ドイツ福音主義教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Evangelische Kirche in Deutschland
ドイツ福音主義教会
基礎データ
常議員会議長: ニコラウス・シュナイダー
総会議長: イルムガルト・シュヴェッツアー
設立年: 1945年
構成州教会: 20
教会員数: 24,515千人 (全人口比29,9%)
本部住所: Herrenhäuser Str. 12
30419 Hannover
公式サイト: www.ekd.de
ハノーファー本部

ドイツ福音主義教会(ドイツふくいんしゅぎきょうかい、ドイツ語: Evangelische Kirche in Deutschland)は福音主義ルター派改革派教会、合同派の信仰告白を持つドイツにおける20の州教会の共同体であり、公法上の社団でもある。異なる信仰告白を持つにも関わらず、全ての加盟教会は説教壇と聖餐式を制限されることなく共に与る共同体である。ドイツ福音主義教会 (EKD) の教会事務局はハノーファーにある。

ドイツ福音主義教会 (EKD) とは[編集]

ドイツ福音主義教会 (EKD) は1945年に設立され、1948年に教憲を制定した。20の加盟州教会もドイツ福音主義教会 (EKD) と同じく公法上の社団である。福音主義教会の組織は、連合体として、社会のすべての領域に築かれている。

ドイツ福音主義教会 (EKD) は信徒に課せられている課題を受け取る。民主的な形で選ばれたドイツ福音主義教会 (EKD) の指導部は、総会 (Synode)、常議員会 (Rat)、構成州教会会議 (Kirchenkonferenz) である。その指導部はドイツ福音主義教会 (EKD) に課せられた課題を解決する責任を負っている。指導部は教会の法制度、組織において、ドイツ福音主義教会 (EKD) の組織基盤を維持しなければならない。総会、常議員会、構成州教会会議に関する諸事務をドイツ福音主義教会 (EKD) 事務局は引き受けている。 2007年現在、ドイツの全人口の30,2%、24,832千人がドイツ福音主義教会の教会員である[1] 。 2008年において(前年と同様)、0.3%の教会員が減少した。2008年終わりには24,515千人、全人口の29,9%が福音主義教会の会員である[2]。 2009年、ドイツ福音主義教会 (EKD) を構成している福音ルター派州教会、福音改革派州教会、福音合同派州教会の教会員総数は、ドイツにおけるローマ・カトリック教会のそれに僅かであるが届かない。東独体制成立以前、宗教改革揺籃の地としてのザクセン=アンハルト州が含まれるドイツ北東部は福音主義教会が強い地域である。2008年、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州(53.8%)とニーダーザクセン州(50.2%、前年比-0.6%)の二つの州において、州民の過半数が(僅かであるが)福音主義教会員であった。しかし、ニーダーザクセン州における福音主義教会の過半数は2009年には失われている。

歴史[編集]

1852年から1903年の間にかけて、ドイツ政府の福音主義教会担当省の下で、アイゼナハ協議会と呼ばれる定期的に開かれる会議(集会)が存在していた。しかしながら、正規の統合組織は、それ以降も作られなかった。ヴァイマル共和政時代の1922年、ドイツ国にあった28の領邦教会が属するドイツ福音主義教会連盟の設立という事態を迎えた。ナチ党の権力掌握が発生すると、協会内でもナチズムの影響力が高まり、統一された福音主義の「帝国教会」を創立する動きが生まれた。こうして1933年にドイツ福音主義教会 (DEK) が設立された。当時、優勢だった教会内派閥は、ナチズムにはっきりと親近感を持つドイツ的キリスト者英語版 (DC) であった。福音教会の長である帝国教会監督ドイツ語版ルートヴィヒ・ミュラー英語版は筋金入りのナチス共鳴者であり、ナチス・ドイツ時代を通じて数多くの領邦教会はドイツ的キリスト者の圧倒的な力によって指導されていた。ただ、ヴュルテンベルクバイエルンハノーファーの3つの領邦教会だけがドイツ的キリスト者による支配から逃れていた。1934年、ドイツ福音主義教会 (DEK) の対極として、告白教会が形を整えた。その告白教会の代表者たちがマルティン・ニーメラーディートリッヒ・ボンヘッファーであった。

第二次世界大戦の終結後、福音主義州教会の指導者たちは、ヴュルテンベルク福音主義州教会監督テオフィル・ブルムの下で異なった伝統を有する諸教会の上に共通の上部機構を作るという新たな試みを行った。1945年、ヘッセン州トライザ(現シュヴァルムシュタット)において、開催された教会会議でドイツ福音主義教会 (EKD) が成立した。1948年6月13日、アイゼナハで、ドイツ福音主義教会 (EKD) は教憲を制定した。

ドイツ分割に関わらず、ドイツ福音主義教会 (EKD) はしばらくの間、福音主義州教会の結合体として、二つのドイツ国家の間で存在し続けていた。1961年の東西の壁構築は重大な組織上の問題になった。そのため、二つのドイツ国家にまたがる共通の課題をドイツ福音主義教会 (EKD) はもはや堅持出来なくなった。けれども、日々の教会の働きに関する問題は(東西では)異なった形で増加した。その結果、1969年、東ドイツにある8つの領邦教会の結合体として、ドイツ民主共和国福音主義教会連盟が設立された。1990/91における両独国家の再統一以後、ドイツ民主共和国福音主義教会連盟はドイツ福音主義教会 (EKD) に統合された。

2006年夏、ドイツ福音主義教会 (EKD) 常議員会は「自由な状況にある教会」 [3]という文書を公開した。この文書でもって、ドイツ福音主義教会 (EKD) における包括的な改革プロセスを始動させようとした。教会員の減少が続くことによって、ドイツ福音主義教会 (EKD) の構成州教会の働きが中心業務のみに限定されることが明らかにされた。これ以降、ドイツ福音主義教会 (EKD) 内部において、将来の教会業務における重点事項とその定義が議論されている。

ドイツ福音主義教会 (EKD) の神学的立場[編集]

ドイツ福音主義教会 (EKD) において、幅広い神学的傾向が見出せる。自由主義的な見解、保守主義的な見解が表明されている。それぞれの加盟教会に応じて、ルター派、改革派、合同派の信条(信仰告白)がある。加盟諸教会において、使徒信条ニケア信条が共通している。 女性牧師と同性愛者牧師が正規に任職されることが、ドイツ福音主義教会 (EKD) の全ての加盟州教会において認められている。EKDは一般的に同性愛に関してリベラルな姿勢を支持している。EKDに加わっている多くの州教会において、同性愛の牧師が戸籍上のパートナーと公的に牧師館に住むことを許しており、いくつかの州教会(北エルベ、ブレーメン、ラインラント)において、異性の配偶者の場合と同様に手当が支払われている。他の州教会(例えば、ヴュルテンベルク)において、教会管理という面から一緒に牧師館に居住することを認めているが、異性の配偶者の場合と同等の手当は払われてはいない。

ドイツ福音主義教会 (EKD) 総会[編集]

総会 (Synode) は教会指導と法規作成を行うドイツ福音主義教会 (EKD) における最高議決機関である。毎年一度、総会は一週間弱の間開催される。その都度、加盟州教会の一つの州教会による招待として、ドイツ国内の都市で開催される。総会は全体で126人の代議員が集まる。この代議員の内訳として、106人の総会代議員が20の加盟州教会から選ばれ、さらに全体教会の運営と業務に従事している20人が常議員会から指名されて総会代議員に任命される。どの総会においても、2名の(議長)代理が選ばれるか、もしくは任命される。加えて、どの開催年においても全部で8名の30歳以下青年指導者が加えられる。そこには福音主義青年団(ユーゲント)とならびに福音主義学生共同体とドイツ学生宣教団から2人ずつ派遣される。

議長団[編集]

ドイツ福音主義教会 (EKD) 総会は議長を含む議長団によって運営される。 2009年以降、ドイツ福音主義教会総会議長は中部ドイツ福音主義教会信徒のカトリン・ゲーリング=エッカルト連邦議会議員(同盟90/緑の党)が総会議長であったが、2012年11月、ドイツ連邦議会2013年選挙における予備選挙において、党代表の1人に就任したため総会議長職を休職。2013年総選挙後、同盟90/緑の党連邦議会議員団代表に就任したため、総会議長職を辞任した。2013年11月のドイツ福音主義教会総会において、バイエルン州元首相でバイエルン福音ルター派教会信徒のギュンター・ベックシュタイン総会副議長が議長選に立候補したが最初の投票で54票、2回目の投票で56票しか得られず、落選した。次にブレーメン福音主義教会信徒で判事のブリギッテ・ベーメが総会議長選に立候補したが、最初の投票で60票、2回目の投票で59票しか得られず、彼女も落選した。最終的に、自由民主党 (FDP)の元連邦議会議員のイルムガルト・シュヴェッツアー連邦共和国交通・建設・都市開発省元大臣が過半数を超える票を得て総会議長に当選した。イルムガルト・シュヴェッツアー総会議長の所属州教会はベルリン=ブランデンブルク=シュレージシェ・オーバーラウジッツ福音主義教会である。


歴代総会議長[編集]

  • 1949 - 1955: グスタフ・ハイネマン
  • 1955 - 1961: コンスタンチン・フォン・デェーツ
  • 1961 - 1970: ハンス・プットファルケン
  • 1970 - 1973: ルートヴッヒ・ライザー
  • 1973 - 1985: コルネイウス・フォン・ヘイル
  • 1985 - 2003: ユルゲン・シュムーデ
  • 2003 - 2009: バルバラ・リンケ
  • 2009 - 2013: カトリン・ゲーリング=エッカルト
  • 2013 - : イルムガルト・シュヴェッツアー

ドイツ福音主義教会 (EKD) 常議員会[編集]

ドイツ福音主義教会 (EKD) 常議員会はドイツ福音主義教会 (EKD) における指導する頭脳である。ドイツ福音主義教会 (EKD) 常議員会は15人によって構成されている。総会で選出された信徒を含む常議員14人と総会議長が職務上加わり、常議員会は15人になる。総会と構成州教会会議は一緒になって、常議員会議長を選挙する。その任期は6年になる。

2009 - 2015年期におけるドイツ福音主義教会 (EKD) 常議員会にメンバーは、以下の人物である。

  • ハインリヒ・ベッドフォード=ストローム博士、ミュンヘン、バイエルン福音ルター派教会監督
  • ヨッヘン・ボール、ドレスデン、ザクセン福音ルター派州教会監督
  • ターベア・デルカー、ホルツゲリンゲン、女性教師
  • エーリケ・アイゼンシュミット博士、マクデブルク、女性数学者
  • ウルリヒ・フィッシャー博士、カールスルーエ、バーデン福音主義州教会監督
  • エリザベート・グレープ=シュミット、テュービンゲン大学神学部教授
  • カトリン・ゲーリング=エッカルト、エアフルト、同盟90/緑の党連邦議会議員団代表
  • ウベ・ミヘルセン、ハンブルク、ジャーナリスト
  • フイードン・モヴォムベキ博士、ウッペルタール、事務局長
  • ヤン・シュミット、レーア、教会議長
  • ニコラス・シュナイダー、デュッセルドルフ、ラインラント福音主義教会前議長
  • マルレーン・ティーメ、バートゾーデン、女性支配人
  • ゲジーネ・ヴァインミールラー、ベルリン、女性建築家
  • クラウス・ヴインテルホーフ、ビーレフェルト、法律に関する副顧問
  • エーデルトラウト・グレンツァー、ハノーファー、鉱業、化学、エネルギー産業組合(IG BCE)委員長


ハノーファー福音ルター派教会監督マルゴート・ケースマンは2009年10月28日、常議員に選出されたが、2010年2月24日に辞職した。それに加えて、もう一つの常議員ポストが空席になっている。2009年10月ウルムで開催されたドイツ福音主義教会総会において、全ての常議員を選出することが出来なかったからである。これはドイツ福音主義教会の歴史において初めての事態であった。この2つの空席は、2010年11月に補充された。

ドイツ福音主義教会 (EKD) 常議員会議長[編集]

ドイツ福音主義教会 (EKD) の最上位の代表者はドイツ福音主義教会 (EKD) 常議員会議長である。 短く言えば、ドイツ福音主義教会 (EKD) 議長である。

1945年以降の議長[編集]

  • 1945 - 1949: テェオフィル・ブルム、ヴュルテンベルク州教会監督
  • 1949 - 1961: オットー・ディベリウス、ベルリン‐ブランデンブルク州教会監督
  • 1961 - 1967: クルト・シャルフ、議長、1966年以降、ベルリン‐ブランデンブルク監督
  • 1967 - 1973: ヘルマン・ディーツフィルビンガー、バイエルン州教会監督
  • 1973 - 1979: ヘルムート・クラース、ヴュルテンベルク州教会監督
  • 1979 - 1985: エドワルド・ローゼ、ハノーファー州教会監督
  • 1985 - 1991: マルチン・クルーゼ、ベルリン‐ブランデンブルク州教会監督
  • 1991 - 1997: クラウス・エンゲルハルト、バーデン州教会監督
  • 1997 - 2003: マンフレート・コック、ラインラント議長
  • 2003 - 2009: ヴォルフガング・フーバー、ベルリンーブランデンブルク-シレジアオーバーラウジッツ州教会監督
  • 2009 - 2010: マルゴート・ケースマン、ハノーファー、州教会女性監督
  • 2010 - : ニコラウス・シュナイダー、ラインラント議長(監督に相当)

東独教会連盟議長[編集]

  • 1969 - 1981: アルブレヒト・シェーンヘル、ベルリン‐ブランデンブルク州教会監督
  • 1981 - 1982: ヴェルナー・クルシュ、キルヘンプロヴィンツ=ザクセン州教会監督
  • 1983 - 1986: ヨハネス・ヘンペル、ザクセン州教会監督
  • 1986 - 1990: ヴェルナー・ライヒ、テューリンゲン州教会監督
  • 1990 - 1991: クルストフ・デームケ、キルヘンプロヴィンツ=ザクセン州教会監督

構成州教会会議[編集]

Evangelische Landeskirchen in Deutschland

構成州教会会議はドイツ福音主義教会 (EKD) における連邦(全国)レベルの指導委員会である。構成州教会会議は (EKD) 諸機関と構成州教会における計画等を協議したり、課題を提起する。小規模な構成州教会(二百万以下の教会員)は1票、大規模な州教会は2票の投票権がある。ヘルンフート兄弟団の代表者も構成州教会会議に属している。ドイツ福音主義教会 (EKD) 常議員会議長が構成州教会会議の議長を務める。

ドイツ福音主義教会 (EKD) 加盟教会[編集]

ドイツ福音主義教会に加盟している20州教会の境界線は主としてウィーン会議の結果に起因している。

概要[編集]

ドイツ福音主義教会 (EKD) と連携した加盟団体として、ドイツ福音主義改革派教会連盟とヘルンフート兄弟共同体が加わっている。

2003年まで、ドイツ福音主義教会 (EKD) には福音合同教会が加わっていた。 この教会は2003年以降、福音主義合同教会に吸収された。

2012年5月27日に、ノルトエルビエン福音ルター派教会 (NEK)、メクレンブルク福音ルター派州教会 (ELLM)、ポンメルン福音主義教会 (PEK)の統合によって、北ドイツ福音ルター派教会が設立された。

州教会 指導
聖職者
信仰告白 他の加盟組織 会員数
(31. Dezember 2007)
教会共同体数 教会地区数 本部所在地
アンハルト福音主義州教会 教会議長
ヨハヒム・リービッヒ
合同派 UEK, 48.766 150 5 デッサウ
バーデン福音主義州教会 州教会監督
ウルリヒ・フィッシャー
合同派 UEK, 1.291.357 630 29 カールスルーエ
バイエルン福音ルター派教会 州教会監督
ハインリヒ・ベッドフォード=ストローム
ルター派 VELKD, LWB, 2.629.670 1.531 68 ミュンヘン
ベルリン=ブランデンブルク=シュレージシェ・オーバーラウジッツ福音主義教会 監督
マルクス・ドレーゲ
合同派 UEK 1.139.665 1.504 35 ベルリン
ブラウンシュヴァイク福音ルター派教会 州教会監督
フリードリヒ・ヴェーバー
ルター派 VELKD, LWB 400.362 414 13 ヴォルフェンビュッテルドイツ語版
ブレーメン福音主義教会 書記: レンケ・ブラームス 合同派 UEK 236.096 61 0 ブレーメン
ハノーファー福音ルター派教会 州教会監督
ラルフ・マイスター
ルター派 VELKD, LWB 3.006.296 1.366 57 ハノーファー
ヘッセン=ナッサウ福音主義教会 教会議長
フォルカー・ユング
合同派 UEK 1.776.659 1.175 47 ダルムシュタット
クアヘッセン=ヴァルデック福音主義教会 監督
マルティン・ハイン
合同派 UEK 939.014 894 26 カッセル
リッペ州教会 州教会議長
マルティン・ドゥーツマン
改革派 UEK, LWB 190.865 72 7 デトモルト
中部ドイツ福音主義教会 監督
イルゼ・ユンカーマン
合同派 UEK, VELKD, LWB 910.527 3.315 38 マクデブルク, エアフルト
北ドイツ福音ルター派教会 監督
ゲルハルト・ウルリヒ
ルター派 VELKD, LWB 2.391.181 1.104 14 キール, シュヴェリーン
オルデンブルク福音ルター派教会 監督
ヤン・ヤンセン(神学者)
ルター派 LWB ,
客員
VELKDUEK,
460.538 123 6 オルデンブルク
プファルツ福音主義教会 教会議長
クリスチャン・シャド(神学者)
合同派 UEK 696.981 431 20 シュパイアー
福音主義改革派教会 教会議長
ヤン・シュッミット
改革派 UEK, 185.340 142 11 レーア (ニーダーザクセン)
ラインラント福音主義教会 議長
マンフレート・リコウスキー
合同派 UEK 2.888.736 755 38 デュッセルドルフ
ザクセン福音ルター派州教会 州教会監督
ヨッヘン・ボール
ルター派 VELKD , LWB 810.558 766 25 ドレスデン
シャウムブルク=リッペ福音ルター派州教会 州教会監督
カール=ハインリヒ・マンツケ
ルター派 VELKD, LWB 60.545 22 2 ビュッケブルク
ヴェストファーレン福音主義教会 議長
アネッテ・クールシュス
合同派 UEK 2.582.070 623 31 ビーレフェルト
ヴュルテンベルク福音主義州教会 州教会監督
フランク・オトフリート・ユリー
ルター派 LWB,
客員VELKDUEK
2.286.893 1.373 48 シュトゥットガルト

ドイツ福音主義教会 (EKD) 構成州教会による教会連盟組織[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]