ヨハン・ペーター・エッカーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ペーター・エッカーマン

ヨハン・ペーター・エッカーマンJohann Peter Eckermann, 1792年9月21日 - 1854年12月3日)は、ドイツ詩人作家である。ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテの後半生との間の交流の成果である『ゲーテとの対話英語版』で良く知られる。

生涯[編集]

エッカーマンは、ハノーファー選帝侯国ヴィンセンに生まれた。低い身分の家柄で、貧困のうちに育った[1]。彼はナポレオン戦争に有志として仕えた後に、ハノーファーの陸軍省から秘書へ任命された。1817年、25歳であったが、ハノーファーのギムナジウムへの通うことが可能になり、その後ゲッティンゲン大学に進学するも、1年間法学生として暮らした後、1822年に当地を去った[1]。ゲーテと知遇を得たのはその翌年からで、ゲーテにエッカーマンが「詩に対する寄稿論文」(Beiträge zur Poesie 1823年)の草稿を送った時である。その後すぐにヴァイマルへ行き、家庭教師として身を立てた。その後数年間、ヴァイマルの大公の息子も指導した。1830年にはゲーテの息子とイタリアへ旅行をした。1838年にはザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国の評議員の肩書きを与えられ、大公妃の司書に任命された[1]

著作[編集]

エッカーマンは、主に彼の『ゲーテとの対話』に含まれている偉大な詩人の知識に対する重要な貢献で記憶される。ゲーテはエッカーマンに彼の『遺作』(Nachgelassene Schriften 1832年 - 1833年)の刊行を一任した。彼は、フリードリヒ・ヴィルヘルム・リーマーと共に1839年から1840年にかけて刊行されたゲーテ全集(全40巻)の共編者でもあった。エッカーマンは、1854年12月3日にワイマールで死んだ[2]。エッカーマンの『ゲーテとの対話』(第1巻、第2巻1836年、第3巻1848年)はヨーロッパのほとんどの言語に翻訳された[3][4][2][5]。この作品(『ゲーテとの対話』)と「詩に対する寄稿論文」(Beiträge zur Poesie)の他にエッカーマンは、1巻の詩集を刊行している(Gedichte, 1838. See J. P. Eckermanns Nachlaß edited by Friedrich Tewes, vol. i. (1905), and an article by RM Meyer in the Goethe-Jahrbuch, xvii. (1896))[6]

  • Johann Peter Eckermann: Gespräche mit Goethe in den letzten Jahren seines Lebens. Brockhaus, Leipzig 1836-1848.

日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Chisholm 1911, p. 885.
  2. ^ a b Chisholm 1911, pp. 885–886.
  3. ^ Rines 1920.
  4. ^ 英語の翻訳は、マーガレット・フラー、ボストン、1839年のものと、ジョン・オクセンフォード、ロンドン、1850年のものがある
  5. ^ 日本語訳では山下肇訳の岩波文庫版『ゲーテとの対話』(1968年)などがある。
  6. ^ Chisholm 1911, p. 886.