ターキッシュ エアラインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トルコ航空から転送)
移動: 案内検索
ターキッシュ エアラインズ
Turkish Airlines
Türk Hava Yolları
IATA
TK
ICAO
THY
コールサイン
TURKISH
Turkish Airlines logo.png
設立日 1933年
ハブ空港 アタテュルク国際空港
マイレージサービス Miles & Smiles
同盟 スターアライアンス
保有機材数 200機
就航地 219都市(2013年2月 現在)
本拠地 トルコの旗 トルコ イスタンブル
外部リンク http://www.turkishairlines.com/
ターキッシュ エアラインズ航空の本部

ターキッシュ・エアラインズトルコ語: Türk Hava Yolları 略称:THY,英語: Turkish Airlines)は、トルコの国営航空会社。トルコの「フラッグ・キャリア」である。2014年2月、トルコ航空より日本語社名を変更した。

歴史[編集]

1933年にトルコ国防省の国家航空事業運営部として設立され、小型旅客機5機(合計席数28席)で首都アンカラエスキシェヒールの間の200kmを結ぶ1路線で運航を開始した。その後、公共事業省移管を経て1938年に運輸省国家航空業務局となり、1947年にはアンカラ - イスタンブル - アテネを結ぶ初の国際路線を就航、1956年3月1日に国営の特別会社となり、トルコ航空株式会社として発足した。

1985年にはニューヨークバンコクシンガポールアメリカ極東まで航空路線を延ばし、世界116都市に及ぶ国際航空ネットワークに発展した。1989年からは、日本との間に定期路線を就航。就航当初は、日本航空とのコードシェア便として、成田国際空港及び関西国際空港イスタンブル・アタテュルク国際空港を結んでいた[1]

1990年代には新型機材の導入を推し進めるなどして規模を拡大していたが、2000年代に入り、同時多発テロ、そしてイラク戦争が勃発し、同社の業績は急速に悪化した。これに伴い従業員の解雇やネットワークの縮小を強いられた。

2004年より民営化に向けた準備が進められた結果、同社の株式の50.9%は民間所有、残りが政府所有となっている[2]2006年12月9日には、イスタンブル市内にて開催されたスターアライアンス社長会にてトルコ航空のスターアライアンス加盟が承認され、2008年4月1日に正式加盟した。これと同時に、日本路線のコードシェア相手を日本航空から全日空に変更することが発表された[3]

現在は、経営基盤の安定化が一段落したこともあり、新型機材の導入や機内サービスの拡充、新規CIの導入を行うなどして、拡大路線をとるに至っている。2014年現在、就航国は105カ国に及び、これは世界最多である。

また、主にヨーロッパ圏内における知名度の向上を図るため、ヨーロッパのフットボールクラブであるマンチェスター・ユナイテッドの公式スポンサーとなっている(FCバルセロナのスポンサーをしていたこともあった)。またバスケットボールのユーロリーグの冠スポンサーのほか、2013年シーズンより、Jリーグのフットボールクラブである大宮アルディージャのオフィシャルスポンサーを、同年5月にはドイツのフットボールクラブ・ボルシア・ドルトムントとプレミアム・パートナーシップ契約を締結している[4]

2014年2月から、日本での名称を「ターキッシュ・エアラインズ」に変更した。[5]

就航路線[編集]

トルコ国内

アフリカ

アジア

ヨーロッパ

北アメリカ

南アメリカ

保有機材[編集]

エアバスA330-300
ボーイング777-300ER
ボルシア・ドルトムント塗装機
FCバルセロナ塗装機
(2010年 - 2013年)
エアバスA340-300(旧塗装)

運航機材[編集]

機材 保有数 発注数 座席数 備考
B PE E
エアバスA319-100 14 - 12 114 126
エアバスA320-200 33 2 12 141 153
エアバスA320neo 0 4 No Data 2015年以降順次導入予定
エアバスA321-200 41 29 12 176 188 2020年までに順次導入予定
エアバスA321neo 0 60 No Data 2015年以降順次導入予定
エアバスA330-200 8 - 22 228 250
エアバスA330-300 13 17 28 261 289 2016年までに順次導入予定
エアバスA340-300 7 - 34 236 270 2016年までに順次退役予定
ボーイング737-700 12 - 149 149 内、9機は子会社用機材
ボーイング737-800 71 30 12 153 165 内、13機は子会社用機材
順次退役予定
ボーイング737-900ER 10 5 16 135 151
ボーイング737 MAX 8 0 40 No Data 2016年以降順次導入予定
ボーイング737 MAX 9 0 10 No Data 2016年以降順次導入予定
ボーイング777-300ER 15 20 28 63 246 337 2017年までに順次導入予定
貨物機材
エアバスA310-300F 3 - 0
エアバスA330-200F 6 1 0
233 218
  • 2014年2月現在

備考[編集]

ボーイング777-300ER[6]は自社発注した5機目(機体番号:TC-JJE)の新造機より新塗装で納入され、それ以降はボーイング737-800を含めた新造機ならびにリース導入分を含め全て新塗装で納入されている。最初に導入した旧塗装4機のB777-300ERは、2機ずつジェットエアウェイズタイ国際航空へそれぞれ移籍した。

同社はエアバスA380ボーイング747-8インターコンチネンタルの超大型機を導入する計画があり、まず先行して2014年夏にエアバスA380をウェットリースで4機導入。イスタンブールから発着枠制限のある中国路線へ就航する計画で、供給座席数の増加を狙う[7]

同社が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)はF2で、航空機の形式名は737-8F2, 777-3F2ER などとなる。

サービス[編集]

  • 東京(成田)⇔イスタンブールのボーイング777-300ERでは、ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラスに該当する「コンフォートクラス」・エコノミークラスの3種類のクラスにて[8]、東京(成田)⇔イスタンブール、大阪⇔イスタンブールのA330ではビジネスとエコノミーの2種類にて運航されている。
  • ボーイング777-300ERで運行している路線では機内Wi-Fi接続が可能である。

トルコ航空の関わった事件[編集]

イラン・イラク戦争1985年3月12日イラク軍によるイランの首都テヘランに対する空爆が始まった。テヘランの在留外国人は空爆を避けるために国外避難を準備し始めたが、3月17日に至って、イラクのサッダーム・フセイン大統領は「3月19日20時半以降はイランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」という声明を発した。

宣言後、イランに住む外国人についてはそれぞれが国籍を置く国の軍隊、ないしは民間航空会社を使っての脱出が計られた。しかし、当時日本では自衛隊の海外での活動は禁止されていた。また過去にテヘランに寄港していた日本航空は当時既にテヘランへの寄港を停止していたため、日本政府は現地との調整に手間取り、日本航空チャーター機の派遣も会社、労働組合ともに反対であったこと、前記期日までの脱出が困難であることを理由に実現しなかった。そのため、在イラン日本人200名以上は脱出方法が見つからずに生命の危機に瀕していた。

イランの日本大使館の野村豊大使は、トルコ大使館のビルレル大使に窮状を訴えると大使は「わかりました。ただちに本国に求め、救援機を派遣させましょう。トルコ人ならだれもが、エルトゥールル号の遭難の際に受けた恩義を知っています。ご恩返しをさせていただきましょうとも」と答え、大使の要請を受けて2機のトルコ航空機がテヘランへ派遣された[9]。2機のトルコ航空機が215人の在留邦人を乗せてイラン国境を越えてトルコ領空に入ったのはタイムリミット直前のことであった。 尚、この時の航空機の第一機長オルハン・スヨルジュ(-2013年2月24日)と妻のヘルガ・スヨルジュが和歌山県串本町樫野のトルコ軍艦エルトゥールル号遭難慰霊碑への献花のため2011年3月27日に来日している。

この事件はのちにインターネット上の電子掲示板メールマガジンを通じて親日国トルコのイメージを広めることに貢献し、テレビでもTBSのクイズ番組「日立 世界・ふしぎ発見!」、フジテレビのバラエティ番組「奇跡体験!アンビリバボー」や、2004年にはNHKのドキュメント番組「プロジェクトX」でも取り上げられた。

  • 実際は「伊藤忠」のイスタンブル支店関係者、在テヘラン日本大使館からのトルコ政府への救援要請に対し、トルコ側が了承し、トルコ航空機の派遣を決定した。なお、この事件に関するシンポジウムが2007年10月28日、東京都三鷹市の中近東文化センターにて、当該トルコ航空機の元機長オルハン・スヨルジュ、元キャビン・アテンダント、野村元駐イラン日本大使、森永堯元伊藤忠商事イスタンブル支店長ら当時の関係者出席の上、行われている。

この救出の後、1999年にトルコ大地震が発生したが、その際この救出された邦人の一部が義捐金を募りトルコに贈った。

また、湾岸戦争勃発1ヶ月前の1990年12月に、当時国会議員だったアントニオ猪木が自らイラクに赴いて平和を訴えるイベントを行い、サッダーム・フセイン政権によってイラクからの出国を差し止められ事実上の人質として抑留されていた在留日本人の解放を果たしたとき、チャーター便を出してこれを助けたのもトルコ航空であった。

事故[編集]

他航空会社パイロット[編集]

同社では、これからも事業を拡大する予定であるためパイロットが今まで以上必要になる。 この事から、同社では世界の他の航空会社(倒産などの理由で)を解雇されたパイロットなどを積極的に採用している。 2010年に会社更生法を適用して事実上倒産した日本航空グループが700人近いパイロットの整理解雇をした。同社でも元・日本航空グループのパイロットの採用にも積極的である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 関西国際空港発着便は、2003年12月から2006年5月まで運休していた。
  2. ^ スターアライアンス公式サイトより「トルコ航空」
  3. ^ ANAとのコードシェア便スタート(トルコ航空プレスリリース)
  4. ^ Turkish Airlines launches a Premium Partnership with Germany's Borussia Dortmund(トルコ航空 2013年5月25日)
  5. ^ トルコ航空、「ターキッシュ・エアラインズ」に変更
  6. ^ トルコ航空、14機の新機材導入、成田線はB777-300ERに−ネットワークも拡大
  7. ^ THY is about to wet lease 4 A380 2014/02/18/ 18:10:14
  8. ^ [1] コンフォートクラス導入対象路線は、イスタンブール⇔東京(成田)線の他、トロント、ニューヨーク、サンパウロ、北京、広州、上海、香港となっている。
  9. ^ トルコの時代(2003年日本におけるトルコ年公式サイト)より
  10. ^ トルコ航空は木村沙織のオフィシャル・エア ライン・パートナーに(トルコ航空 2013年3月12日)

外部リンク[編集]