バルセロナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Barcelona

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

Barcelona collage.JPG
Flag of Catalonia.svg カタルーニャ州
Flag of Barcelona (province).svg バルセロナ県
コマルカ バルサルネス
司法管轄区 バルセローナ
面積 101.4 km²
標高 12m
人口 1,620,943 人 (2012年[1]
人口密度 15,985.63 人/km²
住民の呼称 barceloní/-nina
自治体首長 シャビエル・トリアス・イ・ビダル・
デ・リョバテーラ(CiU
守護聖人 Virgen de la Merced [2]
Barcelonaの位置(スペイン内)
Barcelona
Barcelona
スペイン内のバルセロナの位置
Barcelonaの位置(バルセロナ県内)
Barcelona
Barcelona
バルセロナ県内のバルセロナの位置

北緯41度22分57秒 東経2度10分37秒 / 北緯41.38250度 東経2.17694度 / 41.38250; 2.17694座標: 北緯41度22分57秒 東経2度10分37秒 / 北緯41.38250度 東経2.17694度 / 41.38250; 2.17694

バルセロナBarcelonaカタルーニャ語発音: [bəɾsəˈlonə] バルサーナ)は、スペイン北東部に位置するカタルーニャ州の州都で、バルセロナ県の県都でもある。スペイン国内では、首都マドリードに次ぐ第2の都市。

概要[編集]

地中海沿岸に位置する港湾都市で、フランスとの国境であるピレネー山脈から160km南に位置する。カタルーニャ州及びバルセロナ県のいずれにおいても、人口の大半を占めるプライメイトシティ(一極集中型都市)である。行政市としては約160万人の人口である。2011年の近郊を含む都市圏人口は421万人であり、スペイン第2位、欧州でも有数の規模である[3]。 14世紀に建設された城塞を起源とする旧市街と、1859年の大拡張計画によって建設された碁盤の目のように正方形の街区が並ぶ新市街からなる。都心部では人口が減少し、周辺部や都市圏外に流出しており、ドーナツ化現象に脅かされている。

1992年にはバルセロナオリンピックの開催地であった。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス人材文化政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第24位の都市と評価されており、スペインではマドリードに次ぐ第2位であった[4]。 また、比較的低廉な賃金水準と地価を背景として外国資本が進出しており、日産自動車の生産拠点(日産モトール・イベリカ)が設けられていることでも知られる。

歴史[編集]

伝説によれば、ハンニバルの父であるハミルカル・バルカが、カルタゴ人都市であるバルチーノを建設したという。紀元前20年ごろローマ人がやってきて植民都市パルキノを建設したことが、今日のバルセロナの起源となった。その地は二本の小川に挟まれ、わずかに高くなった丘だった。丘の頂上に十字の交点を置き、広場を設け、都市の中心とした。その脇にアウグストゥス神殿を建立した。紀元前4世紀には、ローマ人がこの町を、現在の市庁舎(Sant Jaume 宮殿)近くの小さな丘である Mons Taber を中心とするカストルム(ローマ軍の宿営地)に作り替えた。ローマ人の都市計画の名残は、旧市街の地図や今も残るローマ時代の城壁の破片に見ることができる。ローマ時代の重要な遺物は、市立歴史博物館の入口にあるパラウ・レイアル・マジョールに展示されている。この街は5世紀(415年)より西ゴート王国(族長アタウルフ)の支配下におかれ、短期間西ゴート王国の首都になったが、8世紀初頭(711年)にイスラーム勢力のウマイヤ朝によって征服された。801年カール大帝治世のフランク王国(カロリング朝)の遠征によってスペイン辺境領に組み込まれた。9世紀末になるとフランク王国からの自立を進め、10世紀末独立し、11世紀にはバルセロナ伯領を中心とするカタルーニャ君主国を確立させた。これが現在のカタルーニャの源流となった。985年にはイスラーム側のアル・マンスールによる包囲を受けたものの撃退した。

カタルーニャ政府庁舎

その後12世紀に入るとバルセロナは、アラゴン連合王国を構成する一勢力として、多数の海外領土を包含するまでに拡大し、バルセロナからアテネに至る地中海を支配するまでになった。バルセロナは、中世都市として囲壁を新しくめぐらし、活気ある港町に変身していった。 しかし、15世紀にカタルーニャ・アラゴン連合とカスティーリャ王国との間で統一王朝が形成されると、スペインの中心はマドリードへと移行し、バルセロナは衰退してゆく。以上のような歴史的経緯によって、バルセロナを含むカタルーニャ地方全体において現在でもカタルーニャ語を話す者が多数を占めている(カスティーリャ語とのバイリンガル)。

1640年から1652年収穫人戦争及びカタルーニャ共和国以後荒廃し、1701年から1714年スペイン継承戦争の間に包囲戦が3度行われ(第1次バルセロナ包囲戦第2次バルセロナ包囲戦第3次バルセロナ包囲戦)、再び荒廃した。フェリペ5世は反乱を起こしたバルセロナを処罰・統制するために、商業地区(La Ribera)の半分を取り壊して城塞を建設した。

19世紀には産業革命が起こり、数多くの新しい産業が導入されて成長した。その結果、バルセロナには過密による不衛生など都市問題が発生したため、その解決のために市域の拡張が計画された。1859年に行われたコンペの結果、イルデフォンソ・セルダの「大拡張計画」が採用された。この計画では133.4m四方の正方形を一区画として、碁盤の目のように南北に道路を整然と敷くものである。中世の城壁は取り壊され、La Ribera の城塞は都市公園に転用されて現在のシウタデリャ公園になった。20世紀の初頭には、カタルーニャ人が自治と文化的表現の自由の拡大を求めて騒乱を起こしたことで、バルセロナの復活が明確になった。1930年代には100万人を超える大都市に成長していたが、それに伴っての住宅や公共施設、交通などの対策・施策が追い付いていなかった。

スペイン内戦1936年 - 1939年)の間、バルセロナはバスク州などと共に共和国政府側につき、無政府主義運動の拠点となった。それも1939年にフランコの軍勢に侵略され、その後数十年間は恐怖政治と抑圧が続いた。フランコ政権の時代にはカタルーニャ語の使用も弾圧された。1970年代の反政府運動と独裁者フランコの死去をきっかけにして、バルセロナは文化的活動の中心となり、今日のように繁栄する都市となった。

都市の景観[編集]

バルセロナの全景

気候[編集]

バルセロナは地中海性気候である[5]ケッペンの気候区分ではcsa)[6]。温暖で湿度のある冬、乾燥する夏が特徴である。イベリア半島東岸にあるバルセロナには、大西洋からの西風が、雨を降らせない低い湿度の状態で到達する。大西洋への近さ、緯度、そして地形が、他の大半の地中海盆地地方と比べてバルセロナの夏が乾燥しないことの理由となっている。降雪は非常にまれだが、海から遠く離れた都市部の丘や都市圏の奥ではわずかに霜が降りるのが一般的である。

バルセロナの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 13.4
(56.1)
14.6
(58.3)
15.9
(60.6)
17.6
(63.7)
20.5
(68.9)
24.2
(75.6)
27.5
(81.5)
28.0
(82.4)
25.5
(77.9)
21.5
(70.7)
17.0
(62.6)
14.3
(57.7)
20.0
(68)
日平均気温 °C (°F) 8.9
(48)
10.0
(50)
11.3
(52.3)
13.1
(55.6)
16.3
(61.3)
20.0
(68)
23.1
(73.6)
23.7
(74.7)
21.1
(70)
17.1
(62.8)
12.6
(54.7)
10.0
(50)
15.6
(60.1)
平均最低気温 °C (°F) 4.4
(39.9)
5.3
(41.5)
6.7
(44.1)
8.5
(47.3)
12.0
(53.6)
15.7
(60.3)
18.6
(65.5)
19.3
(66.7)
16.7
(62.1)
12.6
(54.7)
8.1
(46.6)
5.7
(42.3)
11.1
(52)
降水量 mm (inch) 41
(1.61)
39
(1.54)
42
(1.65)
49
(1.93)
59
(2.32)
42
(1.65)
20
(0.79)
61
(2.4)
85
(3.35)
91
(3.58)
58
(2.28)
51
(2.01)
640
(25.2)
平均降水日数 (≥ 1 mm) 5 4 5 5 5 4 2 4 5 6 5 5 55
平均月間日照時間 149 163 200 220 244 262 310 282 219 180 146 138 2,524
出典: 世界気象機関 (国際連合),[7] スペイン気象庁[8]

人口[編集]

バルセロナの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[9]、1996年 - [10]

観光[編集]

バルセロナの開けた通路や鉄格子模様の道路を徒歩で観光すれば、ローマ時代の遺跡から中世の都市へ、さらには近代都市へと旅するまたとない機会を得ることができる。旧市街はほぼ平坦であるが、現在の市街地は周辺の丘に向かって広がっており、サンフランシスコで見かけるような坂を彷彿とさせる急な坂道によって区切られている。

この町には建築家アントニ・ガウディの残した建築物が多い。彼はバルセロナで暮らし、仕事をし、グエル邸グエル公園や、巨大で今なお未完成のサグラダ・ファミリア教会のような有名な作品をいくつか残した。それらの作品の多くはアントニ・ガウディの作品群としてユネスコ世界遺産に登録されている。

ポルト・ベル

交通[編集]

市の中心部から南西10kmにバルセロナ=エル・プラット空港(自治体はアル・プラ・ダ・リョブレガート)がある。スペイン第2の空港で、スペインの地中海沿岸では最大の空港である。スペイン国内やヨーロッパ各国からの便が中心だが、中東や米国からの便もある。

サンツ駅レンフェ(スペイン国鉄)の鉄道網の中心の一つであり、通勤通学のための近郊路線セルカニアスの出発地でもある。セルカニアス バルセロナにはレンフェが運営する路線もあるが、ゆくゆくはカタルーニャ公営鉄道がすべて運行する予定になっている。マドリードからタラゴナを結ぶ高速鉄道AVEは、2008年にバルセロナまで開通した。

市内と周辺の都市には、2社9路線からなるバルセロナ地下鉄が走っている。 地下鉄とバスはバルセロナ交通局によって運営されている。

市街地には2004年以降路面電車LRT)も整備されつつある。市街地から西部へ伸びるTrambaix(L1 - L3 の3路線)と、東へ伸びるTrambesòs(L4 - L6 の3路線)がある。

スポーツ[編集]

サッカー[編集]

いずれもリーガ・エスパニョーラに属している。

バスケットボール[編集]

ハンドボール[編集]

 テニス [編集]

ギャラリー[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IEC(カタルーニャ統計局)” (カタルーニャ語). カタルーニャ自治州政府. 2013年8月6日閲覧。
  2. ^ La Mercè 2011” (スペイン語). Ajuntament de Barcelona, Barcelona Cultura. 2011年10月13日閲覧。
  3. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  4. ^ 2014 Global Cities Index and Emerging Cities Outlook (2014年4月公表)
  5. ^ Servei Meteorològic de Catalunya”. Meteo.cat. 2009年5月22日閲覧。
  6. ^ World Map of Köppen−Geiger Climate Classification”. 03092011閲覧。
  7. ^ Weather Information for Barcelona”. 03092001閲覧。
  8. ^ "Meteorología"”. 03092011閲覧。
  9. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  10. ^ Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
日本政府
観光