スターアライアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スターアライアンス
Star Alliance
設立日 1997年5月14日
加盟数 議決権 27社[1]
無議決権 0社
未決定 0社
就航地 空港 1,329ヶ所[1]
194ヶ国[1]
年間旅客数 6億7058万人[1]
保有機材数 4,570機[1]
公式サイト staralliance.com

スターアライアンス (: Star Alliance) は、1997年5月14日に設立された、世界初で世界最大の航空連合である。その加盟会社による就航国は190ヶ国余り、1,300以上の空港に達し、1日当たりの便数は21,000便を超える。アライアンス・スローガンは「The Way The Earth Connects」。

概要[編集]

スターアライアンスメンバーが就航する代表的な空港としてドイツフランクフルト国際空港があげられる。本部機能をつかさどる現地法人スターアライアンスサービス会社 (Star Alliance GmbH) はフランクフルト国際空港第1ターミナルに隣接するフランクフルトエアポートセンターに本拠地を置いている。サービス会社の役割はスターアライアンス加盟各社のコーディネートやサポートを担うことで、意思決定の権限は有していない[2]

ユナイテッド航空ボーイング737-700型機のスターアライアンス塗装(元コンチネンタル航空機材)
メキシカーナ航空 エアバスA320型機のスターアライアンス塗装(2003年に撮影)
全日本空輸 ボーイング777-200型機のスターアライアンス塗装
スパンエアー エアバスA320型機のスターアライアンス塗装

歴史[編集]

加盟航空会社[編集]

スターアライアンスは、2004年度より加盟会社をメンバーとリージョナル・メンバーに分けていたが、2009年9月頃リージョナル・メンバーを廃止した。

メンバー[編集]

メンバーは所定の要件を満たした会社で、アライアンス社長会での議決権を持つ。また、メンバーの子会社も任意でメンバーの一部として扱うことができる。[13]

メンバーはサイトおよび各種印刷物などに"A STAR ALLIANCE MEMBER"と記載している。

加盟航空会社 国籍 加盟年 加盟子会社 非加盟子会社
ユナイテッド航空1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1997
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・エキスプレス として運行
アメリカ合衆国の旗 Cape Air

アメリカ合衆国の旗 Chautauqua Airlines
アメリカ合衆国の旗 コルガン・エア
アメリカ合衆国の旗 CommutAir
アメリカ合衆国の旗 ExpressJet Airlines
アメリカ合衆国の旗 GoJet Airlines
アメリカ合衆国の旗 メサ航空
アメリカ合衆国の旗 シャトル・アメリカ
アメリカ合衆国の旗 Silver Airways
アメリカ合衆国の旗 SkyWest Airlines
アメリカ合衆国の旗 トランス・ステイツ航空

-
ルフトハンザドイツ航空1 ドイツの旗 ドイツ
1997
イタリアの旗 ルフトハンザ・イタリア
ドイツの旗 en:Lufthansa Regional として運行
イタリアの旗 エア・ドロミティ
ドイツの旗 en:Augsburg Airways
ドイツの旗 en:Contact Air
ドイツの旗 ユーロウイングス
ドイツの旗 ルフトハンザ・シティーライン
ドイツの旗 ジャーマンウイングス
トルコの旗 en:SunExpress
エア・カナダ1 カナダの旗 カナダ
1997
カナダの旗 エア・カナダJazz
カナダの旗 en:Air Canada Jetz
カナダの旗 en:Air Georgian
-
スカンジナビア航空1 デンマークの旗 デンマーク
ノルウェーの旗 ノルウェー
スウェーデンの旗 スウェーデン
1997
フィンランドの旗 Blue1 ノルウェーの旗 ヴィデロー航空
エストニアの旗 エストニアン・エア
タイ国際航空1 タイ王国の旗 タイ
1997
タイ王国の旗 タイ・スマイル タイ王国の旗 ノックエア
ニュージーランド航空 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
1999
ニュージーランドの旗 en:Air New Zealand Link として運行
ニュージーランドの旗 en:Air Nelson
ニュージーランドの旗 en:Eagle Airways
ニュージーランドの旗 マウントクック航空
-
全日本空輸 日本の旗 日本
1999
日本の旗 ANAウイングス
日本の旗 エアージャパン
日本の旗 バニラ・エア
シンガポール航空 シンガポールの旗 シンガポール
2000
- シンガポールの旗 シルクエアー
シンガポールの旗 シンガポール航空カーゴ
シンガポールの旗 タイガーエア
オーストラリアの旗 タイガーエア・オーストラリア
シンガポールの旗 スクート
オーストリア航空 オーストリアの旗 オーストリア
2000
オーストリアの旗 オーストリアン・アローズ
オーストリアの旗 ラウダ航空
-
アシアナ航空 韓国の旗 韓国
2003
- 大韓民国の旗 エアプサン
LOTポーランド航空 ポーランドの旗 ポーランド
2003
ポーランドの旗 ユーロLOT ポーランドの旗 en:LOT Charters
アドリア航空 スロベニアの旗 スロベニア
2004
- -
クロアチア航空 クロアチアの旗 クロアチア
2004
-
TAP ポルトガル航空 ポルトガルの旗 ポルトガル
2005
ポルトガルの旗 ポルトガリア航空
ポルトガルの旗 en:PGA Express
-
南アフリカ航空 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
2006
南アフリカ共和国の旗 en:Airlink
南アフリカ共和国の旗 en:South African Express
南アフリカ共和国の旗 Mango
コンゴ民主共和国の旗 en:Congo Express
スイスインターナショナルエアラインズ スイスの旗 スイス
2006
スイスの旗 スイスヨーロピアンエアラインズ スイスの旗 エーデルワイス航空
スイスの旗 en:Swiss Private Aviation
中国国際航空 中華人民共和国の旗 中国
2007
- 中華人民共和国の旗 山東航空
中華人民共和国の旗 大連航空
マカオの旗 マカオ航空
ターキッシュ エアラインズ トルコの旗 トルコ
2008
- トルコの旗 en:Anadolu Jet
トルコの旗 en:SunExpress
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 B&H航空
エジプト航空 エジプトの旗 エジプト
2008
エジプトの旗 エジプト航空エクスプレス エジプトの旗 カイロ航空
エジプトの旗 エアシナイ
ブリュッセル航空 ベルギーの旗 ベルギー
2009
- コンゴ民主共和国の旗 en:Korongo
エーゲ航空 ギリシャの旗 ギリシャ
2010
- ギリシャの旗 オリンピック航空
エチオピア航空 エチオピアの旗 エチオピア
2011
- トーゴの旗ASKY航空
アビアンカ航空 コロンビアの旗 コロンビア
2012
ブラジルの旗 アビアンカ・ブラジル航空
  (2014年中加盟予定)

エクアドルの旗 アビアンカ・エクアドル航空
コロンビアの旗 Helicol
コロンビアの旗 Tampa Cargo

TACA航空 エルサルバドルの旗 エルサルバドル
2012
エルサルバドルの旗 TACAリージョナルとして運航

ニカラグアの旗La Costeña
コスタリカの旗 ラクサ航空
ペルーの旗 TACAペルー航空

-
コパ航空 パナマの旗 パナマ
2012
コロンビアの旗 コパ航空コロンビア
深圳航空2 中華人民共和国の旗 中国
2012
エバー航空 中華民国の旗 中華民国台湾
2013
中華民国の旗 立栄航空
エア・インディア インドの旗 インド
2014
インドの旗 エア・インディア・エクスプレス

1 創立時のメンバー
2 メンバーである中国国際航空の関連会社であるが、独自に加盟。

リージョナル・メンバー[編集]

かつて存在していたリージョナル・メンバーは議決権を持たず、また加盟資格の1つとしてメンバー1社の後援を受けることとしていた。アドリア航空とクロアチア航空はルフトハンザドイツ航空の支援を、Blue1は親会社であるスカンジナビア航空の支援を受けていが、2009年9月頃、リージョナル・メンバー3社を正規メンバーに昇格させるとともにリージョナル・メンバーを廃止した。

リージョナル・メンバーは"A REGIONAL STAR ALLIANCE MEMBER"という表記を各種印刷物やwebサイトなどに加えていた。

加盟予定航空会社[編集]

加盟が保留されている航空会社[編集]

  • ギリシャの旗 ギリシャ オリンピック航空 - エーゲ航空と合併し、オリンピック航空として加盟予定であったが、欧州委員会により合併が認められず[14]、加入の見通しは立っていなかった。しかし、2013年10月23日に大株主だった Marfin Investment Group Holdings S.A がエーゲ航空へ売却[15]したため、当社はエーゲ航空の加盟子会社となる可能性がある。

元加盟航空会社[編集]

航空会社 加盟した年 脱会した年 脱会理由 子会社
アンセット・オーストラリア航空 オーストラリアの旗 オーストラリア
1999
2001
倒産
メキシカーナ航空 メキシコの旗 メキシコ
2000
2004
ワンワールド加盟
ヴァリグ・ブラジル航空 ブラジルの旗 ブラジル
1997
2007
破産して国際路線網を縮小し、メンバーとしての基準を満たせず
上海航空 中華人民共和国の旗 中国
2007
2010
親会社の中国東方航空のスカイチームへの加盟調印を受け、自らも中国東方航空のアフィリエイトとしてスカイチームに移籍準備[16]
コンチネンタル航空 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2009
2011
ユナイテッド航空との対等合併 アメリカ合衆国の旗 コンチネンタル・コネクション として運行
アメリカ合衆国の旗 ケープエアー
アメリカ合衆国の旗 コルガン・エア
アメリカ合衆国の旗 en:CommutAir
アメリカ合衆国の旗 ガルフストリーム航空
アメリカ合衆国の旗 コンチネンタル・エキスプレス として運行
アメリカ合衆国の旗 en:Chautauqua Airlines
アメリカ合衆国の旗 en:ExpressJet Airlines
スパンエアー スペインの旗 スペイン
2003
2012
倒産 -
bmi イギリスの旗 イギリス
2000
2012
ワンワールドメンバーであるブリティッシュ・エアウェイズの親会社・IAGへの売却及びBAへの統合 イギリスの旗 en:BMI Regional
Blue1 フィンランドの旗 フィンランド
2004
2012
親会社であるスカンジナビア航空の運航会社への改組に伴い。脱退後は同社のアフィリエイトメンバーとして同社便の共同引受運航を行う。 -
USエアウェイズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2004
2014
ワンワールドメンバーであるアメリカン航空との合併 アメリカ合衆国の旗 USエアウェイズ・エキスプレス として運行
アメリカ合衆国の旗 en:Air Wisconsin
アメリカ合衆国の旗 en:Chautauqua Airlines
アメリカ合衆国の旗 コルガン・エア
アメリカ合衆国の旗 メサ航空
アメリカ合衆国の旗 ピードモント航空
アメリカ合衆国の旗 en:PSA Airlines
アメリカ合衆国の旗 en:Republic Airlines
アメリカ合衆国の旗 トランス・ステイツ航空
アメリカ合衆国の旗 en:US Airways Shuttle
TAM航空 ブラジルの旗 ブラジル
2010
2014
ワンワールドメンバーであるラン航空との合併 ブラジルの旗 en:Brazil Pantanal Linhas Aéreas
パラグアイの旗 en:Paraguay TAM Airlines (Paraguay) ブラジルの旗 en:Brazil TAM Cargo
ブラジルの旗 en:Brazil TAM Executive Aviatio

特徴[編集]

現在世界的な航空連合には、スターアライアンスの他にワンワールドスカイチームがあるが、これらと比較して最も加盟航空会社が多い(27社)事がスターアライアンスの最大の特徴である。

アジアでは計8社が加盟しており、ワンワールド(5社)、スカイチーム(6社)に比べ、東アジア、東南アジアの路線網が充実している。特に日・中・韓・台の全ての会社が1社以上加盟するのはスターアライアンスのみである。また2014年7月にエア・インディアが加盟し、南アジアでのネットワークが拡大した。2014年7月時点でインドの航空会社が加盟している航空連合は、スターアライアンスだけである。一方、西~中央アジア方面はターキッシュ エアラインズ[17]がカバーするものの、中東・ロシアに加盟会社が無いためにCIS諸国・中東エリアでは他2グループの後塵を拝しており、ネットワークの充実が課題である。

ヨーロッパでは設立当初からルフトハンザドイツ航空スカンジナビア航空が参加している。後にオーストリア航空等数多くの航空会社の参加が続いているが、参加航空会社の内、オーストリア航空LOTポーランド航空などの数社はそれまで自社で運営してきたプログラムを停止し、ルフトハンザドイツ航空の「Miles & More」への乗り換えを行った上で参加している。この他にもスイスインターナショナルエアラインズブリュッセル航空など、元クオリフライヤー加盟会社がルフトハンザの傘下となる形で加盟することが多い。中欧のドイツ語圏、北欧・南欧・西欧の航空会社が満遍なく加盟しているため、エールフランスKLMオランダ航空アリタリア-イタリア航空アエロフロート・ロシア航空を中心とするスカイチームや、ブリティッシュ・エアウェイズイベリア航空フィンランド航空を擁するワンワールドと比肩するネットワークを有している。他社に対する弱点としては、特にスカイチームに差をつけられている東欧・CIS諸国における路線網と言える。

北米では、他の2つのアライアンスにはないカナダの大手航空会社であるエア・カナダが加盟していることが強みである。2000年に、当時ワンワールドに加盟していたカナダ2位のカナディアン航空が倒産、エア・カナダが吸収合併したことでカナダ国内での圧倒的なネットワークを手に入れた。また、2009年10月にはスカイチームからコンチネンタル航空が移籍(後にユナイテッド航空と合併)したことにより、更にその利便性が高まった。北米大手2社にカナダ1社を抱え他連合と比べても抜きん出たネットワーク規模を誇っていたが、USエアウェイズアメリカン航空と合併することで脱退することとなり、アメリカ国内においては規模は2位に落ちた。

中米及びカリブ海地域では、2004年にメキシカーナ航空が脱退した(その後、2009年にワンワールドへ加盟、2010年運行停止)が、アビアンカ航空、タカ航空、コパ航空が加盟しており高い利便性を有している。

南米では当時最大の航空会社であったヴァリグ・ブラジル航空が破産し脱退したため、本拠地を置く航空会社を持たない状況が続いていた。しかし、2010年5月13日に現在ブラジル最大の航空会社であるTAM航空が加盟し、さらに2012年にアビアンカ航空、タカ航空が加盟したことにより南米のネットワークが拡大した。ところがTAM航空はワンワールド所属のラン航空に経営統合された関係で2014年に脱退する事となり、再びブラジルを拠点とする航空会社が不在となる事態となった。このため、2014年以降はアビアンカの子会社であるアビアンカ・ブラジル航空を加盟させ、同社を成長させることでネットワークの補填を行う予定である。

アフリカでは、南アフリカ航空エジプト航空エチオピア航空が加盟しており、広範囲のネットワークを形成している。南北アフリカに世界規模の大手航空会社を2つ以上抱えるのはスターアライアンスのみであり、ことにブリティッシュ・エアウェイズの旧植民地路線に頼るワンワールドとの差は大きく、隣接する中東エリアでの弱点を補う形となっている。

オセアニアに関しては、アンセット・オーストラリア航空の経営破綻後は加盟航空会社がニュージーランド航空だけとなっており、カンタス航空を擁するワンワールドの後塵を拝している。ただし現時点では全く加盟会社の無いスカイチームよりは有利とも言える。

スターアライアンス・ラウンジ[編集]

スターアライアンス加盟各社の共用ラウンジで、上級会員並びにファーストクラスビジネスクラスの乗客が利用可能。スイスのチューリッヒ空港を皮切りに、名古屋の中部国際空港ロサンゼルス国際空港、パリのシャルル・ド・ゴール国際空港の4空港に設置されている。加盟航空会社の国を代表する料理や各国のワイン、シャンパン、ビールなどを提供している。

ターミナルの再配置[編集]

成田空港第1ターミナル南ウイング

スターアライアンスの重要な戦略として加盟航空会社が1つのターミナルに集結するプロジェクト〜Move under one Roof〜(ひとつ屋根の下に集結)が挙げられる。アライアンス加盟各社のターミナル機能を共用化する事によって乗継時間の短縮や利便性の大幅な向上がなされ、アライアンス機能を更に発揮出来るようになる。日本では成田国際空港第1旅客ターミナル南ウイングに2006年6月2日から全日本空輸を中心にニュージーランド航空を除く成田に就航する加盟各社が配置されていたが、2012年3月25日からニュージーランド航空も合流、成田国際空港に就航する加盟会社全社が同一ターミナルからの発着となった。[18]アジア域内のハブ空港では仁川国際空港北京首都国際空港上海浦東国際空港で進められている。欧州域内ではシャルル・ド・ゴール国際空港第1旅客ターミナルや、ロンドン・ヒースロー空港第2旅客ターミナルなどへの再配置が進められ設備の拡充が図られている。

スターアライアンスゴールドおよびシルバー[編集]

各加盟会社の航空便に搭乗することでフリークエントフライヤープログラムマイレージプログラムともいう。以下FFP)のマイルを貯め、一定以上の条件(各社によって異なる)を満たすと上級会員になると同時に、スターアライアンスシルバー会員 (STAR ALLIANCE SILVER) またはスターアライアンスゴールド会員 (STAR ALLIANCE GOLD) としてランクアップされる。(どのメンバーがシルバーまたはゴールドかは会員証に記載されている)

特徴は特にゴールドになった際により多くの特典を無料で享受できる。あくまでゴールド会員の方がシルバー会員よりも特典の幅、優先度は高い。その他、公表はされないが上級会員のみを対象としたキャンペーンが行われることもある。

スターアライアンスゴールド特典[編集]

  • ビジネス・ファーストクラス用の搭乗手続きカウンターの利用
  • ビジネス・ファーストクラス用ラウンジ(特別待合室)の無料利用
  • 予約(空席待ち)の優先
  • 機内への搭乗順位の優先
  • 到着後の荷物受取りの優先
  • 加算された搭乗マイルに対するボーナスマイル(加入したFFPが運営する航空会社に乗った場合のみ適用)

スターアライアンスシルバー特典[編集]

  • キャンセル待ちの優先的取扱(出発前の予約段階)
  • 空港での優先的な座席確保(希望便満席時)

各社の独自特典[編集]

上記はシルバー会員に対する加盟航空会社共通の特典であるが、各FFPによって自社便にのみに適用される異なった追加特典がある。主な内容は次の通りである。

  • 加算された搭乗マイルに対するボーナスマイル(加入したFFPにより条件が異なるので注意)
  • 機内への搭乗順位の優先
  • 上級会員用の搭乗手続きカウンターの利用(無い場合、ビジネス・ファーストクラス用のカウンター)

会員資格[編集]

スターアライアンスシルバーおよびゴールドは次の会員が該当する。

FFP名 運営航空会社 スターアライアンスシルバー スターアライアンスゴールド
マイレージ・プラス ユナイテッド航空
コパ航空
プレミア
プレミア・アソシエイト
グローバル・サービス
1K
プレミア・エグゼクティブ
マイルズ&モア ルフトハンザドイツ航空
オーストリア航空
スイスインターナショナルエアラインズ
LOTポーランド航空
アドリア航空
クロアチア航空
ブリュッセル航空
フリークエント・トラベラー HONサークル
セネター
アエロプラン エア・カナダ アエロプラン・プレステージ アエロプラン・スーパーエリート
アエロプラン・エリート
ロイヤルオーキッドプラス タイ国際航空 シルバー プラチナ
ゴールド
SASユーロボーナス スカンジナビア航空 シルバー パンディオン
ゴールド
ANAマイレージクラブ 全日本空輸 ブロンズ ダイヤモンド
プラチナ
スーパーフライヤーズ
クリスフライヤー/PPSクラブ シンガポール航空 クリスフライヤー・エリートシルバー ライフ・ソリティアPPS
ソリティアPPSクラブ
PPSクラブ
クリスフライヤー・エリートゴールド
アシアナクラブ アシアナ航空 ゴールド プラチナ
ダイヤモンドプラス
ダイヤモンド
エアポイント ニュージーランド航空 シルバー ゴールドエリート
ゴールド
ヴィクトリア TAP ポルトガル航空 ヴィクトリア・シルバー・ウィナー ヴィクトリア・ゴールド・ウィナー
ボイジャー 南アフリカ航空 シルバー ライフタイム・プラチナ
プラチナ
ゴールド
フェニックスマイル 中国国際航空
深圳航空
シルバー 生涯プラチナ
プラチナ
ゴールド
マイルズ&スマイルズ ターキッシュ エアラインズ クラシック・プラス エリート・プラス
エリート
エジプトエアープラス エジプト航空 シルバー プラチナ
ゴールド
マイルズ&ボーナス エーゲ航空 ブルー ゴールド
シェバマイルズ エチオピア航空 シルバー ゴールド
ライフマイルズ アビアンカ航空TACA航空 シルバー ゴールド
ダイヤモンド
インフィニティ・マイレージランド エバー航空 シルバーカード ゴールドカード
ダイヤモンドカード
フライングリターンズ エア・インディア  エッジクラブ ゴールデンエッジクラブ
マハラジャクラブ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e FACTS & FIGURES - Star Alliance 2012年11月
  2. ^ That's STAR ALLIANCE 角川学芸出版
  3. ^ SHANGHAI AIRLINES AND STAR ALLIANCE AGREE SEPARATION - Star Alliance
  4. ^ ETHIOPIAN AIRLINES ACCEPTED AS FUTURE STAR ALLIANCE MEMBER CARRIER - Star Alliance
  5. ^ BMI FORMALLY LEAVES STAR ALLIANCE - Star Alliance
  6. ^ SAS will strengthen its position in Finland - スカンジナビア航空公式サイト
  7. ^ SHENZHEN AIRLINES ACCEPTED AS FUTURE STAR ALLIANCE MEMBER CARRIER - Star Alliance
  8. ^ EVA AIR JOINS THE STAR ALLIANCE NETWORK - Star Alliance
  9. ^ ワンワールド、2014年3月31日にUSエアウェイズが正式加盟 - FlyTeam ニュース
  10. ^ ワンワールド、2014年3月31日にTAM航空が正式加盟 - FlyTeam ニュース
  11. ^ AIR INDIA JOINS STAR ALLIANCE(スターアライアンス 2014年7月11日)
  12. ^ スターアライアンス、アビアンカ・ブラジルの2014年中の加盟を発表 FlyTeam 2013年12月14日付
  13. ^ 2000年オーストリア航空が加盟した当初は、子会社のラウダ航空チロリアン航空はそれぞれ単一メンバーとしてグループ3社での加盟とされていたが、今日では子会社2社はいずれもオーストリア航空のアフィリエイト扱いとなっている。
  14. ^ ギリシャ経済最新情報 - 在アテネ日本大使館
  15. ^ AEGEAN completes acquisition of Olympic Air - エーゲ航空公式サイトより。2013年10月23日閲覧
  16. ^ Shanghai Airlines To Become Part of SkyTeam - SkyTeam
  17. ^ ターキッシュ・エアラインズ自身は"Best Airlines in Europe"を標榜しており、自社をヨーロッパの航空会社と認識している(Turkish Airlines has been named "Best Airline, Europe"...Again(ターキッシュ・エアラインズ 2013年3月17日)
  18. ^ ニュージーランド航空は地上業務を日本航空に委託していたため2006年の再配置では除外されていたが、2012年3月25日からコードシェア便及び成田国際空港地上業務の提携先を全日本空輸に変更したことに伴い、第1ターミナル南ウイングに合流した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]