 1914年 - 1918年 アドルフ・フリードリヒ5世の息子
Friedrich Franz IV.jpg フリードリヒ・フランツ4世 (1918年) 領国の管理者

参考文献[編集]

  • Friedrich Wigger: Stammtafeln des Großherzoglichen Hauses von Meklenburg. In: Jahrbücher des Vereins für Mecklenburgische Geschichte und Altertumskunde 50 (1885), S. 111ff (Digitalisat)

関連項目[編集]