マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルティン・ルター大学
ハレ・ヴィッテンベルク
Martin-Luther-Universität
Halle-Wittenberg
創立 1502年
学校種別 公立大学
学長 Prof. Dr. Udo Sträter
職員 5,017人(テニュア教授335名含)(2005年)
学生 20,287人(2011年末)
所在地 ドイツザクセン=アンハルト州ハレ (ザーレ)及びヴィッテンベルク
キャンパス ハレキャンパス
ヴィッテンベルクキャンパス
スクールカラー エメラルドグリーン
所属提携 国際連合グローバル・コンパクト
ウェブサイト http://www.uni-halle.de/
テンプレートを表示
ヴィッテンベルクのロイコレア校舎
1836年のハレ大学
ライオン像(手前)と大講堂Audimax(奥)

マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルクMartin-Luther-Universität Halle-WittenbergMartin Luther University of Halle-Wittenberg)は、ドイツザクセン=アンハルト州ハレ (ザーレ)ヴィッテンベルクを所在地とする公立大学。略称はMLU

1817年ヴィッテンベルク大学1502年設立)とハレ大学1694年設立)の合併により設立した。ヴィッテンベルクで教鞭をとっていたマルティン・ルターに因んで名付けられる。ハレ・ヴィッテンベルク間は、ICEで約1時間である。

歴史[編集]

ヴィッテンベルク大学は1502年、ザクセン選帝侯フリードリヒ3世が設立した。ルターの影響を受けたフィリップ・メランヒトンの活動により宗教改革の中心地となった。著名な出身者にはゲオルク・レティクスらがおり、フィクションの世界であるが、シェイクスピアハムレット王子やクリストファー・マーロウフォースタス博士もここで学んだことになっている。

ハレ大学は1694年、ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ3世(1701年からは初代プロイセン王フリードリヒ1世)により設立された。プロイセンにおける敬虔主義の中心となる。著名な出身者にはゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(法律を学ぶ)らがいる。

両大学とも17世紀、18世紀にはドイツ啓蒙時代を中核として支えた。合理主義哲学を推進したクリスティアン・ヴォルフカントらに影響を与え、同じころクリスティアン・トマジウスはドイツの哲学者として初めて講義をラテン語ではなくドイツ語で行っている。トマジウスは合理主義哲学の発展に寄与し、より公正な観点を確立することにより、それまで疑われることのなかった専制政治と神学の優位性に異を唱えることを目指した。

ヴィッテンベルク大学はナポレオン戦争中の1813年に閉鎖された。1815年のウィーン会議でヴィッテンベルクがプロイセンに割譲され、1817年に大学もハレ大学に統合された。統合後の著名な出身者にはジョージ・ミュラー(神学を学ぶ)らがいる。

組織[編集]

  • 神学部 [1]
  • 法・経済学部 [2]
  • 医学部 [3]
  • 第一哲学部 (社会科学、歴史文化学) [4]
  • 第二哲学部 (文献学、コミュニケーション学、音楽学) [5]
  • 第三哲学部 (教育学) [6]
  • 第一自然科学部 (生物学) [7]
  • 第二自然科学部 (化学、物理学) [8]
  • 第三自然科学部 (農学、地質学、数学、情報科学) [9]
  • 工学センター(工学部) [10]

協力研究機関[編集]

海外提携大学[編集]

ゆかりの人物[編集]


参考文献[編集]

  • The New Encyclopedia Britannica, 15th Edition. Chicago, 1988.

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度29分11秒 東経11度58分08秒 / 北緯51.48639度 東経11.96889度 / 51.48639; 11.96889