ワルシャワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワルシャワ
Warszawa
Miasto Stołeczne Warszawa
FB Warszawa panorama.jpg
Palac prezydencki warsaw.JPGRoyal Castle, Warsaw.JPGPoland Warsaw Łazienki Palace 5.jpg
VARSOVIA. Palacio Krasinski.JPGChopin's Muzeum (Ostrogski Palace), Warsaw, Poland 02.JPGThe Old Town market square of Warsaw (8121510499).jpg
Elewacja wschodnia.jpg


紋章
標語:Semper invicta  ("Always invincible")
ワルシャワの位置(ポーランド内)
ワルシャワ
ワルシャワ
ワルシャワの位置
座標: 北緯52度13分56.28秒 東経21度0分30.36秒 / 北緯52.2323000度 東経21.0084333度 / 52.2323000; 21.0084333
ポーランドの旗 ポーランド
マゾフシェ県
行政
 - 市長 ハンナ・グロンキェヴィチ=ヴァルツ (Hanna Gronkiewicz-Waltz)
面積
 - 総面積 517.24km2 (199.7mi2)
 - 都市圏 6,100.43km2 (2,355.4mi2)
標高 78-121m (328ft)
人口 (2014年)
 - 総人口 1,726,581[1].人
 - 人口密度 3,334人/km² (8,635人/mi²)
 都市圏 3,350,000人
 - 都市圏人口密度 549.19人/km² (1,422.4人/mi²)
族称 Varsovian
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
 - 夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 00-001 - 04-999
市外局番 (+48) 22
ナンバープレート WA, WB, WD, WE, WF, WH, WI, WJ, WK, WN, WT, WU, WW, WX, WY
ウェブサイト www.um.warszawa.pl/

ワルシャワ(Warszawa Pl-Warszawa.ogg [varˈʂava][ヘルプ/ファイル]ヴァルシャヴァ: Warsaw [ˈwɔːrsɔː])は、ポーランド首都でかつポーランド最大の都市。マゾフシェ県の県都。中央ヨーロッパ政治経済交通の要衝でもある世界都市ヴィスワ川の中流、マゾフシェ地方に位置し、市内をヴィスワ川が貫通する。第2次世界大戦後、戦火で荒廃した旧市街を「煉瓦のヒビに至るまで」復元して往時の町並みを回復した。1980年ユネスコによって「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産に登録された。

製造業鉄鋼業電機産業自動車産業などの工業都市であり、ワルシャワ大学を初めとするポーランド有数の高等教育機関が集中し、歌劇場ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団を擁する文化都市でもある。

毎年8月1日の午後5時、サイレンの音を合図にワルシャワ市民の全てがその場で直立不動となり1分間の黙祷を捧げる。歩行者だけでなく、公共交通機関および高速道路を走行している車両を除いた全ての車両も通りのその場で停止、乗車している人々は車外に出て直立不動となる。この1分間は全ワルシャワ市が機能をほぼ完全に停止する。これは1944年8月1日午後5時に開始されたワルシャワ蜂起での犠牲者を追悼する行事。この時刻およびその行事は、ワルシャワ(Warszawa)の頭文字をとって「時刻W」と呼ばれる。

歴史[編集]

ワルシャワについての最古の文書は13世紀1285年のものである。当時のワルシャワはマゾフシェ公爵領に属し、漁業を中心とする寒村であった。マゾフシェ公爵家の家系の断絶に伴い、マゾフシェ地方はポーランド王国に編入された。1596年ジグムント3世の野心的な政策によってポーランド王宮廷は古都クラクフより移転し、ワルシャワは1611年に正式にポーランド(立憲君主制の多民族連邦国家ポーランド・リトアニア共和国)の首都となり、以来、「北のパリ」として発展を遂げる。

1795年の第三次ポーランド分割プロイセン領に組み込まれた。1807年、プロイセンを征服したフランスのナポレオンが、ティルジット条約によってワルシャワ公国を建てるが、ナポレオン失脚にともなうウィーン会議で、多くのワルシャワ公国の地域はポーランド王国(ポーランド立憲王国)とすることが確認され、ロシア皇帝アレクサンドル1世がポーランド国王の座につくことになった。

ワジェンキ宮殿

独立を喪失してから、ワルシャワは幾度となくポーランド国家(ポーランド・リトアニア共和国)再興運動の中心地となった。1830年には、フランス七月革命の影響もあり、十一月蜂起(ワルシャワ蜂起)が起こったが、翌年までに無惨に鎮圧された。1815年に成立したポーランド王国(ポーランド立憲王国)では、自由主義的な憲法が規定されていたが、その多くはこれを機に形骸化された。1860年代前半にも民族運動が高揚し(一月蜂起)、一時はワルシャワにポーランド人の臨時政府も成立したが、再びロシアによって鎮圧された。当時のロシア皇帝は開明的なアレクサンドル2世であったが、この事件を受けてポーランドに対してはロシアへの同化政策を図るようになる。

ポーランドを占領していたドイツ、オーストリアは第一次世界大戦で敗戦国となった。また、第一次世界大戦中に社会主義革命が起こったロシアでは、ソヴィエト政権が成立していた。パリ講和会議において、ポーランドの独立が承認され、ワルシャワは独立を回復させた。ポーランド・リトアニア共和国の継承国家として1918年にポーランドが独立を取り戻したのち、ワルシャワは再びポーランドの首都と定められた。

しかし、1939年ナチス・ドイツがポーランドへ侵攻、ワルシャワはナチス・ドイツの占領下におかれた。ポーランド政府は降伏せずポーランド亡命政府としてパリ次いでロンドンに拠点を置き抵抗運動を開始。いっぽうワルシャワ市内居住のユダヤ人はドイツによってワルシャワ・ゲットー(ユダヤ人居住区)へ集められ、1942年の移送と1943年4月19日に親衛隊少将ユルゲン・シュトロープによるゲットー解体で、国内の絶滅収容所に送られた(ワルシャワ・ゲットー蜂起)。1944年8月1日、占領軍に対しワルシャワ市民が一斉蜂起(ワルシャワ蜂起)を起こしたが63日間にわたる戦闘の末鎮圧され、殆どの建物が破壊されてしまった。1945年1月、赤軍が、ヴィスワ=オーデル攻勢を開始し、ドイツ軍を排除した。その後44年にわたりポーランドはソ連の衛星国家とされ、ポーランド・リトアニア共和国からの継承性のないポーランド人民共和国が成立し、ワルシャワはその首都となった。しかしポーランド亡命政府の活動はロンドンで続いた。1989年9月7日ポーランドが法的に民主化し、ポーランド人民共和国が廃止され、ポーランド・リトアニア共和国を継承するロンドン亡命政府をさらに継承するポーランド共和国となり、すなわちポーランド・リトアニア共和国を継承する歴史的なポーランド国家が復活し、ワルシャワはその首都となった(民主的なポーランド国会選挙は同年12月25日に復活した)。

第二次世界大戦末期の戦闘で瓦礫の山と化したワルシャワ中心部.
ヨハネ・パウロ2世が1979年に母国ポーランドのワルシャワを訪れ独立自主管理労働組合「連帯」を支援するミサを行った.

現在ワルシャワ北部にある「旧市街」(Stare Miasto、1611年のワルシャワ遷都より前に作られた歴史的市街地)とその北隣りの「新市街」(Nowe Miasto、1611年のワルシャワ遷都以後に作られた歴史的市街地)は、市民によって「壁のひび一本に至るまで」忠実に再現されたものである。この旧市街(Stare Miasto)、新市街(Nowe Miasto)、クラクフ郊外通り(Krakowskie Przedmiescie)、新世界通り(Nowy Świat)、およびワルシャワ市内に点在する複数の宮殿群を含む「ワルシャワ歴史地区」は1980年ユネスコ世界遺産に登録され、2011年には再建に用いられた資料(再建局管理文書)もユネスコ記憶遺産に登録された[2]

ワルシャワの起源に関する伝説[3][編集]

昔々、ヴィスワ川のほとりに小さな家があった。そこにはワルスとサワが住んでいた。ワルスは漁師であって、サワはワルスの妻である。あるとき、この近隣の地域を支配していたジェモメスゥ公(シェモメスゥ公とも)が狩に出かけた。獲物を追っているうちに、家来たちから離れ、森の中で迷ってしまった。夕暮れちかくになっても帰り道が見つからず、そのうちにヴィスワ川のほとりに行き着き、ワルスとサワの住む家を見つけた。夜に森を一人で歩くのは危険であるので、公はワルスとサワの家のドアをたたき、泊めてもらえるように頼んだ。ワルスとサワは見知らぬ客人を暖かく迎え、食事とベッドを用意した。このもてなしに公は大変感謝した。翌朝、公は、貧しい漁師夫婦に礼を言い、つづけて「見知らぬ人物を嫌がりもせず家に招きいれ、空腹、寒さ、野獣から救ってくれた。あなた方の親切がいつまでも忘れられることのないように、この地は今後いつまでもワルスの(ワルショヴァ Warszowa)土地である」

ただし、古代スラブ語においてサワは男性の名前であった事実は、議論の元になっている(現代ポーランド語では「a」で終わる名前は女性の名前である)。

人口[編集]

1897年のロシアによる統計調査では市内の人口は638,000人で、そのうちユダヤ人が219,000人(34%)であった。第二次世界大戦前にはユダヤ人の数は35万人を越え、市民の3人に1人はユダヤ人であった。戦争は、常に多民族性が特色であったワルシャワの民族構成を一変させた。

多くのワルシャワ市民は第二次大戦で亡くなった。キリスト教系市民はナチス・ドイツが行った数々のポーランド社会破壊作戦で、ユダヤ教系市民はホロコーストで殺害された。また、大戦末期のワルシャワ蜂起では約20万の市民が命を落とし、約70万人が占領者ドイツによって逮捕され強制収容所に送られた。生き残った人々はソ連のポーランド支配による共産主義化を経験し、そのなかで多くのユダヤ教徒がユダヤ教を捨てた。その後何十年にもわたる、共産主義体制に対する抵抗運動の中でもとユダヤ系であった家族の多くはローマ・カトリックに改宗した。現在、ワルシャワ市民の大半はキリスト教徒で、その大多数はローマ・カトリック教徒である。

地理[編集]

ワルシャワは中央マゾフシェ低地にあり、平均海抜はおよそ100mである。市内にはいくつかの丘があるがその多くは人工的に築かれたものである。ヴィスワ川の中流に位置し、市域はその両岸に広がっている。カルパート山脈バルト海からの距離はおよそ350km。

歴史地区[編集]

中心市街地
  1. 王の道(トラクト・クルレフスキ) - 南部のヴィラヌフ宮殿から北上し、美しい官庁街とワジェンキ水上宮殿公園を抜けて中心市街地に入り、新世界通りからクラクフ郊外通りを北上して、ジグムント3世王の像が頂上にある柱が立っている王宮前広場に至る。また、王宮の南東側には昔、水上交通に従事するユダヤ人が住んでいたマリエンシュタット地区という旧ユダヤ人街がある。王の道はワルシャワ観光の背骨を構成する。
  2. 旧市街(スタレ・ミャスト) - 王宮前広場から北に向かって広がる。ヨーロッパではワルシャワとクラクフフランスのとある町の3箇所にしかないバルバカン(円形の砦)を基点に旧城壁が取り囲む一帯が旧市街で、旧市街広場を中心とする。14世紀までに開発された。
  3. 新市街(ノヴェ・ミャスト) - 旧市街の北の城壁を取り払ってその北側一帯。15世紀に開発された古い街区。マリー・キュリーの生家(現在は博物館)があり、その近くに新市街広場がある。旧市街ほど観光客は多くなく、落ち着いた雰囲気の隠れ家的な街。テラス席を備えたカフェやレストランもある。「新」市街と言っても近代や現代の街区という意味ではない。中世の人々にとっての「新市街」である。

なお、中心市街地(シルドミェシチェ)は、18世紀から現代にかけて開発された、歴史地区でない市街地を中心として戦前のオフィス街とユダヤ人住宅街(このような場所はユダヤ人たちの言葉でケヒッラーと呼ばれる)の一部がその主要部を占めるが、慣習的な領域としては王の道にもかかっているので、クラクフ郊外通りなど王の道の一部は中心市街地の一部とみなされる。第二次世界大戦のとき、占領者のドイツがここのユダヤ人住宅地にワルシャワ・ゲットーを作り、ユダヤ人たちを押し込めてひどく迫害した。戦争終盤に起こったワルシャワ蜂起の際、ドイツによって徹底的に破壊されたのち、戦後はソ連と国内の共産主義政権によって、ここの中心部は戦前とはまったく異なる広々とした姿に再開発された。現在はそこにワルシャワ中央駅文化科学宮殿、そして近代的な超高層ビル群が立ち並び、国内外の大企業のオフィスや飲食店などが軒をつらねる大都会そのものの風景となっている。新市街はこことは離れた場所にある。

気候[編集]

ワルシャワは大陸性の湿潤気候である。バルト海沿岸地方が海洋性気候であるため、大陸性気候と海洋性気候の境目にあるワルシャワは比較的気候が安定しない。平均気温は8℃(1月の平均気温はマイナス2.4℃、7月が18.4℃)。年間降水量は680mm以下で、最も雨が降るのは7月である。冬季はしばしば気温が-20度を下回る寒さとなる。

ワルシャワの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 12.5
(54.5)
15.9
(60.6)
23.3
(73.9)
29.1
(84.4)
32.7
(90.9)
34.8
(94.6)
36.0
(96.8)
36.4
(97.5)
33.0
(91.4)
26.1
(79)
19.3
(66.7)
16.1
(61)
36.4
(97.5)
平均最高気温 °C (°F) 0.1
(32.2)
0.9
(33.6)
4.7
(40.5)
12.2
(54)
19.4
(66.9)
21.7
(71.1)
23.8
(74.8)
23.0
(73.4)
18.3
(64.9)
12.9
(55.2)
5.0
(41)
2.1
(35.8)
12.0
(53.6)
日平均気温 °C (°F) −3
(27)
−2.3
(27.9)
1.7
(35.1)
8.2
(46.8)
14.0
(57.2)
17.6
(63.7)
19.3
(66.7)
18.3
(64.9)
14.0
(57.2)
8.2
(46.8)
2.9
(37.2)
−0.5
(31.1)
8.2
(46.8)
平均最低気温 °C (°F) −6.1
(21)
−5.5
(22.1)
−1.3
(29.7)
4.2
(39.6)
8.6
(47.5)
13.5
(56.3)
14.8
(58.6)
13.6
(56.5)
9.7
(49.5)
3.5
(38.3)
0.8
(33.4)
−3.1
(26.4)
4.4
(39.9)
最低気温記録 °C (°F) −30.7
(−23.3)
−30.4
(−22.7)
−23.5
(−10.3)
−10.1
(13.8)
−3.6
(25.5)
0.3
(32.5)
4.2
(39.6)
2.0
(35.6)
−4.7
(23.5)
−9
(16)
−18.2
(−0.8)
−27.4
(−17.3)
−30.7
(−23.3)
降水量 mm (inch) 21
(0.83)
25
(0.98)
24
(0.94)
33
(1.3)
44
(1.73)
62
(2.44)
73
(2.87)
63
(2.48)
42
(1.65)
37
(1.46)
38
(1.5)
33
(1.3)
495
(19.49)
平均降水日数 15 14 13 12 12 13 13 12 12 13 14 16 159
 % 湿度 81 82 78 71 67 68 72 74 75 77 80 86 76
平均月間日照時間 43 59 115 150 211 237 226 214 153 99 39 25 1,571
出典: [4]

経済[編集]

新都心

第二次世界大戦後ポーランド人民共和国が発足すると、政府は工業化政策を遂行、製鉄業や自動車産業の工場を集積した。民主化後の市場経済化のなかで、これらの工場の多くは倒産し、今も操業しているのは製鉄所のArcelor Warszawaや自動車工場のFSOくらいである。

国有企業の多くは一時経営が行き詰まり、メトロ AGコカ・コーラ・アマティ大宇など各業種で外資が席巻してきたが、その後市場化に適応した旧時代からの企業や、民主化後に創業した新興企業が業績を伸ばしており、ポーランドのGNPの12%をワルシャワ(ワルシャワ広域経済圏)が生み出している[要出典]。国内では金融都市ヴロツワフ、産業都市ポズナン、海運都市グダンスク、観光都市クラクフと並んで最も失業率の低い都市の1つである。

スポーツ[編集]

交通機関[編集]

空港[編集]

ワルシャワには中心部からおよそ10kmのところに「ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港」がある。年間利用者数は約450万人、国内便・国際便あわせて一日に60便以上が運行している、ポーランドで最大の空港である。日本からの直行便は今のところなく、フランスオーストリアなどの近隣の国に寄ってからポーランド入りすることになる。 現在ワルシャワに2つ目の空港を建設することが検討されていて、おそらくワルシャワの北または西にある軍の空港を改築して設置されるものとみられる。のちとなる、2012年7月16日に、「ワルシャワ・モドリン空港」が開港した。

鉄道[編集]

ワルシャワで最初の鉄道は「ワルシャワ・ウィーン鉄道」で、1849年に開通した。(ポーランド最初の鉄道は1830年代にすでに開通している)。現在ワルシャワはポーランドの重要な鉄道交通の要衝のひとつである。運賃が安く、またダイヤも他国に比較すると正確なため、PKP(Polskie Koleje Państwowe、ポーランド国有鉄道)は主要な交通手段となっている。ただし地方と地方を直接結ぶ長大路線が多いため、真冬にポーランドの各地方で豪雪が続くと全国的にダイヤが影響されて列車の遅延が頻繁に起こることがある。ポーランドの例年の降雪量はとくに多くはないが、たまに豪雪の年がある。

ワルシャワにある鉄道駅の中で、最も重要なのは「ワルシャワ中央駅」である。ポーランド国内のほとんどすべての都市や多くのヨーロッパの大都市と連絡している。ワルシャワには他に4つの主要駅と数十もの小さな駅がある。

  • ワルシャワの主要駅
    • ワルシャワ中央駅 (Warszawa Centralna)
    • ワルシャワ・グダニスク駅 (Warszawa Gdańska)
    • ワルシャワ・ヴィリニュス駅 (Warszawa Wileńska)
    • ワルシャワ西駅 (Warszawa Zachodnia)
    • ワルシャワ東駅 (Warszawa Wschodnia)

3つの主要駅(ワルシャワ中央、ワルシャワ西、ワルシャワ東)をつなぐ路線は戦後に開通し、市の中心部では地下を通って運行している。1960年代には、この路線を地下鉄の路線に切り替えようという計画もあった。

市内交通機関[編集]

ワルシャワ市内の交通機関は、タクシーバストラム地下鉄で、すべてワルシャワ市交通局によって統制されている。郊外では、民間業者によって経営されている路線もおおい。

バス[編集]

ワルシャワのバス路線は総延長およそ2600kmで、1659台のバスが運行している。主要なターミナルは、ワルシャワの交通の中心地でもあるワルシャワ中央駅前。市交通局は現在176本の路線でバスを運行しており、そのうちの14本は深夜運行(0時~朝5時)を行っている。なお、ワルシャワ・オケンチェ空港から市中心部に行くバスもある。

トラム[編集]

ワルシャワで最初のトラム路線は、1866年12月11日に開通した。当時は馬が客車を引くスタイルだった。1908年3月26日には、馬引きトラムの路線はすべて電化された。両大戦期間中にはトラムは国有化されて新たな路線も多く建設されたが、第二次世界大戦で破壊されてしまった。戦後、一部が再建されたが、大部分は廃止された。

現在ワルシャワ・トラムヴァイ社は車両863台と約470kmにおよぶ路線を所有している。 29の路線がワルシャワ市内を運行しており、うち1本が深夜営業をしている。主要な休日(例えば11月1日諸聖人の日など)のさいに特別運行している路線もある。

地下鉄[編集]

ワルシャワの地下鉄駅.

1995年4月7日に1号線の、カバティ駅(Kabaty)からポリテフニカ駅(Politechnika)間が開通した。 ワルシャワの南北を縦断するように走っている。他にも2号線、3号線の計画がある。 1号線は、2009年現在、中心部を抜けて旧市街近くを通り、北端のムウォチヌィ駅(Młociny)までを結んでいる。

主なランドマーク[編集]

スターリンによって「贈られた」文化科学宮殿.
ショパン博物館.
  • 旧市街 Stare Miasto
  • 聖十字架教会 Kościół pw. Św. Krzyża
  • サスキ公園 Ogród Saski
  • ニケの像 Nike Warszawska
  • 文化科学宮殿 Pałac Kultury i Nauki
  • ワジェンキ公園 Park Łazienkowski
  • ヴィラヌフ宮殿 Pałac Wilanowski
  • ゲットー英雄記念碑 Pomnik Bohaterów Getta
  • ツィタデラ Cytadela
  • 人魚像(ワルシャワ市の紋章)Pomnik Syreny
  • 国立博物館 Muzeum Narodowe
  • 軍事博物館 Muzeum Wojska Polskiego
  • ワルシャワ歴史博物館 Muzeum Historyczne Miasta Stołecznego Warszawy
  • ショパン博物館 Muzeum Chopina w Warszawie
  • キュリー夫人博物館 Muzeum Marii Skłodowskiej-Curie
  • ポーランド地質調査所地質博物館 Państwowego Instytutu Badawczego w Warszawie

ワルシャワに縁のある著名人[編集]

  • フレデリック・ショパン - 1810年、ワルシャワ郊外のジェラゾヴァ・ヴォラ(Żelazowa Wola)に生まれ、同年ワルシャワに移り住んでいる。ワルシャワの聖十字架教会にはショパンの心臓が埋められている。世界最高のピアノコンクールの1つである「ショパン国際ピアノコンクール」は5年に一度ワルシャワで開催される。
  • マリ・キュリー - 1867年、ワルシャワに生まれる。生家はヴァルヴァカンを出た新市街にあり、現在は博物館(Muzeum Marii Skłodowskiej Curie)になっている。この博物館には、夫人の研究に関する展示がなされている。
  • ヤヌシュ・コルチャック- 本名ヘンルィク・ゴールドシュミット。1878年(79年?)、ワルシャワのユダヤ人一家に生まれる。作家として数多くの児童文学作品を遺し、医師・教育者として孤児の教育に取り組んだ。1942年、ナチスのユダヤ人絶滅政策の中、トレブリンカ収容所に移送され殺害される。

姉妹都市[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Główny Urząd Statystyczny. Baza Demografia. Ludność. Stan, ruch naturalny i wędrówki ludności w I kwartale 2014 r., stan na 31.03.2014. [1]
  2. ^ UNESCO Memory of the World Archives
  3. ^ ワルスとサワが関係するワルシャワの起源に関する伝説には、別のストーリーもある。このストーリーについては、例えば、ワルシャワ市観光オフィスのサイト(ポーランド語)を参照。
  4. ^ (英語) Institute of Meteorology and Water Management”. www.imgw.pl. 2010年8月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
日本政府
観光
その他