KLMオランダ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KLMオランダ航空
Koninklijke Luchtvaart Maatschappij
KLM logo.svg
IATA
KL
ICAO
KLM
コールサイン
KLM
設立 1919年
ハブ空港 スキポール空港
マイレージサービス Flying Blue
会員ラウンジ KLM Crown Lounge
航空連合 スカイチーム
保有機材数 107機
就航地 250都市
親会社 エールフランス‐KLM
本拠地 オランダの旗オランダ王国アムステルフェーン
代表者 Pieter Elbers (CEO)
Erik Swelheim (CFO)
外部リンク http://www.klm.co.jp
KLMオランダ航空の本部

KLMオランダ航空(ケイエルエムオランダこうくう、オランダ語: Koninklijke Luchtvaart Maatschappij英語: KLM Royal Dutch Airlines)は、オランダにおけるエールフランス‐KLM傘下の航空運航組織。オランダのいわゆるフラッグ・キャリアである。

概要[編集]

第一次世界大戦後の1919年10月7日にアルベルト・プレスマンが、オランダ政府やウィルヘルミナ女王の援助を得て創設した。創設時と同じ名称で現存する、世界で最も古い航空会社の流れをくむ組織で、アムステルダムスキポール空港を拠点とし、ヨーロッパの諸都市への航空網を持つ[1]

第二次世界大戦以前は、フォッカーとの連携、DC-2の早期注文など新機材を積極導入した。路線では、植民地であったインドネシアへの長距離線(当時の世界最長路線)、カリブ海にあるオランダ領アンティルを現在も運航するなど、かつては海洋王国として君臨したオランダの植民地への運送手段として拡張を続けたが第二次世界大戦ですべての機材を失う。しかし、アメリカの援助も得て、1951年にはオーストラリアを除くすべての大陸に航空網を展開、12月には日本にも乗り入れる。2004年フランスエールフランス持株会社エールフランス‐KLM)方式で経営統合をする。1つのグループとしてネットワークを活かしながら、それぞれ独自のサービスとブランドを展開している。

「KLM」とはオランダ語の「Koninklijke Luchtvaart Maatschappij(K…コーニンクルッケ・L…ルフトファールト・M…マーツハッペイ、王立航空会社)」の頭文字である。

なお、第二次世界大戦前にオランダが植民地として支配していたオランダ領東インドで設立されたオランダ領インド航空(Koninklijke Nederlandsch-Indische Luchtvaart Maatschappij、KNILM)とは資本関係にない。

現在[編集]

経営はエールフランス‐KLMで完全統合されているが、国際航空では、国間の航空権益があるため現存させている組織である(エールフランスも同様にエールフランス‐KLM傘下の運航会社である)。成田空港と関西空港から毎日、福岡空港から週4便運航している。

Flying Blue/フライング・ブルー[編集]

エールフランス航空とKLMオランダ航空共通のマイレージプログラムである。2005年6月6日よりサービスが開始された。

エールフランス航空、KLMオランダ航空をはじめ、スカイチーム便、提携航空会社やホテル、レンタカー、クレジットカードなどの提携130社以上でマイルの獲得や特典を利用できる。また、獲得したマイルをほかのどの会員にも譲渡できる。さらに同社便・提携会社便の利用回数・距離に応じてアイボリー、シルバー、ゴールド、プラチナの4つの会員となるエリート会員制度を持つ。

就航都市[編集]

日本路線[編集]

  • 成田国際空港(第1ターミナル 北ウイング) ボーイング747-400型機[2]
  • 関西国際空港(チェックインカウンター : 北ウイング、使用ゲート : 南ウイング) ボーイング777-200ER型機 又は ボーイング777-300ER型機[3]
  • 福岡空港(週4便 月・火・木・土) ボーイング777-200ER型機[4][5]

東京/成田と大阪/関西から毎日、福岡から月・火・木・土にそれぞれ運航しており、アムステルダムから乗り継いだその日のうちにヨーロッパの60都市以上に到着できる。かつては、札幌/新千歳経由名古屋/小牧線も就航していた。

営業事務所はエールフランス-KLMで同一地点に所在しており、東京都と大阪市にある。日本路線には常に日本人CAが3名から4名乗務している。

機内サービス[編集]

長距離路線ではビジネスクラス「ワールドビジネスクラス」、エコノミークラスの2クラス制。ヨーロッパ域内路線ではビジネスクラス「ヨーロッパビジネスクラス」とエコノミークラスの2クラス制をとる。全機種のエコノミークラスには、足元の広い「エコノミー・コンフォートゾーン」が搭載されている。

日本路線の機内食の特徴として、ホテルオークラ・アムステルダムの和食を搭乗クラスに関係なく提供し、日本人旅客へのサービスを図っていることがある。

  • KLMオリジナルギフト(ワールドビジネスクラスのみで提供)・・・オランダ伝統の陶器、デルフト・ブルーの「ミニチュアハウス」40年以上続く人気のプレゼントで、中にはジュネ-バ・ジンが入っている。陶器は現在88種類で、毎年1-2種が新規追加されている。
  • エンターテインメント・・・ボーイング777型機では各座席にスクリーンが設置されており、映画やニュース番組のほか、音楽プログラムがある。また、ボーイング777-300ERの一部機体では機内無線LANWi-Fi)サービスを開始している。
  • 機内雑誌・機内販売 ・・・ 機内誌は日本語版のEUROSKYとHolland Herald。また、アクセサリー、香水、化粧品などの免税品をはじめ、メンズ向けのグッズなども機内で注文した商品を自宅へ配送するホームデリバリーサービスを提供する。
  • アメネティキット(ワールドビジネスクラスのみ)・・・アメネティキットには洗顔用具、機内用靴下、アイマスクが入っている。スリッパも機内でもらえる。

空港でのサービス[編集]

Schipol airport.JPG

KLMのハブ空港であるアムステルダム・スキポール空港は、乗り継ぎの簡単さ(ワンターミナルコンセプト)を重視しており、過去にベストエアポートとしての受賞歴もある。日本からスルーチェックインを済ませた客が、フライトの待ち時間にオランダへの一時観光入国をできるようにもなっている。

スキポール空港のクラウン・ラウンジは近年リニューアルされた。

保有機材[編集]

ボーイング747-400M型機
ボーイング 777-200ER型機
ボーイング 777-300ER型機(SKYTEAM塗装)
マクドネル・ダグラスMD-11型機
KLM Boeing 737-400

KLMオランダ航空の機材は以下の航空機で構成される。 (2014年11月現在):

KLMでは、エールフランスとの統合を機にエアバス機を初めて導入したり、ボーイング777-300ERを発注するなど最新鋭機への更新を進めていて、ボーイング777-300ERの一部機体では機内Wi-Fiサービスを導入している。最新鋭機への更新に伴い、MD-11型機については2014年11月1日をもって全機退役[6]

また、747-400型機は2013年からビジネスクラスにフルフラットシートを更新導入しているが、順次退役・売却も計画されていてこの代替目的にエールフランスと共同でボーイング787-9を25機確定発注(+オプション25機)、またエアバスA350-900を25機確定発注(オプション35機)、合計110機を発注し、2016年以降KLMのボーイング787-9初号機が引き渡され、有償飛行を開始する予定である。

2014年12月に重整備を受けたB737-800の2機(PH-BXW、PH-BXZ)から、現行の塗装を一部流線型とした新塗装となり、保有機材を含めて今後は順次施工していく。2015年以降導入のB777-300ERとB787-9は最初から新塗装での納入となる[7]

なお、KLMオランダ航空が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は06及びK2で、航空機の形式名は737-8K2、747-206、 747-406、 777-206ERなどとなる。

その他[編集]

  • KLMオランダ航空のウェブサイト(http://www.klm.co.jp) で販売するKLM便エコノミークラス航空券の最安値サービス、ベストプライスギャランティー、というものもある。
  • 日本では、かつてフジテレビオールスター家族対抗歌合戦」(バンコク旅行、ヨーロッパ周遊旅行)、フジテレビ「オリンピックショウ 地上最大のクイズ」の後期版「ジェットショー 地上最大のクイズ」(世界一周旅行)、フジテレビ「象印スター対抗大乱戦」(バンコク旅行)、テレビ朝日象印歌のタイトルマッチ」、「象印スターものまね大合戦」(ヨーロッパ周遊旅行)の優勝賞品の海外旅行に協賛していたことでも知られる。
  • フジテレビ世界名作劇場牧場の少女カトリ」や「トラップ一家物語」の製作にも協力していて、ヨーロッパの風景を忠実に再現していた。最後のタイトル・クレジットにも「協力・KLMオランダ航空」と出ていた。これはエンディングに5秒間、社名を表示させる事でロケスタッフの往復飛行機代金を負担していたものである。
  • 松竹映画の「男はつらいよ」シリーズ、「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」にも協賛会社としてクレジットされている。この映画が撮影された時にはまだ日本-ウィーンの直行便がなく、映画ではKLMオランダ航空によるアムステルダムスキポール国際空港乗り継ぎによるウィーンへの旅程となった。映画の中でもスキポール国際空港から柴又の実家へ電話をかけるシーン、KLM機内でのシーン、スキポール国際空港を離陸するKLM機のシーンが見られる。オーストリア航空全日本空輸アエロフロート共同運航による成田-ウィーン便ができたのは映画が公開される1ヶ月前の1989年7月16日のことである。
  • マイレージサービス Flying Blue が導入される以前は、独自に Flying Dutchman (フライング・ダッチマン)という名称で実施していた。これは、あまりにも海への畏れを知らぬ態度故に神の怒りを買い、最後の審判の日まで幽霊船でさまよう宿命を与えられた船長にまつわる伝承に由来する。ただし、日本を含む東アジアでは代わりにノースウエスト航空の「ワールドパークス」が会員を募集することとされていたため、日本人は原則として入会できなかった。
  • KLMオランダ航空には傘下にKLM asiaというかつての日本アジア航空に似た会社が存在する。これは台湾及び中国双方に路線を持つことに対する政府圧力が背景にあったからである。これと同じくしてヨーロッパ各国のフラッグキャリアはアジアという名称を付けるなどして別会社の設立や別会社を装った便名で運航していたが直接運航の認可によりすべて消滅、ただしKLM asiaのみKL便として現在も運航している。
  • オランダ航空はオランダ王室のメンバーも専用機として使用するが、現国王のウィレム=アレクサンダーは皇太子時代に家族の乗ったKLM機をしばしば操縦していた。 国王は旅客機用の操縦士免許を所有しており、これの維持には定期的な操縦経歴が必要なためである[8]

脚注[編集]

  1. ^ 2番目に古い航空会社はコロンビアアビアンカ航空(1919年12月設立)、3番目に古い航空会社はオーストラリアカンタス航空(1920年設立)となっている
  2. ^ KL864便 (火、金、土、日)の運航は、ボーイング777-200ER型機。
  3. ^ 夏ダイヤではB777-300ER、冬ダイヤではB777-200ERが中心となる。
  4. ^ KLMオランダ航空、2014年5月末に福岡/アムステルダム線を増便 FlyTeam 2013年10月17日付
  5. ^ KLMオランダ航空、2014年3月末に福岡線を増便 正式発表 FlyTeam 2013年10月22日付
  6. ^ KLMオランダ航空、MD-11退役 旅客機は姿を消す
  7. ^ First Boeing 737 in new livery Amstelveen, 04 December 2014
  8. ^ "Who is Prince Willem-Alexander?" FAQ - Dutch royalty (Radio Netherlands Worldwide. Retrieved 28 January 2013.)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]