コパ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コパ航空 (Copa Airlines)
IATA
CM
ICAO
CMP
コールサイン
Copa
設立日 1944年
ハブ空港 トクメン国際空港
焦点空港 マナグア国際空港
フアン・サンタマリーア国際空港
ラ・アウロラ国際空港
マイレージサービス MileagePlus
会員ラウンジ Presidents Club
同盟 スターアライアンス
保有機材数 64機
就航地 64都市
親会社 Copa Holdings, S.A.
本拠地 パナマパナマ・シティー
外部リンク http://www.copaair.com/

コパ航空(Copa Airlines)は、パナマ航空会社である。正式社名は、スペイン語名のCompañía Panameña de Aviación, S.A.(パナマ航空会社)。COPAはその略称であり、Copa Airlinesはそのブランドである。

概要[編集]

ユナイテッド航空(特にユナイテッドに買収される前の旧コンチネンタル航空)との関係が強く、マイレージ・プログラムに「マイレージ・プラス」(2011年までは「ワンパス」)を採用、共にコードシェア便を運航、機体のデザインも似たものを採用している。

2007年9月スカイチームにアソシエート・メンバーとして加盟したが、アソシエート・メンバーの加盟条件とされる後援会社であり、かつ従来より提携関係を持っているコンチネンタル航空がスカイチームを離脱する事を受けて、2009年10月24日、スカイチームを脱退することとなった[1]。その後、2010年11月10日スターアライアンスへの加盟を発表[2]2012年6月21日に正式加盟した[3]

歴史[編集]

1944年6月にCompañía Panameña de Aviación(パナマ航空会社、略称:COPA)として創業、1947年8月に運航開始。32%の資本を持つパンアメリカン航空の支援の元、パナマ国内の投資家グループによって創業された。1980年代初頭まで、エアパナマ・インターナショナル(Air Panamá Internacional)との競合として運営。1979年に国内線運航を止め、ボーイング737-100型機を初めてのジェット旅客機として購入。

1990年代に拡大路線を取り、アルゼンチンチリなど中南米の重要都市に就航した。1992年にはエルサルバドルTACA航空と提携、トキュメン国際空港に就航し中南米の重要接続拠点とした。その結果トキュメン空港が「米州のハブ」となりコスタリカLacsa航空グアテマラアヴィアテカ航空ニカラグアニカラグア航空(NICA)等との提携にもつながった。この提携は1998年に終了となった。

1998年にコンチネンタル航空が49%の株式を取得、総合的な運航面、営業面での提携を開始。1999年にはコンチネンタルが51%に増資し、ロゴもコンチネンタルに合わせたものに変更した。当時は「ワンパス」マイレージ・プログラムに参加した。2005年にはコンチネンタルの出資比率を約27.3%に引き下げ、2006年にはさらに約10%までに引き下げた[4]

2005年にコパ航空はコロンビアの国内航空会社アエロ・レプブリカ(AeroRepública)の株式9割を取得し、コードシェア便の運航を開始。その後コロンビア・コパ航空(Copa Airlines Colombia)と改名し路線拡大、機材刷新を実施。同年12月には親会社コパ・ホールディングSAがニューヨーク証券取引所に1400万株で株式上場。

2009年にコンチネンタル航空とともにスカイチーム脱退を発表、その後2010年にユナイテッド航空によるコンチネンタル航空買収により、スターアライアンスへ加盟した。

就航路線[編集]

保有機材[編集]

コパ航空
ボーイング737-700

コパ航空は下記の機材で運行している[5]

同社が自社発注したボーイング製旅客機の顧客番号(カスタマーコード)はV3で、航空機の形式名は737-7V3、737-8V3などとなる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]