中国国際航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国国際航空
中国国际航空
Air China
IATA
CA
ICAO
CCA
コールサイン
Air China
設立日 1988年
ハブ空港 北京首都国際空港
成都双流国際空港
焦点空港 上海浦東国際空港
上海虹橋国際空港
重慶江北国際空港
杭州蕭山国際空港
天津濱海国際空港
貴陽龍洞堡国際空港
武漢天河国際空港
マイレージサービス 鳳凰知音(フェニックスマイル)
会員ラウンジ VIP Lounge
同盟 スターアライアンス
保有機材数 310機
就航地 186都市 
本拠地 中華人民共和国北京市
中國國際航空股份有限公司
Air China Ltd
AirChinaBuildingShunyi1.JPG
本社ビル
種類 株式会社
市場情報
SEHK 00753 2004年12月15日上場
SSE 601111
略称 中国国航
本店所在地 中華人民共和国の旗 中国
設立 1988年
業種 空運業
事業内容 航空運送事業
旅行事業
代表者 王昌順 (社長)
蔡劍江 (CEO)
資本金 12億89百万人民元
売上高 933億43百万人民元
総資産 1,758億50百万人民元(2011年12月期)
決算期 12月末日
主要株主 中国航空集團公司 39.76%
キャセイパシフィック航空 19.53%
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

中国国際航空(ちゅうごくこくさいこうくう、中国語: 中国国际航空股份有限公司英語: Air China)は、中華人民共和国航空会社ナショナル・フラッグ・キャリア。中国語での略称は国航(グゥオハン)。

沿革[編集]

出資・提携[編集]

2006年にはキャセイパシフィック航空中国国際航空の間で相互間の資本関係が発表され、10.2%の出資をした。また、子会社である中国航空集団も7.3%の出資をしている。

サービス[編集]

北京もしくは上海から欧米・オーストラリア線への長距離路線では、ファーストクラスビジネスクラスエコノミークラスの3クラス制で[1]、それ以外の近・中距離路線ではビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制で構成されている。なお、長距離路線に使用している機材については、最新の機内エンターテイメントシステムや電源コンセントが搭載されている。

機内食は中国料理が中心で、夕食を提供する便のみ特別食の事前予約も可能である。

尾翼章[編集]

中国国際航空の機体の尾翼には、同社のロゴマークである、「VIP」の文字を組み合わせた赤い不死鳥(鳳凰)が描かれている。「VIP」は、中国国際航空の旅客に対する姿勢を表している。

就航都市[編集]

保有機材[編集]

中国国際航空発足当初は、中国民航から引き継いだ旧ソ連など共産圏製の機体が多かったが、現在は、ボーイングエアバスが保有機体の多くを占める。機体の基本デザインは中国民航時代からあまり変化していない。

現在[編集]

エアバスA321-200
ボーイング737-800(特別塗装機 鳳凰)
ボーイング747-400
ボーイング777-300ER
機材 保有数 発注数 座席数 備考
F C W Y
エアバスA319-100 30 - 8 120 128
エアバスA320-200 34 24 8 150 158
エアバスA320neo 0 33 No Data
エアバスA321-200 44 15 16 161 177
エアバスA330-200 30 - 30 207 237
エアバスA330-300 15 9 30 16 255 301
エアバスA350-900 0 10 No Data
ボーイング737-700 21 - 8 120 128
ボーイング737-800 94 22 12 147 159
ボーイング747-400 3 - 10 42 292 344 順次退役予定
ボーイング747-8IC 0 7 27 425 467 2014年以降順次導入予定
ボーイング777-200 10 - 30 63 217 310 順次退役予定
ボーイング777-300ER 19 1 8 42 261 311
ボーイング787-9 0 15 No Data 2015年以降順次導入予定
COMAC C919 0 20 No Data
309 156
  • 2014年7月現在[2]

過去[編集]

中国国際航空(エアチャイナ)が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)はJ6と9Lで、航空機の形式名は747-4J6, 767-3J6, 777-2J6,777-39LER などとなる。

マイレージ[編集]

マイレージサービスは鳳凰知音(フェニックスマイル)。 中国国際航空のグループ会社の深圳航空山東航空北京航空大連航空チベット航空もフェニックスマイルでのサービスが受けられる。将来、マカオ航空もフェニックスマイルに名称変更予定である。 また、スターアライアンス加盟各社の他、下記の航空会社とも提携している。

公務[編集]

中国国際航空東京事務所(虎ノ門)

国家主席、中国政府要人が外遊、地方視察の際に使用する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]