ルーテル教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーテル教会(ルーテルきょうかい、: Lutheran Church、Lutheranism)は、マルティン・ルターによりドイツに始まる、キリスト教教派または教団。ルター派(ルターは)とも呼ばれる。プロテスタントの一つであり、全世界に推定8260万人の信徒が存在する。発祥の地ドイツを始め、北欧諸国では国民の大半がルター派であり、そこから移民が渡った先のアメリカ合衆国カナダブラジル等の南アメリカ各国でも信徒数が多い。

J.パッヘルベルJ.S.バッハテレマンメンデルスゾーンなど著名な音楽家が多く所属し、ルター自身も作詞・作曲家であったことから、音楽に縁が深い教会としても知られる。

名称[編集]

ルーテル」という日本語名は、マルティン・ルター(Martin Luther) の舞台ドイツ語読みに由来する。日本国内の教団・教会は日本福音ルーテル教会日本ルーテル教団西日本福音ルーテル教会近畿福音ルーテル教会などいずれも名称に「ルーテル」を含むが、この日本語名を積極的に用いたのは日本のルーテル教会関係者と彼らによる出版物であった。日本では舞台ドイツ語による発音記号を三修社のドイツ語辞書が優先的に採用していた。また、信徒のことを「ルテラーナー(ドイツ語: Lutheraner)、ルーサラン(: Lutheran)」と言うことがある。

他方、石原謙大塚久雄佐藤繁彦東京帝国大学出身の歴史学者や神学者は早くから「ルター派(ルッター派)」という名称を使いはじめ、岩波書店山川出版社新教出版社等で発行される歴史や神学専門書においてもルター派(ルッター派)という名称が広く用いられていた。日本のルーテル教会関係者以外の旧日本基督教会日本基督教団無教会に属する学者、研究者たちはルター派(ルッター派)という名称を積極的に用いたともいえる。

歴史[編集]

プロテスタント諸教派(聖公会アナバプテストを含む)の系統概略

1517年ローマ・カトリック修道司祭聖アウグスティノ会)だったマルティン・ルターによってドイツ宗教改革が始められた(ドイツ・ヴィッテンベルクにおける「95ヶ条の論題」)。ルターは最初、新しい教会を建てるつもりではなく教会内部の改革を目指していたが、カトリック教会から破門されて[1]妥協を許さない状況になり、ルターは明確な信仰基準や組織を必要とするようになった。北欧にもルター派の教義は広まり、スウェーデンではグスタフ1世が、デンマーク=ノルウェーではクリスチャン3世がルター派をそれぞれの国教とし、権力強化に利用した。

1555年アウクスブルクの和議の結果、ルター派(ルーテル教会)はドイツ国内での法的権利が認められた。1580年、ルター派の教理的な立場を示す「和協信条」が制定される。

アメリカへはヨーロッパからの移民と共に、ルター派の勢力が拡大、18世紀の中頃になり本格的な教派の生成が行われた。19世紀以降、ドイツや北欧のルター派が大量に移住し、アメリカ中西部を中心にして定住した。

1817年プロイセンにおいてルター派と改革派による合同教会が設立された。教会合同によって設立されたプロイセン福音主義教会には、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世によって作成された礼拝式文が下賜された。その式文はニュルンベルクのルター派教会礼拝式に倣ったものであり、ローマ・カトリック教会のミサに準拠したものであった[2]。この復古的式文の影響はプロイセン以外のドイツのルター派領邦教会にまで及び、簡素な礼拝に向かっていたドイツのルター派教会の礼拝は宗教改革以前の様式に戻ってしまった。プロイセン福音主義教会はその後、古プロイセン合同福音主義教会と名称を変えていく。この合同教会内ルター派から告白教会の指導者マルティン・ニーメラーと神学者ディートリッヒ・ボンヘッファーが輩出される。

この合同に加わらなかったドイツ人ルター派の一部がアメリカに移民し、セントルイス周辺で発展して、ルター派教会ミズーリシノッドを形成した。このルター派教会ミズーリシノッドはその後も独自の保守的路線を一貫して守り、20世紀におこなわれたアメリカ国内のルター派教会合同の流れにも加わらなかった。アメリカには880万人のルター派教会の会員がいる。19世紀以降、ドイツ、北欧やアメリカからアジアやアフリカへ伝道がなされ、タンザニアインドネシアには大きなルター派教会が存在している。19世紀以降、ドイツからの移民が南米諸国にも向かい、ルター派教会が各地で設立された。

ルター派教会とエキュメニカル運動[編集]

1947年スウェーデンルンドルター派世界連盟が組織されて、多くのルター派教会(ルーテル教会)が加盟した。この連盟は、世界のルター派の友好、協力、エキュメニカル運動への参加を目的として活動している(世界的共同体であり、79ヶ国、145の加盟教会、約7千万人のキリスト者を擁している)。ただし、ルター派世界連盟は狭い意味での教派ではなく、改革派教会の組織に並行加盟しているルター派系合同教会の加盟も認めている。ルターによる宗教改革の遺産を継承する全ての教会に門戸を広げているのがルター派世界連盟である。2009年には、宗教改革の口火を切った都市ヴィッテンベルクにも出先機関が置かれた。しかし、独立福音ルター派教会(ドイツの自由教会)や米国のルター派教会ミズーリシノッド、ルター派教会ウィスコンシン・シノッドのような保守的な古ルター派教会は、この連盟のリベラルな神学やエキュメニカル運動への積極的関与を批判して、加盟していない。

ルター派世界連盟カトリック教会1999年10月31日に「義認の教理に関する共同宣言(Joint Declaration on the Doctrine of Justification)」に調印し、カトリック教会も信仰によって福音を理解することを公式に宣言した。この宣言では、トリエント公会議による信仰義認主張者への断罪はルター派教会(ルーテル教会)に適用されず、またルターによる信仰義認否定者への断罪はカトリック教会に適用されないと定めた。この共同宣言の支持者たちは、このことをもってカトリック教会が信仰義認の教理をルター派に適用したとみなしているが、ルター派教会ミズーリシノッド、ルター派教会ウィスコンシン・シノッドのような保守的な古ルター派はそのような解釈を拒んでいる。また、調印される前年の1988年、テュービンゲン大学神学部教授のエーバーハルト・ユンゲルを代表にして160人の福音主義神学者たちがこの共同宣言に反対を表明した[3]。宗教改革の源流であり、神学研究の中心地ドイツのルター派から強い批判を受けながらもこの共同宣言は強引に進められた。

北欧を中心にヨーロッパの一部のルーテル教会は使徒継承性を主張しており、同じく使徒継承を主張するヨーロッパのアングリカン・コミュニオン聖公会)所属教会らと、1994年フィンランドポルヴォーで合意文書に調印した。この合意文書に調印した教会をポルヴォー・コミュニオンといい、これらの教会は相互にフルコミュニオンの関係にある。

教義[編集]

宗教改革の3原則-「聖書のみ」「信仰のみ」「恵みのみ」―に基づく信仰義認の立場をとる。

教会で保持されるべきものはみ言葉(「聖書」とその福音の正しい説き明かしである「説教」)と二つの聖礼典洗礼聖餐)であるとする。

ただし聖餐は「パン」と「ぶどう酒」の二種陪餐であり、カトリック教会のような「パン」のみの一種陪餐とは異なる。

信条として

が採用されている。ただし、シュマルカルド信条については採用しない教団もある。

洗礼前教育においては、ルター以来、十戒使徒信条主の祈りを重視し、それぞれが教義、神の正しい崇拝、信徒としての生活を教えるものと考える。

聖職者階級(聖職位階)をもたず、牧師は妻帯することができる。ただし、プロテスタントには珍しく修道院マリア福音姉妹会)があり、シスター(修道女)もいる(日本では福岡県福岡市にある)。

ルター派にはいくつかの伝統があり、相互に聖壇と講壇の交わりを結んでいる教会同士もあるが、同じルター派でも神学的伝統の異なる教会の信徒への配餐を認めない場合もある。また他の教派の教会との関係は、それぞれのルター派教会ごとに異なる。

神学的方向性も多様である。ゲイレズビアンの牧師任職を認めるアメリカ福音ルター派教会、レズビアンの教区監督を選出したスウェーデン国教会のような神学的リベラリズムの先端を行く教会と、女性の牧師任職を拒絶する保守的な古ルター派教会まで混在しており、ルーテル教会、ルター派という名称だけではその神学的特色を説明することは困難になっている。

音楽・芸術・文化[編集]

ヨハン・パッヘルベルディートリヒ・ブクステフーデゲオルク・フィリップ・テレマンヨハン・ゼバスティアン・バッハゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルロベルト・シューマンヨハネス・ブラームスリヒャルト・ワーグナーが所属し、ルター自身も作詞・作曲家であったことから、音楽に縁が深い教会としても知られる。ブラームスが作曲したドイツ・レクイエムでは、ルターがドイツ語に訳した聖書の詞が使われているが、当時は公式のドイツ語訳聖書はルター訳のみであった。

また、アルブレヒト・デューラールーカス・クラナッハカスパー・ダーヴィト・フリードリヒエゴン・シーレらの著名な画家たちもルター派に属していた。多くの思想家も輩出しており、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルセーレン・キェルケゴールフリードリヒ・ニーチェが代表的存在である。ルター派牧師の子であったフリードリヒ・ニーチェはキリスト教批判を続けたが、教会を離脱することも破門されることもなく、葬儀はルター派教会で盛大に行われている。

(注意) 1555年に制定されたアウグスブルクの和議によって、居住する地域の領主がルター派であれば、そこに居住する者、およびそこで生まれた者は、すべて自動的にルーテル教会の会員となった。したがって、上述する音楽家や芸術家が必ずしもルター派キリスト教の信仰を持っているとは限らない。

日本のルーテル教会[編集]

日本におけるルター派の伝道は1892年、アメリカの宣教師によって始まった。後に北欧系、ドイツ系が加わり、第二次世界大戦中の日本基督教団時代を経て、それぞれに教団を構成している。

4団体[編集]

日本における主な教団と宣教母体は以下の通り。この4団体は相互に連絡組織を持ち、提携関係にある。

日本福音ルーテル教会
アメリカ福音ルーテル教会などに由来。
ルーテル世界連盟に当初より加盟。日本キリスト教協議会にも加盟。日本ルーテル教団と共同でルーテル学院大学日本ルーテル神学校を運営。独自に九州学院中学校・高等学校ルーテル学院中学校・高等学校九州ルーテル学院大学を運営。
日本ルーテル教団
アメリカのルーテル・ミズーリ・シノッドに由来。
日本福音ルーテル教会と共同でルーテル学院大学・日本ルーテル神学校を運営。独自に浦和ルーテル学院および聖望学園を運営。
西日本福音ルーテル教会
ノルウェーフィンランドのルーテル教会などに由来。
千葉、滋賀、大阪、兵庫、岡山、鳥取、広島、島根、徳島、香川の各府県に合計43箇所の地方教会を持つ。ノルウェー・ルーテル伝道会 (NLM) 、フィンランド・ルーテル海外宣教会 (FLOM) 、フィンランド・ルーテル宣教会 (FLM) などと宣教協力関係にある。近畿福音ルーテル教会などと合同で神戸ルーテル神学校(ATA認定校)、単独で神戸ルーテル聖書学院を経営。ラジオで宗教番組「心に光を」(旧「ルーテルアワー」)を放送。
近畿福音ルーテル教会
ノルウェー伝道会、ノルウェー・ルーテル自由教会に由来。

福音派[編集]

日本ルーテル同胞教団
米国ルーテル同胞教会に由来。
ルーテル同胞聖書神学校を運営。日本福音同盟に加盟。
フェローシップ・ディコンリー福音教団
プロテスタントのルーテル系の15教会による団体。

保守派[編集]

ルーテル福音キリスト教会
茨城県水戸市に本部を置く、プロテスタントのルーテル系の団体。

ドイツのルター派教会[編集]

ドイツにある全てのルター派教会を組織の上で包括しているのは、ドイツ福音主義教会(EKD)である。EKDはルター派、改革派、合同派の信仰告白を持つ20の州教会の共同体である。したがって、そこには改革派教会も含まれる。しかしながら、ドイツにある全てのルター派教会を包括しているのはEKDだけである。

EKD内には、ルター派州教会の属するドイツ合同福音ルター派教会と合同派州教会の属する福音主義合同教会がある。さらに、どちらの組織にも加盟していないルター派州教会が2つある。ドイツ合同福音ルター派教会は多くのルター派州教会を組織しているが、全てのルター派州教会を包括しているわけではない。

また、ルター派と改革派が並存している福音主義合同教会に加盟している州教会にも多くのルター派教会が含まれているが、これらのルター派教会はドイツ合同福音ルター派教会には加盟していない。福音主義合同教会に加盟している州教会においてルター派が9割以上を占めることも多く、ルター派の影響力は合同派州教会においても圧倒的である。この福音主義合同教会内のルター派を無視して、ドイツのルター派教会の全体像を語ることはできない。福音主義合同教会に属しているルター派教会は、常にルター派としてのアイデンティティを意識することが求められており、神学的立場、礼拝様式においても、ドイツ合同福音ルター派教会に属している州教会よりもルター派らしさを保持していることも多い。改革派の州教会に分類されているリッペ州教会においても、ルター派教会が少数派として存在している。ドイツ合同福音ルター派教会に組織上入ることのできない合同教会内のルター派教会にとって、全てのルター派教会が属するEKDの存在は大きい。EKDにおいて、ルター派(ルター派州教会と合同派内ルター派)が圧倒的多数を占めており、EKD常議員会議長には常にルター派か合同教会の人間が選ばれている。

2009年1月1日、キルヘンプロヴィンツ=ザクセン福音主義教会とテューリンゲン福音ルター派教会の合同によって、中部ドイツ福音主義教会が設立された。テューリンゲン福音ルター派教会はドイツ合同福音ルター派教会に加盟していたルター派州教会であり、キルヘンプロヴィンツ=ザクセン福音主義教会は福音主義合同教会に加盟していた合同派州教会であった。この二つの性格の異なる州教会が一つに統合されたが、加盟組織との関係はそのまま維持されている。したがって、この中部ドイツ福音主義教会はルター派州教会であると同時に、合同派州教会の一員として存在していくのである(3304のルター派教会共同体と5の改革派教会共同体)。ルター派と改革派の並存は、従来、EKD、もしくは合同派州教会での組織状況であったが、ルター派州教会においても改革派との並存という状況を迎えたのである。ルター派州教会の中部ドイツ福音主義教会はEKDに類似した組織形態を持つに至った。2012年、合同派州教会のポンメルン福音主義教会と、ルター派州教会のメクレンブルク福音ルター派州教会ノルトエルビエン福音ルター派教会の統合によって、北ドイツ福音ルター派教会が設立された。この新しいルター派州教会の教憲にはバルメン宣言信仰告白として含まれている。

脚注[編集]

  1. ^ 八木谷涼子 『なんでもわかるキリスト教大事典』p78 朝日新聞出版 ISBN9784022617217
  2. ^ クピッシュ『ドイツ教会闘争への道』(雨宮栄一 訳、新教出版社、1967年)
  3. ^ Rezension der NZZ zu Jüngels Buch: Das Evangelium von der Rechtfertigung des Gottlosen als Zentrum des christlichen Glaubens. Eine theologische Studie in ökumenischer Absicht.

参考文献[編集]

  • 『よくわかるキリスト教の教派』徳善義和、今橋朗著 キリスト新聞社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

教会[編集]

学校[編集]

執筆の途中です この項目「ルーテル教会」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。