オルデンブルク朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オルデンブルク朝Oldenburg)は、1448年から1863年まで続いたデンマークの王朝である。オルデンブルクはドイツ語に基づく名称で、デンマーク語ではオレンボー(Oldenborg)である。ドイツニーダーザクセン州オルデンブルクを発祥とする。

概要[編集]

1448年、ドイツの貴族でデンマーク王エーリク5世の女系の子孫にあたる、オルデンブルク伯家のクリスチャン1世がデンマーク王に選ばれ、オルデンブルク朝が始まる。王朝開始時にはカルマル同盟を引き継ぎ、北欧最大の領土と大国の座を維持し続けたが、1523年スウェーデンに独立を許した。ただしノルウェーとの同盟関係は1814年まで維持していた。しかし、スウェーデンとの対立はデンマークの国力を弱体化させ、17世紀には三十年戦争と、大国化したスウェーデンとの一騎打ちに敗れ、ヨーロッパの中の小国となった。大北方戦争においても敗北を喫し、以後対外戦争には参加せず、国内の統治と海上帝国の維持に腐心するようになった。しかしナポレオン戦争では中立を維持できず、ナポレオン側について敗北する。ウィーン会議でノルウェーを失い、ここにカルマル同盟は完全に終焉した。衰退したデンマークに欧州列強は追い討ちをかけ、2度にわたるシュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争の結果、永年領有してきたスレースヴィ=ホルステン(シュレースヴィヒ=ホルシュタイン)公国はプロイセン王国に奪われた。このような閉塞的な状況の中でオルデンブルク家は断絶した。

オルデンブルク家の支流の1つホルシュタイン=ゴットルプ家は、1544年から1773年までシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国を支配したが、この一族はスウェーデンの王家となり、またロシア帝国ツァーリの家系ロマノフ家も継承した。オルデンブルク公、のちオルデンブルク大公もホルシュタイン=ゴットルプ家から出ている。

また現在のデンマーク王家およびノルウェー王家、かつてのギリシャ王家であり、イギリス女王エリザベス2世の夫エディンバラ公フィリップの出身家系でもあるグリュックスブルク家も、オルデンブルク家の支流の1つである。

歴代国王[編集]

関連項目[編集]