ハノーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Coat of arms of Hannover.svg Hannovers Lage in Deutschland
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: 郡独立市
緯度・経度: 北緯52度22分28秒 東経9度44分19秒 / 北緯52.37444度 東経9.73861度 / 52.37444; 9.73861座標: 北緯52度22分28秒 東経9度44分19秒 / 北緯52.37444度 東経9.73861度 / 52.37444; 9.73861
標高: 海抜 55 m
面積: 204.01 km²
人口:

514,137人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 2,520 人/km²
郵便番号: 30001-30669
市外局番: 0511
ナンバープレート: H
自治体コード: 03 2 41 001
UN/LOコード: DE HAJ
市の構成: 13 市区, 51 小市区
市庁舎の住所: Trammplatz 2
30159 Hannover
ウェブサイト www.hannover.de
E-Mail: internetredaktion@
hannover-stadt.de
行政
上級市長: Dr. Herbert Schmalstieg) (SPD)
ハノーファー中央駅、中心の銅像は第4代ハノーファー王のエルンスト・アウグスト
旧市街の旧市庁舎
19世紀の国立オペラ劇場

ハノーファー: Hannover[2])は、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都である。

人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。ドイツ語の原音に近い片仮名表記はハノーファーまたはハノーファであるが、英語式にハノーヴァー、ハノーバーと誤読されることも多い。

地勢[編集]

ライネ川沿いに位置し、ミッテルランド運河が市内を走る交通の要所で、鉄道も東西を結ぶ路線と南北を結ぶ路線が交錯する。商工業が発達している。近隣の都市としては、約90キロ西にビーレフェルト、50キロ東にブラウンシュバイク、70キロ東にヴォルフスブルク、約30キロ南にヒルデスハイムが位置する。

歴史[編集]

中世ライネ川岸に建設された(元の名前「Honovere」は「高い堤」と訳される)。元は漁村だったが、13世紀には大きな町になりつつあった。14世紀には教会や市庁舎、3つの市門のある城壁もできた。この頃、ハンザ同盟の一員として繁栄した。1636年ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の一部であるカレンベルク侯領を受け継いだゲオルクが首都をハノーファーに移し、ハノーファー公国の首都となった。1692年、ハノーファー公エルンスト・アウグスト選帝侯となったことにより、彼の公国はブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯国、通称ハノーファー選帝侯国となった。

1714年、ハノーファー選帝侯ゲオルク1世はイギリス国王ジョージ1世として即位した。イギリスとの関係が深いため、イギリス風の建物が残る。後にハノーファー王国の都となる(1918年まで。ハノーファー公国以後の歴史は、ハノーファー王国を参照のこと)。

第二次世界大戦においては、空襲を受け、町の3分の2が焼失した。

文化[編集]

万国博[編集]

ハノーファーは、多彩な教育機関と大学のある町で、2000年には万国博覧会もここで開かれた。ただ、入場者数は当初の予定の半分以下である約1800万人に終わり、多額の負債が残された。

CeBIT[編集]

ハノーファーでは、世界最大のコンピュータ見本市であるCeBITが毎年春に開催されている。

射撃祭[編集]

最大で200万人を動員した射撃祭(シュッツェンフェストドイツ語版)も開催される。1529年カレンベルク侯エーリヒ1世が住民に許可したのが始まりである。

大学[編集]

スポーツ[編集]

音楽[編集]

大植英次が終身名誉指揮者を務めているハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団がある。

出身者[編集]

産業[編集]

商工業が盛んであり、国際的な自動車部品メーカーのコンチネンタルAGが本社を構える。年に一度、世界最大規模の国際産業技術見本市ハノーファー・メッセ)が開催されることでも知られる。

交通[編集]

ハノーファー中央駅

姉妹都市[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]