グスタフ1世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グスタフ1世の肖像画(1542年)

グスタフ1世(Gustav I, Gustav Eriksson Vasa, 1495年 - 1560年9月29日)はスウェーデン国王(在位:1523年 - 1560年)。ヴァーサ王朝の祖。

1509年から1514年ウプサラ大学に学び、1518年から翌年にかけてスウェーデン独立派の貴族としてデンマーク軍と戦って捕らえられる。1520年ストックホルムでデンマーク王クリスチャン2世によるストックホルムの血浴が起こると、脱出してダーラナに帰り1521年にこの地方の農民を率いて反乱を起こし成功した。スウェーデンの摂政となることを宣言し、1523年、スウェーデン国会(Rikstag)に選ばれて国王となった。

1527年ヴェステロースで開かれた国会において法律を定め「この国では簡素で真実なる神の御言葉のみを弘めるべき」とし、ルター派の教義を全面的に認め、スウェーデン教会がローマから分離するきっかけをつくった。ついで国土の26%を占めるカトリック教会の土地を没収し、国土の5%にすぎなかった王家の土地を拡大し財政基盤を改善した。行政改革を行い、ダーラナやスモーランドに起きた地方の反乱を厳しく鎮圧した。

グスタフ1世は宮廷が大陸風の華やかなスタイルをもつことを重要視し、この時代に聖書スウェーデン語訳も完成し、宗教改革者ウーラウス・ペトリによって神学の書物があらわれた。

1000スウェーデン・クローナ紙幣に肖像が描かれている。

子女[編集]

1531年ザクセン=ラウエンブルクマグヌス1世の娘カタリーナと結婚。1子を儲けた。

1536年マルガレータ・エリクスドッテルと再婚。10子を儲けた。

1552年カタリーナ・ステンボックと3度目の結婚。子は無かった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Felix Berner, Gustav Adolf : Der Löwe aus Mitternacht, Deutsche Verlags-Anstalt, 1982.
先代:
クリスチャン2世
スウェーデン国王
1523年 - 1560年
次代:
エリク14世