ウルリカ・エレオノーラ (スウェーデン女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルリカ・エレオノーラ
Ulrika Eleonora
スウェーデン女王
Ulrika Eleonora.jpg
在位 1718年12月5日 - 1720年2月29日
戴冠 1719年3月17日
出生 1688年2月23日
スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム ストックホルム宮殿
死去 1741年11月24日(満53歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
配偶者 フレドリク1世
王朝 プファルツ朝
父親 カール11世
母親 ウルリカ・エレオノーラ
宗教 ルター派
テンプレートを表示

ウルリカ・エレオノーラUlrika Eleonora, 1688年2月23日 - 1741年11月24日)は、プファルツ王朝最後(第4代)の君主であるスウェーデン女王(在位:1718年 - 1720年)。カール11世デンマーク王女ウルリカ・エレオノーラの娘。ホルシュタイン=ゴットルプフレデリク4世の妃ヘドヴィグ・ソフィアカール12世の妹。

生涯[編集]

1715年ヘッセン=カッセル方伯世子フリードリヒ(後のフレドリク1世)と結婚、1718年に大北方戦争の最中に戦死した兄カール12世の後を受けて、空位を防ぐために王位に就いた。しかし大北方戦争はまだ続いていたものの、ロシア帝国との勝敗は既に決まっていて、スウェーデンの絶対王政も崩壊した。

ロシアとの終戦締結の講和交渉は既に1718年、カール12世の存命中から行なわれていた。当時、講和交渉の中心を担ったのは、カール12世とウルリカ・エレオノーラの甥のホルシュタイン=ゴットルプ公カール・フリードリヒの一派、通称ホルシュタイン派である。しかしカール12世の死により、夫フリードリヒの一派であるヘッセン派が実権を握った。ヘッセン派はロシアとの講和を拒否し戦闘を継続したが、ハノーファーイギリスおよびブランデンブルク=プロイセンとの講和交渉を1719年から1720年にかけて行い、女王の退位後にストックホルム条約として正式に講和条約が締結された。

この結果、スウェーデンはホルシュタイン=ゴットルプ家への支援を打ち切り、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン問題からも手を引く事となった。これを受けてウルリカ・エレオノーラが女王となったのである。しかし元老院は絶対王政を否定、1719年から1720年に議会は王権を著しく制限し、議会に権力を集中させる新憲法を制定した。ウルリカ・エレオノーラはこの決定に不満を抱き僅か2年で自ら退位するが、王位継承者は既に議会との取り決めで夫フレドリクに決定していた。すなわち絶対王政の否定と新憲法の制定を条件にフレドリク1世が王位に就任(ヘッセン王朝)、王権の弱体化は決定的になった。

退位から21年後、ウルリカ・エレオノーラはフレドリク1世に先立って死去した。2人の間に子はなかった。

ホルシュタイン派は親ロシア派で、ヘッセン派は親西欧派、事実上親プロイセン派だった。ホルシュタイン派が王位に就けばロシアの属国化は免れ得なかったが、ヘッセン派が王位に就いた結果はプロイセンの属国化であった。それから半世紀にわたり、議会では親ロシア派と親西欧派が抗争を続けてスウェーデンは弱体化し、その没落は明らかなものとなった。ウルリカ・エレオノーラは顔立ちが兄によく似ていたため、カール12世を知る人々はウルリカ・エレオノーラにカール12世の面影を見る思いだったと言われている。

関連項目[編集]

先代:
カール12世
スウェーデン女王
1718年 - 1720年
次代:
フレドリク1世
先代:
カール12世
ブレーメン=フェルデン女公
1718年 - 1720年
次代:
ジョージ1世