ポーランド・リトアニア共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
共和国
Rzeczpospolita
ポーランド王国
リトアニア大公国
1569年 - 1795年 ガリツィア・ロドメリア王国
ロシア帝国
プロイセン王国
ポーランド・リトアニア共和国の国章
en:Coat of arms of the Polish-Lithuanian Commonwealth
国の標語: Si Deus Nobiscum quis contra nos
(ラテン語: If God is with us, then who is against us)
Pro Fide, Lege et Rege
ラテン語: For Faith, Law and King、18世紀から)
ポーランド・リトアニア共和国の位置
公用語 ポーランド語ラテン語ルーシ語[1]ドイツ語
首都 1596年までクラクフワルシャワ(1673年からフロドナと共有)
ポーランド王リトアニア大公
1569年 - 1573年 ジグムント2世アウグスト
1764年 - 1795年 スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ
面積
1582年 815,000km²
1618年 990,000km²
人口
1582年 6,500,000人
1618年 10,500,000人
変遷
ルブリン合同 1569年7月1日
第1次分割 1772年8月5日
5月3日憲法制定 1791年5月3日
第2次分割 1793年1月23日
第3次分割 1795年10月24日
ポーランドの歴史
Warsaw-Castle-Square-2.jpg
先史時代
ピャスト朝  
プシェミスル朝
 
ヤギェウォ朝
ポーランド・リトアニア共和国(第1共和制)
ポーランド分割
ワルシャワ公国
ポーランド立憲王国 クラクフ共和国 ポズナン大公国
ポーランド摂政王国
ポーランド共和国(第2共和制)
ソ連による占領 亡命政府
ナチス・ドイツによる占領
ポーランド共和国
ポーランド人民共和国
ポーランド民主化運動
ポーランド共和国(第3共和制)
年表
[編集]

ポーランド・リトアニア共和国1569年 - 1795年)は、ポーランド王国リトアニア大公国の制度的国家合同(ルブリン合同)によって1569年に成立した複合君主制(ポーランドの元首とリトアニアの元首を一人の人物が兼ねる)国家。16・17世紀のヨーロッパ世界においてオスマン帝国に次いで広大かつ膨大な人口を抱える巨大国家であった[2][3][4][5] 。この連合国家の政治システムは、法と貴族階級(シュラフタ)によって支配される立法府(セイム)が王権を著しく制限するという特異な性質を備えていたため、しばしば貴族共和国ないし黄金の自由とも呼ばれる(以下、国称を共和国と略称)。この政治システムは、現代的な概念を当てはめれば民主制[6]立憲君主制[7][8][9]連邦制[10]の先駆的存在と言える。二つの構成国は公的には平等な関係にあったが、実際にはポーランドがリトアニアの支配国であった[11]。しかし、これについてはポーランド民族がリトアニア民族を支配したというような現代的な民族主義の解釈をするべきではない。多民族のポーランド王国の立法行政司法の決定事項が同じく多民族のリトアニア共和国のそれらに対して優位であり、万が一両者の決定が対立した時にはポーランド王国の決定が優先された、という制度的な意味である。ポーランド国王リトアニア大公を兼位しており、共和国は両国を中心にコモンウェルスの体制を形成していた。共和国の人口構成は民族的、宗教的な多様性がきわめて顕著であり、時期によって程度の差はあるものの、同時代にあって異例といえる宗教的寛容が実現していた[12][13][14]

黄金期であった初期の数十年間[15][16][17][9][18]を過ぎると、共和国は17世紀中葉以後は政治的、軍事的、経済的[19]な衰退を続け、1795年には強大化した近隣の絶対主義国家ロシアプロイセンオーストリアによる領土分割によって国家自体が消滅するに至った。その消滅までの期間は急速なものだったにもかかわらず、末期の共和国は政治的な大改革を成し遂げ、世界で最も古い民主主義成文憲法の一つである「1791年5月3日憲法」を生みだすこととなった[20]

なお、この国家を指して(ポーランド民族とリトアニア民族の)二民族の共和国と呼ぶこともあるが、これはポーランドの共産主義時代の1967年にポーランド人アマチュア歴史家のパヴェウ・ヤシェニツァ英語版があみだした造語である。これは当時の共産圏ソ連主導の民族イデオロギーを反映したものであり、「共和国」が実現していた当時にはこのような呼び方はなかった。このような民族観は、ポーランド人の成立の実際の過程にそぐわない。

国称[編集]

共和国の正式名称は「ポーランド王国およびリトアニア大公国」

  • ポーランド語:Królestwo Polskie i Wielkie Księstwo Litewskie
  • ルーシ語Королѣвъство Польское и Великое князство Литовское
  • リトアニア語:Lenkijos Karalystė ir Lietuvos Didžioji Kunigaikštystė

18世紀以前はそのラテン語の国称「Regnum Poloniae Magnique Ducatus Lithuaniae」でも記されることがあった。

また18世紀後半になると「最も静穏なるポーランド共和国[21]」が対外的な国称としては一般的となった。

  • ポーランド語:Najjaśniejsza Rzeczpospolita Polska
  • ラテン語表記:Serenissima Res Publica Poloniae

一方、ポーランド国内では「共和国」を意味する「ジェチュポスポリタ」の名称で呼ぶのが習慣化した。

  • ポーランド語:Rzeczpospolita
  • ルーシ語:Рѣч Посполита
  • リトアニア語:Žečpospolita

外国人たちは国称の頭部分のみを取り、単に「ポーランド」と呼称した[要出典]

近年、一般化しつつある「二民族の共和国」という呼称は、非アカデミック系の歴史家パヴェウ・ヤシェニツァによる造語であり、共和国が存在していた時期に使われたことは無い[22]

地理[編集]

共和国の地勢図(1764年)

16世紀、ポーランドの司教地図学者だったマルチン・クロメルは、ラテン語の地図帳『ポーランド:その地理、民族、文化およびポーランド共和国の官職』を出版したが、これは当時の最も分かりやすい共和国の案内ガイドだと言われていた。クロメルの著作とゲラルドゥス・メルカトルが製作した同時代の地図は、共和国の国土の大部分を平野として描いている。

共和国南部のクレスィは、ステップ地帯として有名であった。タトラ山脈をその最高部とするカルパチア山脈は南部国境を形成し、バルト海が北部の自然国境となっていた。当時の大部分のヨーロッパ諸国家と同じく、共和国は広大な森林地帯に覆われており、その傾向は東部において顕著だった。歴代国王の公的な狩猟場であったビャウォヴィエジャの森の今日に残留する部分は、無傷で残っているヨーロッパの原生林としては最後のものである。

地方行政区画[編集]

実際にはポーランド王国自体は巨大な連合国家全体の一部であったが、しばしばこの政治体の全体が一般的に「ポーランド」という言葉で呼ばれる。ポーランド、すなわちポーランド・リトアニア共和国は、大きく分けて二つの部分に分けられる:

共和国はヴォイェヴツトフォ(県)という地方行政区画でさらに細かく分けられて、各県はヴォイェヴォダ(県知事または宮中伯)によって統治されていた。各県はさらにスタロストフォ(王領地 / 代官統治地域)によって区分されており、スタロスタ(代官)がこれを治めた。都市にはカシュテラン(城代)により治められた。ただし、都市はしばしばジェミャのような地域行政単位を組み入れることで、頻繁に代官の統治を避けていた。

ポーランド・リトアニア共和国
王国の知行地
ウクライナの諸県の県境線
現在の国境(2009年)

かつて共和国に属していた地域は、中欧から東欧にかけて現存する複数の国家の中に、広範に分布している。ポーランド、ウクライナ、モルドヴァトランスニストリア)、ベラルーシ、ロシア、リトアニア、ラトヴィア、エストニアである。そしてハンガリー王国の一部だったスロヴァキアのいくつかの都市も、ルボフラ条約でポーランドの一部となっていた。

共和国の主要な地域は以下の通り(行政区域では分けていない):

共和国の国境は戦争や条約によって変化し、時には10年の間に数度も変わる場合があった。国境の変動は特に東部および南部で激しかった。ヤム・ザポルスキの和約(1582年)が結ばれた後の共和国は、およそ815,000 km²の領土に約650万人の人口を抱えていた。デウリノの和約(1618年)の後では、共和国の領土はおよそ990,000 km²に拡大し、人口も1000万から1100万人程度に増加した(うちポーランド人は400万人程度)。

歴史[編集]

ポーランド王・スウェーデン王ジグムント3世の結婚式における、王国大旗手スタニスワフ・ソビエスキ(1605年頃)

1569年のルブリン合同に始まる共和国の創出は、ヤギェウォ朝最後の国王・大公であったジグムント2世アウグストによる、世襲王権を選挙王制から守るための戦略の一環という性格を持っていた。ジグムンドが1572年に崩御した後に続いた3年間の混乱期にこの連合体制の調整がなされ、貴族階級(シュラフタ)の権力を強化する立憲体制および完全な選挙王制が機能するようになった。

共和国の黄金期は17世紀前半に訪れた。貴族たちに支配された強力な議会(セイム)は三十年戦争への参加を見合わせることによって、ヨーロッパ世界の大部分が巻き込まれた深刻な宗教戦争による惨事から自国を防衛することに成功した。共和国はスウェーデンロシアそしてオスマン帝国の属国から自国を守りぬいたばかりか、近隣諸国への積極的な拡張政策を開始した。17世紀初頭にはモスクワの民主派貴族とツァーリ派貴族が対立して動乱時代に陥り、ロシア大飢饉英語版で弱体化したロシアへロシア・ポーランド戦争で進出、モスクワの民主派貴族と連帯した共和国の軍勢は1610年9月27日から1612年11月4日に陥落するまでモスクワを占領統治していた。ポーランド・オスマン戦争英語版 (1620年 - 1621年)。スモレンスク戦争1632年 - 1634年)。

共和国の勢威は、1648年以後に受けた2度の衝撃によって衰えを見せ始めた。最初の衝撃とは、歴史的に最も大規模だったウクライナ・コサックによる反乱である。東部国境のクレスィで起きたこのフメリニツキーの反乱は、クリミア・ハン国の援護を受けたものであった。さらに反乱者が1654年にはロシアのツァーリに支援を求める事態に至り(ペレヤスラフ条約)、ポーランドはウクライナに対する影響力をモスクワ・ロシアに奪われることになった。もう一つの衝撃は、1655年のスウェーデンによる侵略「大洪水」(トランシルヴァニアの支配者ラーコーツィ・ジェルジ2世、ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの軍事的支援を受けていた)である。この侵略はヴァーサ家出身の選挙王たちが続けていた、スウェーデンへの敵対政策が引き起こしたものだった。1667年に共和国は侵攻国を撃退することに成功したが、東のモスクワ国家、北のスウェーデンの影響力が増していった。前年の1660年にはプロイセン公国が漁夫の利を得て、スウェーデン王国との対ポーランド枢軸を図らないという条件でポーランド王国からの独立をポーランド王から承認されている。のちにこの新興独立国家はプロイセン王国を経て、現代欧州最強の軍事独裁国家「ドイツ帝国」となっていくのである。さらには主権下にあったウクライナのヘーチマン国家が独立し、のちにモスクワに吸収されてしまう。

ヴワディスワフ4世統治期の共和国の版図(1635年)

17世紀後半に入ると、弱体化した共和国は神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同盟したヤン3世ソビエスキのもとで、オスマン帝国に壊滅的な打撃を与えることに成功した。1683年のウィーンの戦いは、250年にわたって続いたキリスト教世界=ヨーロッパと、イスラーム世界=オスマン帝国との長い抗争の歴史における、最終的な転換点となった。何世紀にもわたったムスリム側の脅威にさらされ続けたため、共和国は「キリスト教世界の防波堤(Antemurale Christianitatis)」の称号を得ることになった。続いて起きた16年にわたる大トルコ戦争の結果、オスマン帝国の国境は永久的にドナウ川以南に押しとどめられ、再び中央ヨーロッパに脅威を及ぼすことはなかった。ヤン3世ソビエスキ王は宿敵であるはずのオスマン帝国からも「レヒスタンの獅子」(「レヒスタン」はトルコ語でポーランドを指し、ポーランド人の古名である「レフ族」(ポラン族)にちなんで「レフ族の国」を意味する)として尊敬された。この時代は共和国にとっては最後の栄光であり、中興の時代であった。しかしこの結果、オスマン帝国を撃破した共和国は、欧州内の近隣諸国の警戒を引き起こし、緊張関係が生じることとなった。

1700年に始った大北方戦争において共和国は完全な守勢に立たされ、強国として最後の活躍をすることとなったスウェーデン・バルト帝国に蹂躙された。共和国はこのスウェーデンの下で傀儡国王を押しつけられた。この強引な君主のすげ替えは、のちのポーランド継承戦争でも行われ、没落した共和国は大国となったプロイセンオーストリアロシア緩衝国として扱われるようになった。

18世紀までに、共和国は数多くの国内問題に直面し、また諸外国の影響力にさらされるようになった。1768年には、共和国は法的にロシア帝国保護国となり[23]、ロシアは外交的、軍事的戦略をポーランドへと集中させるようになった[24]。政治システムのぐらつきは共和国を無政府状態の淵にまで追い込んだ。5月3日憲法の制定をその頂点とする、4年議会(1788年 - 1792年)などの改革の試みは遅きに失したものであり、共和国は近隣諸国であるロシア、プロイセン、オーストリアによる3度の領土分割を通じて統治すべき国土を失った。1794年3月24日、軍人のタデウシュ・コシチュシュココシチュシュコの蜂起英語版を起こしたが、ロシアのアレクサンドル・スヴォーロフに鎮圧され、1795年にポーランド・リトアニア共和国はヨーロッパの地図上から姿を消した。ポーランドとリトアニアが独立を再び手にするのは1918年、それもポーランド第二共和国リトアニア共和国という別個に独立した国家としてであった。

国家組織と政治[編集]

黄金の自由[編集]

「1569年のルブリン合同ヤン・マテイコ画(1869年)

共和国の政治原則は「我が国は国王の統轄の下にある共和国である」というものである。大法官ヤン・ザモイスキはこの原則を「国王は君臨すれども統治せず "Rex regnat et non gubernat" 」と要約する。共和国は選挙王、元老院(セナト)のほか、代議制の議会であるセイムを有していた。国王はヘンリク条項および選出時に取りきめられるパクタ・コンヴェンタにより規定された共和国市民(=シュラフタ)の諸権利を尊重することを義務付けられた。

王権は強大な貴族階級の権力のために制限を受けていた。歴代の国王はポーランドの政治システム(およびほぼ前例のない宗教的寛容)の根幹をなすヘンリク条項に署名せねばならなかった。時代が下るにつれ、ヘンリク条項はパクタ・コンヴェンタと組み合わされていき、選挙王が誓うべき明確な誓約という性格をもった。その結果、国王は常に元老院の監督を受けるようになった。のちにヨーロッパ初の成文憲法で本格的な近代民主主義憲法である1791年5月3日ポーランド憲法が成立すると、国王は「国家の所有者」や「国民の支配者」ではなく、「国民が所有する国家」に対して無限の責任を負う「国家の代表者」(近代的な立憲君主)であると規定された。

共和国の政治システムとしての「黄金の自由」(ポーランド語表記:Zlota Wolność,この語は1573年から使われ始めた)は、以下の諸要素をその基礎とした。

  • 国王自由選挙…国王選出は投票を希望する全てのシュラフタによる自由選挙によって行う。
  • セイム…国王によって2年ごとに召集される共和国の代議制議会。
  • パクタ・コンヴェンタ…即位時に国王が共和国政府との間で取り決める統治契約。諸権利の請願も行われる。国王の政治行動を束縛し、初期のヘンリク条項に由来する。
  • ロコシュ抵抗権)…貴族に保障されている諸特権が国王によって脅かされた場合、反乱を起こすことを法的に認められる権利。
  • リベルム・ヴェト…セイムでの決議において多数派の決定を、代議員一人の反対によって否決出来る権利。セイムの会期中、全ての法案を廃案にしてきた「無制限の拒否権」として悪名高い。17世紀後半の危機の時代に入ると、リベルム・ヴェトは地方議会(セイミク)にも適用された。
  • 連盟…共通の政治目的のために団体を結成する権利。
共和国の権力の頂点をなす1573年の国王自由選挙ヤン・マテイコ

3地域(後述)のみが共和国内の自治領としての権利を享受していた[25]。各県にはそれぞれに地方議会(セイミク)が置かれていた。セイミクは国家立法府(セイム)に送り込む代議員を選出し、指示書によって代議員に様々な要望・提案をする権利を有していた。リトアニア大公国はポーランド王国(王冠領と呼ばれた)とは別個に軍隊、国庫、官職体系を組織していた[26]

黄金の自由は当時としては国家に特異な性格を与えたが、同時代にはヴェネツィア共和国のような都市国家が類似した政治システムを採用していた[27](両国は「最も静穏なる共和国」を自称した点でも共通していた[28])。ヨーロッパ諸国が中央集権化、絶対主義、宗教戦争や王朝による争いに直面している時期、共和国は地方分権[10]国家連合連邦制、民主政治、宗教的寛容さらには平和主義までも経験していた[29]。シュラフタがしばしば国王による戦争計画を廃案にしたことは、民主的平和論に関する論議に相当するものとさえ見なされる。

この政治システムは他の階級と王権に立脚した政治システムに対するシュラフタ貴族階級の独占的な勝利に由来する。この時代、シュラフタはニヒル・ノヴィ(1505年)を始めとして十分すぎる特権を蓄積し、どの王も彼らの支配を力で捩じ伏せることは出来なかった。共和国の政治システムは単純なカテゴライズには適しないが、一応は以下のような定義付けが混ざり合う状態にあるといえる:

男性用外套デリアを纏い、「サルマタイ人」のいで立ちをしたエルジュビェタ・シェニャフスカ
  • 広大な自治領を領域内に含む国家連合ないし連邦。共和国を国家連合か連邦体制にあったかは限定しにくい。
  • 寡頭制[10]シュラフタのみが参政権を持ったといっても、彼らの階層は人口の約10%を占めていたのであり、少数者による支配というイメージとはずれがある。
  • 全てのシュラフタに等しい権利と特権が与えられる民主政治。彼らの拠るセイムが立法外交宣戦布告課税(既存の税制の変更、新しい税の制定)といった重要な事項について国王に反対出来る。共和国は当時のヨーロッパ諸国の中で最も高い、約10%の参政権者を抱えていた[30][31]フランスでは1831年の時点で人口の約1%、1867年イギリスでは約3%に参政権が与えられているに過ぎなかったのとは対照的である。
  • 選挙王制。シュラフタによって選出される国王、つまり世襲君主でない国王が国家の首長であること。
  • 立憲君主制、つまり君主がパクタ・コンヴェンタやその他の法律によって誓約されており、シュラフタは国王が法的に不正な行為をしている場合は従う義務はないとされた。

参政権者[編集]

共和国の主要な参政権者は以下の通り。各人一人一票の原則は共和国の滅亡まで守られた:

  • 国王…王権の拡大のために奮闘し、絶対王政の創出を試みていた[32]
  • 僧侶…平民出身者であっても僧籍に入ることで参政権を得ることがあった。
  • マグナート…シュラフタのうち最も裕福な階層、日本の幕藩体制のごとく特権的な寡頭政治によって国家を統治し、国王と貧窮シュラフタを統御しようとしていた[32]。特に大きな財産を持つマグナートはオルディナトと呼ばれ、彼らはそれぞれがヨーロッパの大国の君主たちに匹敵する財産を持っていた。
  • 中小シュラフタ…セイムの権限を拡大し、シュラフタによる民主政治で国家を統治しようとしていた[32]
「国王たちのケーキ」第1次ポーランド分割の寓意、ジャン・ミシェル・モリュー

マグナートと中小シュラフタが一つの貴族階級として連帯することはなく、多くの党派が国王ないし大勢のマグナートをばらばらに支援していた。

共和国の制度的欠陥[編集]

1572年にヤギェウォ家の統治者がいなくなると、(共和国の唯一かつ最大の制度的欠陥であるとのちに指摘されることになった)「リベルム・ヴェト(任意拒否権)」が濫用され、かろうじて均衡を保っていた共和国政府は崩壊した。権力は徐々に中央政府から地方のシュラフタ達へと移っていった。

周期的に空になる王座を埋める機会が訪れるたび、シュラフタ達は共和国内に強大な新王朝を築く心配のない外国人の候補者を好んで探し求めた。この政策によって王位についた人物は皆、影響力を持たないか、シュラフタとの恒常的な抗争によって力を衰えさせることとなった。さらには、有名な例外といえるトランシルヴァニアの支配者ステファン・バートリ(在位1576年 - 1586年)を除けば、外国出身の国王はすべて自国あるいは出身家門の利害に共和国の利害関心を従属させようとする傾向があった。この傾向は特にヴァーサ家出身の最初の選挙王2人の統治期の政策と軍事行動に顕著であり、彼らの政治方針は共和国とスウェーデンとの間に抗争を引き起こし、それは大洪水時代(1648年)において頂点に達した。そしてこの動乱こそが、共和国を黄金期から衰退期へと転換させることになった。

ゼブジドフスキの反乱(1606年 - 1607年)を転機としてマグナートは権力を増長させ、シュラフタ民主政はマグナート寡頭政にとって代わられた。共和国の政治システムは国外からの干渉に弱く、諸外国から賄賂を受け取ったセイム代議員がリベルム・ヴェトを乱発して改革の試みを潰すべくを行使することも珍しくなかった[33][34]。こうした弱みは独立国家としての共和国を掘り崩し、近隣諸国が国内を安定させて軍事力を付けていた17世紀半ばから18世紀半ばまでの100年以上もの間、共和国はリベルム・ヴェトが濫用され政治的な麻痺状態・無政府状態においたのである。

後期の諸改革[編集]

4年議会による5月3日憲法の採択、1791年

共和国は政治システムの改革のために大変な労力を費やし、1791年に近代ヨーロッパでは初めての成文国家憲法[20]である5月3日憲法を制定した。これはその2年前に制定されていたアメリカ合衆国憲法についで、世界で2番目に早く誕生した成文憲法である。革命憲法は旧来のポーランド・リトアニア連合国家を世襲王制のポーランド・リトアニア連邦国家へと変貌させ、古いシステムが持つ有害な特徴を排除していった。新しい憲法では以下のように取りきめられた:

共和国を弱体な緩衝国の地位に留めておきたい近隣列強によって全国境から攻め込まれることになったために、これらの改革は手遅れとなった。しかし、国王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキとその他の改革者たちによる強国化政策は国内に大きな反響を生んだ[25]。ロシアは5月3日憲法の政治改革による革命の波及と、共和国がヨーロッパ列強国の地位を取り戻す可能性を恐れた。エカチェリーナ2世は5月憲法を自身の命取りになる[35]、憲法はジャコバン派の影響を受けたものだと述べていた[36]グリゴリー・ポチョムキン公爵タルゴヴィツァ連盟結成のための文書を起草し、憲法については「民主主義理念とやらの伝染病」だと切り捨てた[37]。また一方で、やはりプロイセンとオーストリアもポーランドの強国化を憂慮しており、これを領土拡大の口実にしようとしていた[36] 。プロイセンの宰相エヴァルト・フォン・ヘルツベルクは「プロイセンの王政に対する打撃」と述べ[38]、かつてはプロイセンを従属させていたポーランドの再強国化に強い警戒心をもって臨んだ[35][39]。結局、共和国が憲法制定後4年間のうちに完全に消滅したため、5月3日憲法は発効したものの、特に「クレシ」と呼ばれる東部辺境地域ではタルゴヴィツァ連盟などの抵抗勢力が結集して憲法への反対闘争を繰り広げた。

軍隊[編集]

共和国軍は2人の大ヘトマンおよび2人の野戦ヘトマンによって統率された。軍は以下の軍団から構成されていた:

共和国にはいくつかの部隊も存在した:

共和国海軍は共和国の歴史の中ではさほど大きな役割を果たしていないが、スウェーデンの海上封鎖を破ったオリヴァの海戦では勝利を収めた。黒海では、コサック達がオスマン帝国やその属国に対し、チャイカと呼ばれる小型の舟に乗って掠奪行為を続けていた。彼らは帝国の首都イスタンブル郊外に火を放ったこともある。

経済[編集]

「穀物が高く売れるとき…」
「…そして売れないとき」二つの絵は、共和国の貴族階級に長く利益をもたらしてきた農業が、17世紀後半から衰退を始めたことを示す
ステファン・バートリの治世中に鋳造された貨幣
ルブリンにあるコノプシツァの共同住宅、1575年再建
ヴィスワ川の河川輸送商人の野営」ヴィルヘルム・アウグスト・ストリョフスキ画、1858年

共和国の経済は農奴制を基盤とする封建制農業生産によって支えられていた。奴隷制度はポーランドでは15世紀には禁止されたが、リトアニアでは1588年になってようやく廃止されている[40]。もっとも、奴隷制度が廃止され一時的に小作農がその大幅な自由を謳歌し経済的恩恵を享受したものの、のちに国際的な構造が大転換をして共和国の経済が衰退期に入ると再版農奴制に取って代わられていった[41]。貴族達が所有するフォルヴァルクと呼ばれる大規模農場では、国外へ大量に輸出するための余剰農作物が、小作農たちによって生産されていた。この経済体制は、穀物生産が最も好調な時期に当たっていた共和国の初期においては、支配階級、農民、都市民の誰にも都合よく機能し、共和国の黄金時代を支えていた[42]。しかしながら17世紀後半になると、新大陸から安価な穀物が大量に欧州市場に流入するようになり、穀物相場が下落していくにつれて国内の経済状況は悪化の一途をたどる。小作農は資金繰りが悪くなって地主であるシュラフタへの負債を増やしていき、シュラフタたちは利潤の落ち込みを埋め合わせるべく小作農たちに重労働を課したことで、小作農たちの生活や身分は再度地主に依存し隷属する状態、すなわち再版農奴制と呼ばれるようになった状況に陥ったのである。

共和国の経済が農業、とりわけ生産物の輸出に依存したままだったことは、ブルジョワジーに対するシュラフタの圧倒的優位と結びついたばかりか、農産物の市場価格の大幅な下落は国内の資本蓄積を遅らせ、共和国内での都市化と産業における発展をかなり阻害する結果となった。地主貴族と都市ブルジョワの社会階級間での葛藤はヨーロッパ世界全体に共通する現象だったが、経済を穀物という市場の変動の影響を受けやすい物品の輸出に過度に偏って依存していた共和国のように、貴族階級が勝利を収めたという事態は同時代の他地域にはあまり見られない現象であった(のちにプロイセン王国ロシア帝国ではまったく同じ現象が見られた)。しかし、17世紀中葉の戦争と相次ぐ危機が襲うまでは、共和国の諸都市の規模や富は西側諸国の諸都市のそれ比べて遜色なく、その危機の時代が都市の成長阻害に甚大な影響を及ぼしたのだ、という主張もあり、その是非は歴史家たちの間で今も争われている。共和国にはマクデブルク法に基づいた都市や町を多く抱えていた。共和国で最も大規模な市場ルブリンで開かれていた。

共和国はヨーロッパ最大の穀物生産国だったが、共和国は人口が多く穀物の量の面から言えば大部分は国内で消費されていた。1560年から1570年までのポーランド王冠領(元々のポーランド領地域)とポーランドの領邦であるプロイセンをあわせたポーランド国内の小麦の消費量を見積もるとおよそ11万3000トンに及ぶ。16世紀に共和国で生産されていた穀物量は約12万トン、うち6%が輸出され、19%が都市部で消費され、残りは農村部の消費となる。共和国が輸出した穀物は西ヨーロッパの需要の約2%程度を賄っていたと思われる。共和国の穀物は、1590年代から1620年代にかけてヨーロッパ中が不作に悩み、南欧諸国が体制安定のために競って穀物輸入を行ったような時期には、ポーランドが輸出する穀物はきわめて重要なもので、その状況が相場を支えたのである。

共和国において穀物は最大の輸出品だったが、フォルヴァルクの所有者たちはたいてい、国内での穀物取引の80%を扱い、バルト海海港に向けて穀物を輸送するグダニスクの商人たちと契約を交わしていた[43]。共和国を流れる多くの河川が輸送に利用されていた。ヴィスワ川ピリツァ川ブク川サン川ニダ川ヴィエプシュ川ネマン川などである。それらの川は比較的インフラ整備がなされており、港湾や穀倉を備えていた。多くの川ではさほど利益にならない輸送業に携わる人々が南北を行き交い、平底荷船やいかだはグダニスクで材木を売り捌くために北へと向かった。グダニスクから、船はアントウェルペンアムステルダムのような大都市に穀物を輸送するためネーデルラントフランドルへと向かった。穀物に加え、海上貿易の輸出品には材木や木材から作れるタールのようなものがあった。

陸上での貿易では、共和国は皮革、毛皮、麻、絹(大半はヴィエルコポルスカ産)やリネンを、ライプツィヒニュルンベルクといった神聖ローマ帝国のドイツ人居住地域に輸出していた。5万頭ものウシがシロンスク経由で商品を運んだ。共和国はまた、香辛料や嗜好品、衣服、魚、ビールや、産業のために使われる鉄や様々な道具などを輸入していた。グダニスクから南へと向かってくる船は少なかったが、ワインや果物、香辛料、ニシンを運んできた。ところが新大陸からの安価な農産物が大量に欧州市場に流入するようになった16・17世紀の間に、共和国の収支バランスは黒字から赤字に転落した。

大航海時代の始まりとともに、琥珀の道のような数多くの古い貿易ルートが消滅するとともに、新しいルートが次々と築かれた。ヨーロッパとアジアを繋ぐ隊商貿易路としてのポーランドの重要性は薄れ、一方でポーランドとロシアとの間には新しい交易路が開かれた。しかし共和国の造船技術が改善して海上貿易に目が向けられた後も、西洋と東洋との結節点としての重要性は消えず、数多くの商品や生産物が共和国を通過して様々な地域に運ばれた。たとえば、イスファハーン絨毯ペルシアから共和国に輸入されていたが、西欧では「ポーランド絨毯」の名前で知られていた。共和国の通貨にはズウォティグロシュなどがあった。グダニスクには独自の貨幣を鋳造する特権が与えられていた。

文化[編集]

1598年にイングランドで出版されたゴシリツキの著書『最善の元老院議員について』の中で、共和国は「ポーランド人の帝国」と翻訳されている

ポーランド保守思想としての自由主義、民主主義、多民族共存主義、多文化主義、平和主義[編集]

共和国は近代的な政治・社会思想の発展においてヨーロッパの重要な中心地の一つであり、エラスムスが称賛したように、当時としては稀な民主的な政治システムを備えていた。また対抗宗教改革の時代にあっても、やはり特異であった宗教的寛容を実現させ、ユダヤ教東方正教プロテスタントイスラームが国教であるカトリックとともに平和的に共存していた。ただし時期によってはカトリックを強制する動きが強まった事もあった。

共和国はまた、イギリスアメリカ合衆国ユニテリアン主義の先駆者であるキリスト教セクト、ポーランド兄弟団を生んだ。

その政治システムの影響もあり、共和国はアンジェイ・フリチュ・モドジェフスキ(1503年– 1572年)、ヴァヴジニェツ・グジマワ・ゴシリツキ(1530年 – 1607年)、ピョトル・スカルガ(1536年 – 1612年)といった政治思想家たちを生み、スタニスワフ・スターシツ(1755年 – 1826年)やフーゴ・コウォンタイ(1750年 – 1812年)はヨーロッパで最も早くに成立した近代的な成文憲法・国家憲法であり、大陸で最初の革命的な政治原則を打ち立てた、5月3日憲法の完成させるための道筋を示した。

クラクフヤギェウォ大学はヨーロッパで最も古い総合大学の一つであり、ヴィリニュス大学とともに共和国における人文科学・自然科学の中心であった。1773年に創設された国民教育委員会は、世界最初の教育省であった[44]

共和国は多くの科学技術者を輩出した:

また共和国は以下のような古典作家たちをも生んだ:

また多くのシュラフタたちが回想録日記を残している。おそらく最も有名なのはアルブレフト・スタニスワフ・ラジヴィウ(1595年 – 1656年)の『ポーランドの歴史に関する回想』、ヤン・フリゾストム・パセク(1636年頃 – 1701年頃)の『回想録』であろう。

マグナートたちは自らの権威づけのために様々な建設計画に着手した。ワルシャワ大統領宮殿やポーランド大ヘトマンであったスタニスワフ・コニェツポルスキが建てたポドホルツァヒ城のような、教会聖堂宮殿などである。最大の建設計画は都市全体を建設するというものだったが、大概は途中でうやむやになり結局は廃棄されている。建設された都市の名前の多くは出資したマグナートの名前にちなんだ。これらの都市のうち最も有名なのは、ヤン・ザモイスキによって建設され、イタリア人建築家ベルナルド・モランドが設計を担当したザモシチである。

サルマティズム[編集]

「ポーランドの貴族男性」レンブラント・ファン・レイン

シュラフタの間で普及していたイデオロギーは、貴族の祖先と考えられていたサルマタイ人にちなんで「サルマティズム」と呼ばれた。この信条体系はシュラフタ文化の重要な部分を占め、彼らの生活領域の全面に浸透した。サルマティズムはシュラフタ階級のあいだでの母語(民族)・宗教宗派・職業・家柄を超えた平等意識、彼らの騎馬趣味、伝統重視、地方での田園生活、平和主義を奨励したし、オリエントに影響された服飾の流行を生みだした(ジュパンコントゥシュスクマナパス・コントゥショヴィデリアシャブラなど)。さらには、多民族で構成された共和国の貴族階級に単一民族意識に近い連帯感を、シュラフタの「黄金の自由」に正統性をそれぞれ付与した。

初期のサルマティズムは理想主義的な文化運動として理解できるもので、信仰心、誠実さ、愛国心、勇敢、平等と自由を鼓吹した。しかし、そうした性格は徐々に歪んでいく。後期に現れた過激なサルマティズムは、信心を狂信に、誠実さを政治的無知に、誇りを傲慢さに、勇敢を頑迷に、自由を無秩序に変容させてしまった[45]。サルマティズムは18世紀後半に起きた国家の消滅に責任があったとして非難を受けている。サルマティズムに対する批判は、ラディカルな変革を志向する改革者たちによって、しばしば偏った見地からなされた。この自己批判はまた、ポーランドの消滅は自己崩壊が招いたものだと証明しようとした、ロシアプロイセンオーストリアの歴史家たちの著作に同調したものでもあった。

しかしサルマティズムにあるのは否定的な側面ばかりではない。サルマティズムは多元文化主義を機能させるための政治的手段でもあった。サルマティズムにおいて、シュラフタ同士では民族、宗教、宗派、職業、家柄によって政治的に差別されることはなく、誰もが平等に参政権を有した。ここでは共和国におけるシュラフタは共和国市民であり、古代の共和政ローマにおけるローマ市民に相当した。この市民主義は後にポーランドで確立する立憲政治や民主主義の基盤となったものであり、近代の市民はここに生まれたのである。ヨーロッパ初の近代成文憲法である1791年5月3日憲法および当時の一連の改革(世界初の教育省である国民教育委員会の設立を含む)はその内容から、非シュラフタだった階級の人々をシュラフタに引き上げる意味があった。すなわち共和国に住むすべての人々を共和国市民にしようとした試みであり、明らかにサルマティズムの流れに沿ったものであった。

使用言語[編集]

ヘブライ語・ポーランド語・ドイツ語・フランス語による5月3日憲法1周年記念賛歌(1792年)

遺産[編集]

1807年に建国されたワルシャワ公国は、共和国をその原点としていた。同様の発想は、11月蜂起(1830年 - 1831年)や1月蜂起(1863年 - 1864年)のような祖国回復運動や、ユゼフ・ピウスツキが提唱したが失敗に終わった、リトアニアウクライナを組み込むポーランド主導のミェンズィ・モジェ(Mięzy morze/英訳Between the seas)連邦構想(バルト海黒海間の多民族連邦共和国構想)にも継承されていた。今日のポーランド共和国はポーランド・リトアニア連合国家の後継者を自任している[70]1918年に成立したポーランド共和国(いわゆる「第二共和国」)はポーランド=リトアニア共和国の継承国家で、ナチス・ドイツソ連に国家が蹂躙された1939年から1989年までは行政の実権が奪われていたものの、イギリスロンドンポーランド亡命政府を設け、大統領や首相を置いて活動し、ポーランド第二共和国を法的に継承している。1989年に民主化を果たして以来存続している現在のポーランド共和国政府はレフ・ヴァウェンサ大統領が就任するときにロンドン亡命政府の大統領リシャルト・カチョロフスキより法的に政権を継承した。したがって、現在のポーランド共和国(第三共和国)はポーランド=リトアニア共和国の継承国家である。

一方で第一次世界大戦の終結後に再独立したリトアニア共和国は、当初は反ポーランド主義を国是としており、かつての連合国家であるポーランド共和国(第二共和国)へのリトアニア国家の参加を長い間否定的に見ていた[71]1991年のソ連崩壊後もしばらくは激しい反ポーランド主義を貫いた(リトアニアは、中欧諸国の国家間連携であるヴィシェグラード・グループではなく、ポーランドもリトアニアも共に中欧と北欧の橋渡しをするバルト海諸国理事会に加盟しているにもかかわらず、バルト三国の他国とともに北欧理事会への加盟希望の表明をしている)が、2004年欧州連合(EU)加盟と2008年からの世界金融危機によるリトアニアの経済危機・財政危機と、金融危機の影響を食い止めて景気後退を回避したポーランド経済の力強い発展と安定した財政力を受けて、リトアニアのポーランドに対する敵対的な態度は近年になって徐々に変わりつつある、と言われる[72]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Daniel Z Stone, The Polish-Lithuanian State, 1386–1795, p46
  2. ^ "Poland." Encyclopædia Britannica. 2009. Encyclopædia Britannica Online. Retrieved 20 Feb. 2009
  3. ^ Heritage: Interactive Atlas: Polish-Lithuanian Commonwealth. Retrieved March 19, 2006: At its apogee, the Polish-Lithuanian Commonwealth comprised some 400,000平方マイル (1,000,000 km2) and a multi-ethnic population of 11 million. For population comparisons, see also those maps: [1], [2].
  4. ^ Norman Davies, Europe: A History, Pimlico 1997, p. 554: Poland-Lithuania was another country which experienced its 'Golden Age' during the sixteenth and early seventeenth centuries. The realm of the last Jagiellons was absolutely the largest state in Europe.
  5. ^ Yale Richmond, From Da to Yes: Understanding the East Europeans, Intercultural Press, 1995, p. 51
  6. ^ Maciej Janowski, Polish Liberal Thought, Central European University Press, 2001, ISBN 963-9241-18-0, Google Print: p3, p12
  7. ^ Paul W. Schroeder, The Transformation of European Politics 1763–1848, Oxford University Press, 1996, ISBN 0-19-820654-2, Google print p84
  8. ^ Rett R. Ludwikowski, Constitution-Making in the Region of Former Soviet Dominance, Duke University Press, 1997, ISBN 0-8223-1802-4, Google Print, p34
  9. ^ a b George Sanford, Democratic Government in Poland: Constitutional Politics Since 1989, Palgrave, 2002, ISBN 0-333-77475-2, Google print p11—constitutional monarchy, p3—anarchy
  10. ^ a b c Aleksander Gella, Development of Class Structure in Eastern Europe: Poland and Her Southern Neighbors, SUNY Press, 1998, ISBN 0-88706-833-2, Google Print, p13
  11. ^ "Formally, Poland and Lithuania were to be distinct, equal components of the federation… But Poland, which retained possession of the Lithuanian lands it had seized, but Poland had greater representation in the Diet and became the dominant partner."“Lublin, Union of”. (2006). http://www.britannica.com/eb/article-9049222. [3]
  12. ^ Halina Stephan, Living in Translation: Polish Writers in America, Rodopi, 2003, ISBN 90-420-1016-9, Google Print p373. Quoting from Sarmatian Review academic journal mission statement: Polish-Lithuanian Commonwealth was […] characterized by religious tolerance unusual in premodern Europe
  13. ^ This quality of the Commonwealth was recognized by its contemporaries. Robert Burton, in his The Anatomy of Melancholy, first published in 1621, writes of Poland: "Poland is a receptacle of all religions, where Samosetans, Socinians, Photinians [...], Arians, Anabaptists are to be found"; "In Europe, Poland and Amsterdam are the common sanctuaries [for Jews]".
  14. ^ Feliks Gross, Citizenship and Ethnicity: The Growth and Development of a Democratic Multiethnic Institution, Greenwood Press, 1999, ISBN 0-313-30932-9, Google Print, p122 (notes)
  15. ^ "Poland." Encyclopædia Britannica. 2009. Encyclopædia Britannica Online. Retrieved 20 Feb. 2009
  16. ^ (英語) Francis Dvornik (1992). The Slavs in European History and Civilization. Rutgers University Press. p. 300. ISBN 08-13507-99-5. http://books.google.com/books?id=LACpYP-g1y8C&printsec=frontcover&hl=pl. 
  17. ^ (英語) Salo Wittmayer Baron (1976). A social and religious history of the Jews. Columbia University Press. ISBN 02-31088-53-1. 
  18. ^ Martin Van Gelderen, Quentin Skinner, Republicanism: A Shared European Heritage, Cambridge University Press, 2002, ISBN 0-521-80756-5 Google Print: p54
  19. ^ The Causes of Slavery or Serfdom: A Hypothesis, discussion and full online text of Evsey Domar (1970) "The Causes of Slavery or Serfdom: A Hypothesis", Economic History Review 30:1 (March), pp18–32
  20. ^ a b John Markoff describes the advent of modern codified national constitutions and states that "The first European country to follow the U.S. example was Poland in 1791." John Markoff, Waves of Democracy, 1996, ISBN 0-8039-9019-7, Google Print, p121
  21. ^ Polish–Prussian alliance of 1790
  22. ^ Although the terms Rzeczpospolita (Commonwealth/Republic) and Oba Narody (Two/Both Nations) were widespread in the period, they were used in the combined form for the first time only in 1967 in Paweł Jasienica's book thus entitled.
  23. ^ Andrzej Jezierski, Cecylia Leszczyńska, Historia gospodarcza Polski, 2003, s. 68.
  24. ^ Russia's Rise as a European Power, 1650-1750, Jeremy Black, History Today, Vol. 36 Issue: 8, August 1986
  25. ^ a b Pacy, James S.; James T. McHugh. Diplomats Without a Country: Baltic Diplomacy, International Law, and the Cold War (1st Edition ed.). Post Road West, Westport, Connecticut: Greenwood Press. doi:10.1336/0313318786. ISBN 0-313-31878-6. http://books.google.com/books?ie=UTF-8&visbn=0313318786&id=wRbdAwtxVIAC&pg=PA18&lpg=PA18&dq=Union+of+Lublin&vq=autonomy&sig=gX3YrDKVd16OrwDC8RHYcz8UyVE 2006年9月3日閲覧。. 
  26. ^ Bardach, Juliusz (1998). O Rzeczpospolitą Obojga Narodów. Warszawa. 
  27. ^ Joanna Olkiewicz, Najaśniejsza Republika Wenecka (Most Serene Republic of Venice), Książka i Wiedza, 1972, Warszawa
  28. ^ Joseph Conrad, Notes on Life and Letters: Notes on Life and Letters, Cambridge University Press, 2004, ISBN 0-521-56163-9, Google Print, p422 (notes)
  29. ^ Frost, Robert I.. The Northern Wars: War, State and Society in northeastern Europe, 1558–1721. Harlow, England; New York: Longman's.  2000. Especially pp9–11, 114, 181, 323.
  30. ^ (英語) David Sneath (2007). The headless state: aristocratic orders, kinship society, & misrepresentations of nomadic inner Asia. Columbia University Press. p. 188. ISBN 02-31140-54-1. http://books.google.com/books?id=OR14qaApQbgC&printsec=frontcover&hl=pl. 
  31. ^ (英語) M. L. Bush (1988). Rich noble, poor noble. Manchester University Press ND. p. 8-9. ISBN 07-19023-81-5. http://books.google.com/books?id=TIG7AAAAIAAJ&printsec=frontcover&hl=pl. 
  32. ^ a b c (英語) Piotr Stefan Wandycz (1980). The United States and Poland. Harvard University Press. p. 17. ISBN 06-74926-85-4. http://books.google.com/books?id=_XaFaNshCrkC&printsec=frontcover&hl=pl. 
  33. ^ William Bullitt, The Great Globe Itself: A Preface to World Affairs, Transaction Publishers, 2005, ISBN 1-4128-0490-6, Google Print, pp42–43
  34. ^ John Adams, The Political Writings of John Adams, Regnery Gateway, 2001, ISBN 0-89526-292-4, Google Print, p.242
  35. ^ a b Henry Eldridge Bourne, The Revolutionary Period in Europe 1763 to 1815, Kessinger Publishing, 2005, ISBN 1-4179-3418-2, Google Print p161
  36. ^ a b Wolfgang Menzel, Germany from the Earliest Period Vol. 4, Kessinger Publishing, 2004, ISBN 1-4191-2171-5, Google Print, p33
  37. ^ ;Isabel de Madariaga, Russia in the Age of Catherine the Great, Sterling Publishing Company, Inc., 2002, ISBN 1-84212-511-7, Google Print p431
  38. ^ Carl L. Bucki, The Constitution of May 3, 1791, Text of a presentation made at the Polish Arts Club of Buffalo on the occasion of the celebrations of Poland's Constitution Day on May 3, 1996. Retrieved March 20, 2006
  39. ^ Piotr Stefan Wandycz, The Price of Freedom: A History of East Central Europe from the Middle Ages to the Present, Routledge (UK), 2001, ISBN 0-415-25491-4, Google Print p131
  40. ^ Welcome to Encyclopædia Britannica's Guide to History”. Britannica.com (1910年1月31日). 2009年2月1日閲覧。
  41. ^ http://books.google.com/books?ie=UTF-8&vid=ISBN086091710X&id=EhtMbM1Z8BkC&dq=Union+of+Lublin&lpg=PA284&pg=PA285&sig=Iz4vVbE7WIYY8AI-_UNKwB6C7wY
  42. ^ http://books.google.com/books?ie=UTF-8&vid=ISBN086091710X&id=EhtMbM1Z8BkC&dq=Union+of+Lublin&lpg=PA284&pg=PA285&sig=Iz4vVbE7WIYY8AI-_UNKwB6C7wY
  43. ^ (英語) Krzysztof Olszewski (2007). The Rise and Decline of the Polish-Lithuanian Commonwealth due to Grain Trade. p. 7. http://venus.unive.it/olszewski/Polish%20Grain%20Trade%20-%20Krzysztof%20Olszewski.pdf 2009年4月22日閲覧。. 
  44. ^ (英語) Norman Davies (2005). God's Playground: A History of Poland. Columbia University Press. p. 167. ISBN 02-31128-19-3. http://books.google.com/books?id=EBpghdZeIwAC&hl=pl. 
  45. ^ Andrzej Wasko, Sarmatism or the Enlightenment: <space>The Dilemma of Polish Culture, Sarmatian Review XVII.2, online
  46. ^ a b c d e f g h Anatol Lieven, The Baltic Revolution: Estonia, Latvia, Lithuania and the Path to Independence, Yale University Press, 1994, ISBN 0300060785, Google Print, p.48
  47. ^ Stephen Barbour, Cathie Carmichael, Language and Nationalism in Europe, Oxford University Press, 2000, ISBN 0199250855, Google Print p.184
  48. ^ Östen Dahl, Maria Koptjevskaja-Tamm, The Circum-Baltic Languages: Typology and Contact, John Benjamins Publishing Company, 2001, ISBN 9027230579, Google Print, p.45
  49. ^ Glanville Price, Encyclopedia of the Languages of Europe, Blackwell Publishing, 1998, ISBN 0631220399, Google Print, p.30
  50. ^ a b c d Mikulas Teich, The National Question in Europe in Historical Context, Cambridge University Press, 1993, ISBN 0521367131, Google Print, p.295
  51. ^ a b c d e f Kevin O'Connor, Culture And Customs of the Baltic States, Greenwood Press, 2006, ISBN 0313331251, Google Print, p.115
  52. ^ a b Daniel. Z Stone, A History of East Central Europe, p.46
  53. ^ Karin Friedrich et al., The Other Prussia: Royal Prussia, Poland and Liberty, 1569-1772, Cambridge University Press, 2000, ISBN 0521583357, Google Print, p.88
  54. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「The_Politics_of_Language_and_Nationalism_in_Modern_Central_Europe」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  55. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「Acta_Poloniae_historica」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  56. ^ They were the first Catholic schools in which one of the main languages of instruction was Polish. [...] Although he followed Locke in attaching weight to the native language, in general Latin lost ground to French rather than Polish. (英語) Richard Butterwick (1998). Poland's last king and English culture: Stanisław August Poniatowski, 1732-1798. Oxford University Press. p. 70. ISBN 0-19-820701-8. 
  57. ^ Piotr Eberhardt, Jan Owsinski, Ethnic Groups and Population Changes in Twentieth-century Central-Eastern Europe: History, Data, Analysis, M.E. Sharpe, 2003, ISBN 0765606658, Google Print, p.177
  58. ^ Östen Dahl, Maria Koptjevskaja-Tamm, The Circum-Baltic Languages: Typology and Contact, John Benjamins Publishing Company, 2001, ISBN 9027230579, Google Print, p.41
  59. ^ Daniel. Z Stone, A History of East Central Europe, p.4
  60. ^ Zinkevičius, Z. (1993). Rytų Lietuva praeityje ir dabar. Vilnius: Mokslo ir enciklopedijų leidykla. p. 70. ISBN 5-420-01085-2. "Official usage of Lithuanian language in the 16th century Lithuania's cities proves magistrate's decree of Vilnius city, which was sealed by Žygimantas Augustas' in 1552...//Courts juratory were written in Lithuanian language. In fact, such [courts juratory written in Lithuanian] survived from the 17th century..." 
  61. ^ "Mes Wladislaus..." a letter from Wladyslaw Vasa issued in 1639 written in Lithuanian language”. 2006年9月3日閲覧。
  62. ^ Ališauskas, V.; L. Jovaiša, M. Paknys, R. Petrauskas, E. Raila and others (2001). Lietuvos Didžiosios Kunigaikštijos kultūra. Tyrinėjimai ir vaizdai. Vilnius. p. 500. ISBN 9955-445-26-2. "In 1794 Government's declarations were carried out and in Lithuanian." 
  63. ^ Czesław Miłosz, The History of Polish Literature, University of California Press, 1983, ISBN 0520044770, Google Print, p.108
  64. ^ Jan K. Ostrowski, Land of the Winged Horsemen: Art in Poland, 1572-1764, Yale University Press, 1999, ISBN 0300079184, Google Print, p.27
  65. ^ a b (英語) Joanna B. Michlic (2006). Poland's threatening other: the image of the Jew from 1880 to the present. U of Nebraska Press. p. 42. ISBN 08-03232-40-3. http://books.google.com/books?id=t6h2pI7o_zQC&printsec=frontcover&hl=pl. 
  66. ^ (ポーランド語) Karol Zierhoffer, Zofia Zierhoffer (2000). Nazwy zachodnioeuropejskie w języku polskim a związki Polski z kulturą Europy. Wydawnictwo Poznańskiego Towarzystwa Przyjaciół Nauk. p. 79. ISBN 83-7063-286-6.  Podobną opinię przekazał nieco późnej, w 1577 r. Marcin Kromer "Za naszej pamięci weszli [...] do głównych miast Polski kupcy i rzemieślnicy włoscy, a język ich jest także częściowo w użyciu, mianowicie wśród wytworniejszych Polaków, którzy chętnie podróżują do Włoch".
  67. ^ (英語) Rosemary A. Chorzempa (1993). Polish roots. Genealogical Pub.. ISBN 08-06313-78-1. 
  68. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「Art_in_Poland.2C_1572-1764:_land_of_the_winged_horsemen」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  69. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「Ethnic_identity:_problems_and_prospects_for_the_twenty-first_century」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  70. ^ A. stated, for instance by the preamble of the Constitution of the Republic of Poland of 1997.
  71. ^ Alfonsas Eidintas, Vytautas Zalys, Lithuania in European Politics: The Years of the First Republic, 1918–1940, Palgrave, 1999, ISBN 0-312-22458-3. Print, p78
  72. ^ "Zobaczyć Kresy". Grzegorz Górny. Rzeczpospolita 23-08-2008 (in Polish)” ((ポーランド語)). Rp.pl (2008年8月23日). 2009年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]