ハノーファー空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハノーファー空港
Flughafen Hannover-Langenhagen
Hannover Airport Terminal.jpg
IATA: HAJICAO: EDDV
概要
空港種別 民間
運営者 Flughafen Hannover-Langenhagen GmbH
供給都市 ハノーファー
標高 183 ft / 56 m
座標 北緯52度27分39秒 東経09度41分06秒 / 北緯52.46083度 東経9.68500度 / 52.46083; 9.68500座標: 北緯52度27分39秒 東経09度41分06秒 / 北緯52.46083度 東経9.68500度 / 52.46083; 9.68500
ウェブサイト Flughafen Hannover-Langenhagen
滑走路
方向 全長 表面
ft m
09L/27R 12,467 3,800×45 舗装
09R/27L 7,677 2,340×45 舗装
09C/27C 2,559 780×23 舗装
出典:World Aero Data[1]

ハノーファー空港(Flughafen Hannover-Langenhagen、正式名:ハノーファー・ランゲンハーゲン空港)は、ドイツニーダーザクセン州の州都ハノーファーにある国際空港である。

概要[編集]

ハノーファーの中心部から北へ11Kmに位置している、ニーダーザクセン州ではもっとも大きな空港。2008年度の旅客数は年間約563万人で、ドイツ国内第9位。

歴史[編集]

1945年まで使用されていたエヴァースホルスト航空基地の跡地に建設された。すでに運用していたハノーファー・ファーレンヴァルト空港(Flughafen Hannover-Vahrenwald)が都市部に近すぎたため拡張できず、その代わりとなる民間空港として1950年に建設が始まった。1952年に開港し、同年からスカンジナビア航空パンアメリカン航空などが乗り入れる。1959年、1680メートルであった一本目の滑走路が、全長2340メートルにまで延長された。1963年に二番目の滑走路(780メートル)が完成する。1965年には100万人の年間利用者数を記録する。1966年に三番目の滑走路となる北滑走路が完成。1970年、年間利用者数が200万人を突破する。1971年にはジャンボジェット機ボーイング747-100)が初就航。新ターミナルビルが1973年より運用開始(旧ターミナルビルは1976年から貨物運輸専用ターミナルとして使用されている)。1990年には北滑走路が3800メートルまで延長され、大陸間旅客運輸の幅が広がる。同年、ニューヨーク便、マイアミ便などの運行が開始される。1998年にはもっとも大きなCターミナルがオープンしている。2000年、ハノーヴァー万国博覧会開催に合わせて、Sバーンが乗り入れる空港地下駅が開業した。

空港へのアクセス[編集]

30分間隔で運行されるSバーンが、空港とハノーファー中心部とを結んでいる。ハノーファー中央駅からの所要時間は18分程度。

就航航空会社(コードシェア・季節運航も含む)[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ World Aero Dataによる 空港情報 (EDDV)

外部リンク[編集]