アテネ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アテネ国際空港
"エレフテリオス・ヴェニゼロス"
Διεθνής Αερολιμένας Αθηνών

"Ελευθέριος Βενιζέλος"
Athens International Airport

"Elefthérios Venizélos"

ATHGeneralMapmap.png
IATA:ATH-ICAO:LGAV
概要
国・地域 ギリシャの旗 ギリシャ
設置場所 アテネ
空港種別 公共
運営者 Διεθνής Αερολιμένας Αθηνών Α.Ε.
標高 94 m・308 ft
位置 北緯37度56分10.89秒
東経23度56分40.08秒
座標: 北緯37度56分10.89秒 東経23度56分40.08秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
03R/21L YES 4,000×45 舗装
03L/21R YES 3,800×45 舗装
リスト
空港の一覧
ターミナルビル内のチェックインカウンター
離陸期の中から撮影したターミナルビル
着陸するオリンピック航空のエアバスA320

アテネ国際空港(アテネこくさいくうこう、ギリシア語: Διεθνής Αερολιμένας Αθηνών / Diethnís Aeroliménas Athinón)は、ギリシャの首都アテネの郊外にある国際空港。エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港(Διεθνής Αερολιμένας Ελευθέριος Βενιζέλος / Diethnís Aeroliménas Elevthérios Venizélos)とも呼ばれる。

概要[編集]

アテネから東へ約20kmの距離にある、東アッティカ県のスパタ (Spataに所在する空港である。

航空会社が支払う空港使用料が世界で3番目に高い空港である[1]

エレフテリオス・ヴェニゼロスは、20世紀前半の首相の名前である。空港の正式名称は、地名と人名を併記した Διεθνής Αερολιμένας Αθηνών «Ελευθέριος Βενιζέλος» である。

歴史[編集]

2004年アテネオリンピック開催に向けて建設されたもので、2001年3月に供用が開始された。

もともと海岸沿いにあった旧アテネ国際空港(Ellinikon International Airport)は廃止された。なお、旧アテネ国際空港の一部は、アテネオリンピックの会場となった。

拠点・焦点都市としている航空会社[編集]

ギリシャのフラッグキャリアであるオリンピック航空およびエーゲ航空の本拠地である。

就航路線[編集]

欧州各国はもとより世界各国への便がある。また、エーゲ海の島々を結ぶ交通の要所でもある。

就航航空会社一覧

脚注[編集]

  1. ^ 成田国際空港 グリーンポートレポート 2007年8月号8ページ(PDFファイル)

外部リンク[編集]