ホーコン6世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホーコン6世

ホーコン6世マグヌソン(Håkon VI Magnusson, 1340年 - 1380年)は、ノルウェー王(在位:1343年 - 1380年)。一時スウェーデン王も兼ねた(在位:1362年 - 1364年)。マグヌス・エーリクソンと王妃ブランカの次男。エリク12世の弟。妻はマルグレーテ1世オーロフ2世の父。

1375年、舅のデンマークヴァルデマー4世が嗣子無くして死去したため、マルグレーテとの間に生まれていた息子オーロフ2世をデンマーク王位に即けた。オーロフ2世は父ホーコン6世の死後、オーラヴ4世としてノルウェー王位も継承した。

先代:
マグヌス7世
ノルウェー王
1343年 - 1380年
次代:
オーラヴ4世
摂政:マルグレーテ1世
先代:
マグヌス4世
スウェーデン王
1362年 - 1364年
共同統治者:マグヌス4世
次代:
アルブレクト