フレデリク4世 (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレデリク4世

フレデリク4世(Frederik IV, 1671年10月18日 - 1702年7月19日)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公(在位:1695年 - 1702年)。クリスティアン・アルブレヒトデンマークノルウェーフレデリク3世の娘フレゼリゲ・アメーリエの長男としてゴットルプに生まれた。

生涯[編集]

1695年、父の死により公爵位を継承した。ホルシュタイン=ゴットルプ家は本家のオルデンブルク家(デンマーク王家)のみならず、当時のスウェーデン王家であるプファルツ=クレーブルク家とも繋がりがあった。フレデリク4世の伯母ヘトヴィヒ・エレオノーラはスウェーデン王カール11世の母であった。さらにその息子カール12世、デンマーク・ノルウェー王フレデリク4世ザクセン選帝侯ポーランドアウグスト2世、そしてシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公フレデリク4世の4人は、いずれもデンマーク王フレゼリク3世の孫であり、互いに従兄弟の関係にあった。

そうした関係の中でフレデリクは、デンマークよりもスウェーデンを重視し、スウェーデンとの同盟関係を強化した(デンマーク王とのシュレースヴィヒ公国内のゴットルプ公領相続権を巡る紛争が続いており、カール11世が調停を行っていた)。さらに1697年には、カール12世の姉である従妹ヘドヴィグ・ソフィアと結婚した。この結婚によって、フレデリク4世はスウェーデン王位継承権をも獲得した。フレデリク4世はヘドヴィグ・ソフィアやカール12世が幼少の頃から面識があり、彼らの兄代わりでもあったという。

1700年大北方戦争が始まると、デンマーク王フレデリク4世はスウェーデンの同盟国であるシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公国に侵攻した。フレデリク4世はスウェーデンに助けを求め、カール12世はデンマークに侵攻してこれを屈服させた。この年に結ばれたトラヴェンタール条約によって、公国の安全は保証された。

この後、フレデリク4世はカール12世と戦陣を共にしたが、1702年にポーランド遠征のクリシュフの戦い戦死した。30歳だった。

この年、新たにシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公の後継者となったカール・フリードリヒは生まれたばかりであり、フレデリク4世の弟クリスティアン・アウグストが摂政となった。1751年にスウェーデン王となったアドルフ・フレドリクはクリスティアン・アウグストの子で、フレデリク4世の甥であった。また、カール・フリードリヒはロシア皇帝ピョートル1世の娘アンナと結婚したが、2人の間の子カール・ペーター・ウルリヒは、アンナの姉エリザヴェータの後継者として皇帝ピョートル3世となった。

先代:
クリスチャン・アルブレヒト
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
1695年 - 1702年
次代:
カール・フリードリヒ