三十年戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  三十年戦争関係地図
Map Thirty Years War-en.svg
  プロテスタント多数派国・領邦
  スペイン・ハプスブルク
  オーストリア・ハプスブルク

①1620-1623:ボヘミアとプファルツ選帝侯の敗北。
②1625-1629:デンマーク王クリスチャン4世の介入。
③1630-1632:スウェーデン王グスタフ2世アドルフの介入。
④1635-1643:フランスの介入。
⑤1645-1648:テュレンヌ将軍とスウェーデンのドイツ戦役。

三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。「最後の宗教戦争」、「最初の国際戦争」などと形容されるが、スウェーデンが参戦した1630年以降は、ハプスブルク家ブルボン家ヴァーサ家による大国間のパワーゲームと捉える向きもある。

「三十年戦争」という表現を最初に用いたのは、17世紀ザムエル・フォン・プーフェンドルフとされる。

概要[編集]

三十年戦争
The Hanging by Jacques Callot.jpg
三十年戦争時の虐殺を描いたジャック・カロによる版画『戦争の惨禍』(1632年)
1618年–1648年
場所 ヨーロッパ(主に、現在のドイツ)
結果 ヴェストファーレン条約
衝突した勢力
新教徒勢力

スウェーデンの旗 スウェーデン (1630–)
フランス王国の旗 フランス王国 (1635–)
デンマークの旗 デンマーク=ノルウェー (1625–1629)
ボヘミアの旗 ボヘミア王国英語版 (1618-1620)
ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国
ザクセン選帝侯領の旗 ザクセン選帝侯領
Flag of The Electoral Palatinate (1604).svg プファルツ選帝侯領 (-1623)
Brandenburg Wappen.svg ブランデンブルク=プロイセン
Coat of Arms of Brunswick-Lüneburg.svg ブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領
イングランド王国の旗 イングランド王国 (1625-30)[2]
Flag of Transylvania before 1918.svg トランシルヴァニア公国
反ハプスブルク家勢力[3]

Flag of the Cossack Hetmanat.svg ザポロージャ・コサック英語版
オスマン帝国の旗 オスマン帝国

ローマ・カトリック勢力

神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国

スペインの旗 スペイン帝国
Flag of the Habsburg Monarchy.svg 王領ハンガリー[4]
Flag of the Kingdom of Croatia (Habsburg).svg クロアチア王国英語版[5]
デンマークの旗 デンマーク=ノルウェー (1643–1645)[6]

指揮官
スウェーデンの旗 グスタフ・アドルフ 
スウェーデンの旗 アクセル・オクセンシェルナ

スウェーデンの旗 ヨハン・バネール英語版
スウェーデンの旗 レンナート・トルステンソン
スウェーデンの旗 グスタフ・ホルン
スウェーデンの旗 カール・グスタフ・ウランゲル英語版
スウェーデンの旗 カール10世
スウェーデンの旗 アレクサンダー・レスリー英語版
フランス王国の旗 ルイ13世
フランス王国の旗 リシュリュー
フランス王国の旗 フーキエール侯マナセ・ド・パ英語版 
フランス王国の旗 コンデ公ルイ2世
フランス王国の旗 フランス大元帥テュレンヌ
ボヘミアの旗 Flag of The Electoral Palatinate (1604).svg プファルツ選帝侯フリードリヒ5世(冬王)
ボヘミアの旗 インドジフ・マトヤス・トゥルン(トゥルン伯ハインリヒ・マティアス)英語版
ボヘミアの旗 アンハルト=ベルンブルク侯クリスティアン1世
デンマークの旗 クリスチャン4世
ザクセン選帝侯領の旗 ベルンハルト・フォン・ザクセン=ヴァイマル
ザクセン選帝侯領の旗 ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世
ネーデルラント連邦共和国の旗 オラニエ公マウリッツ
ネーデルラント連邦共和国の旗 ピート・ヘイン英語版
ネーデルラント連邦共和国の旗 ウィレム・ファン・ナッサウ英語版
ネーデルラント連邦共和国の旗 オラニエ公フレデリック・ヘンドリック
ネーデルラント連邦共和国の旗 マールテン・トロンプ
ネーデルラント連邦共和国の旗 エルンスト・カシミール
ネーデルラント連邦共和国の旗 ヘンドリック・カシミール1世
イングランド王国の旗 バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ
Flag of Transylvania before 1918.svg ベトレン・ガーボル
エルンスト・フォン・マンスフェルト
Coat of Arms of Brunswick-Lüneburg.svg クリスティアン・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
Flag of the Cossack Hetmanat.svg ボフダン・フメリニツキー
オスマン帝国の旗 オスマン2世

スペインの旗 フェリペ4世

スペインの旗 ガスパール・デ・グスマン
スペインの旗 ゴンサロ・フェルナンデス・デ・コルドバ英語版
スペインの旗 アンブロジオ・スピノラ
スペインの旗 枢機卿フェルナンド・デ・アウストリア
スペインの旗 フェリア公英語版
スペインの旗 ファドリケ・デ・トレド英語版
スペインの旗 アントニオ・デ・オケンド英語版
スペインの旗 カルロス・コロマ英語版
スペインの旗 フランシスコ・デ・メロ英語版
スペインの旗 ディエゴ・フェリペ・デ・グスマン英語版
神聖ローマ帝国の旗 アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン
神聖ローマ帝国の旗 ティリー伯ヨハン・セルクラエス 
神聖ローマ帝国の旗 フェルディナント2世
神聖ローマ帝国の旗 フェルディナント3世
神聖ローマ帝国の旗 フランツ・フォン・メルシー英語版 
神聖ローマ帝国の旗 ヨハン・フォン・ヴェルト英語版
神聖ローマ帝国の旗 ゴットフリート・ハインリヒ・グラーフ・ツー・パッペンハイム英語版 
Catholic League (Germany).svg バイエルン選帝侯マクシミリアン1世

戦力
661,000人 :
  • 150,000人 スウェーデン
  • 50,000人 デンマーク=ノルウェー
  • 75,000人 ネーデルラント
  • 約: 100–150,000人 ドイツ
  • 150,000人 フランス
  • 30-40,000人 ボヘミア
  • 20–30,000人 ハンガリー (反ハプスブルク家勢力)
  • 6,000人 トランシルバニア
    [7]
450,000 人:
被害者数
一般民衆を含め約8,000,000人[9]

三十年戦争は名前の通り30年間絶え間なく続いたのではなく、数ヶ月から2年程度の小康状態を挟んで断続的に続いた。当時はほとんどの軍が長期間統制しにくい傭兵によって賄われており、国王直属の常設軍隊は稀であったからである。また、長期の戦争を継続することは国家財政を圧迫するため、息切れするかのように戦争が中断されることになった。しかし、戦争が長引くとインターバルの期間は次第に短くなり、三十年戦争の最終段階では13年間にもわたる戦闘が繰り広げられた。

この戦争は4つの段階に分類することができ、後になるほど凄惨さを増していった。この4段階にわたる戦争はそれぞれハプスブルク帝国に対抗する勢力ないしは国家の名前をとって下記のように呼ばれている。

三十年戦争は新教派(プロテスタント)とカトリックとの間で展開された宗教戦争と捉えられることが多いが、それはこの戦争の単なる一側面に過ぎない。当初は宗教闘争に名を借りた民族対立の様相を呈していたが、戦争の第2段階から徐々に国家間の権力闘争の側面が露わになり、ヨーロッパにおける覇権を確立しようとするハプスブルク家と、それを阻止しようとする勢力間の国際戦争として展開することになった。

この戦争が単なる宗派対立による宗教戦争ではないことは、戦争勃発当初から明らかであった。ボヘミアのプロテスタント諸侯たちと新教派のプファルツ選帝侯によるハプスブルク家への反乱に対して、同じ新教派のザクセン選帝侯ブランデンブルク選帝侯は、彼らとプロテスタント同盟(ウニオン)を結成していながら彼らを見捨て、ハプスブルク家を中心としたカトリック連盟(リガ)を支援したという事実からもわかる。しかもザクセン選帝侯は、皇帝側に就いたり、皇帝に反旗を翻したりと、情勢と戦争の展開に応じて立場を変えている。

そして、ボヘミアとプファルツの新教勢力鎮圧によって新教連合が解体し、ハプスブルク家による新教派弾圧と強圧的なカトリック化政策がドイツ全域に及ぼされるに至って、イングランドデンマークスウェーデンなどの新教派諸国が反ハプスブルクの旗印の下で干渉の動きを示すようになっていった。

この反ハプスブルク勢力の中には、カトリック教国であるフランス王国も加わっていた。ブルボン朝の支配を確立し、フランスの勢力拡大をねらう宰相リシュリューは、デンマークとスウェーデンのドイツ情勢への介入を裏で手引きし、第4段階には直接軍事介入によって実力でハプスブルク帝国をねじ伏せようとした。フランスがハプスブルク帝国の勢力拡大を阻止しようと画策したのは、単にヨーロッパ情勢における優位を確保する以上の目的のためであった。もし、ドイツでハプスブルク家の支配が確立されれば、ハプスブルク家が支配するスペインとドイツに挟まれたフランスにとって大きな脅威となり、ブルボン朝の支配が揺るがされる危険性があった。ブルボン朝の安泰のためには、ハプスブルク家のドイツ支配は何としてでも阻止しなければならなかったのである。

しかしその一方で、対ハプスブルク陣営のフランスとスウェーデンの仲も必ずしも良好であったわけではなく、ドイツにおけるスウェーデン軍の勢力拡大を警戒したフランスは、増援の名の下に軍の増強を図ってスウェーデンを牽制する動きを見せた。

このような大国の思惑によってドイツの小国、民衆は振り回され、激しい戦闘によって国土は荒廃していった。やがて外交交渉による戦争終結の道が開かれ、勢力均衡を原則とする国際秩序が形成されていくことになったのである。

背景[編集]

1555年神聖ローマ皇帝カール5世が署名したアウクスブルクの和議1526年第一回シュパイアー帝国議会を確認するもので、ドイツ・ルター派とカトリックとの戦争を終結させた[10]

アウクスブルクの和議は以下のように定めている。

  • 225のドイツ諸邦の領主は自らの良心に従って、自領の信仰(ルター派かカトリック教会)を選ぶことができ、そして領民にはその信仰に従わせる(「領民は、その土地の宗派を信仰する」(cuius regio, eius religio)原則)。
  • 教会領に住むルター派は各自の信仰を続けることができる。
  • ルター派は1552年パッサウ条約以降にカトリック教会から獲得した領地を保つことができる。
  • ルター派に改宗した司教領主は自らの領地を放棄する必要がある(reservatum ecclesiasticumの原則)。

アウクスブルクの和議は一時的に敵対を収束させたものの、宗教紛争の根本的な解決にはならなかった。加えて続く数年間にカルヴァン派がドイツ中に急速に広まっていた。カルヴァン派がこの地域における第3の宗派となったが、彼らの地位はルター派とカトリック教会のみを対象としたアウクスブルクの和議では一切確認されていなかった [11][12]

神聖ローマ帝国に隣接する諸国もまた、三十年戦争の勃発に関与していた。

  • スペインは帝国の西部国境にスペイン領ネーデルラントを領しており、イタリア内の諸邦からネーデルラントに至るスペイン回廊[13]を通じてつながっていることから、ドイツ諸邦に関心を持っていた。1560年代にはネーデルラント人による反乱が頻発しており、反乱の過程で親スペインの南部10州(後のベルギールクセンブルク)と反スペインの北部7州(後のオランダ)に分割、これが1609年の和平協定まで続く八十年戦争となる。
  • フランスはスペインと神聖ローマ帝国の2つのハプスブルク家に囲まれており、また弱小ドイツ諸邦に影響力を及ぼすことを望んでいた。この王家の関心は宗教のそれを上回り、結果としてカトリックのフランスがプロテスタント側で参戦することになる。
  • スウェーデンとデンマークはバルト海沿岸の北ドイツ諸邦の獲得を狙っていた。また、スウェーデン王グスタフ2世アドルフによる「古ゴート主義」も参戦する動機の一つとなった。

神聖ローマ帝国は各々に割拠する独立性の高い諸邦の集まりであった。神聖ローマ皇帝位は有名無実なものであったが、帝位を持つハプスブルク家自身は帝国の大きな部分(オーストリア大公領ボヘミアそしてハンガリー)を直接支配していた。オーストリアはそれ故に自らの力でヨーロッパの列強国であり、800万人を支配していた。帝国はまたバイエルン、ザクセン、ブランデンブルク、プファルツ、ヘッセン方伯トリーア大司教ヴュルテンベルク(各々の人口は50万人から100万人)といった地域勢力を含んでいた。その他にも公領、自由都市、修道院、司教領主そして小領主(中には領地が1村だけのものもある)といった膨大な数の諸邦があった。オーストリアとバイエルンを除いて、これらの諸邦には国家レベルの政治に関与する能力はなく、子孫への分割相続によって生じた一族関係による同盟が普通である。

16世紀後半を通して宗教対立は根強く残っていた。アウクスブルクの和議は幾人かの改宗司教が彼らの教区を放棄することを拒み、加えてスペインと神聖ローマ帝国におけるハプスブルク家及び他のカトリック君主達がこの地域にカトリックを復活させようと図ったために崩れ始めた。これはケルン大司教領主のゲプハルト・トゥルホゼス・フォン・ヴァルトブルクドイツ語版英語版がカルヴァン派に改宗したことによって引き起こされたケルン戦争英語版1583年 - 1588年)によって明らかである。ゲプハルトは選帝侯であり、プロテスタントが多数派のケルン領主が神聖ローマ皇帝を選ぶことになる(それまで、選帝侯はカトリックに独占されていた)。

フェルディナント1世はドイツとボヘミアのカトリックのために両形色の聖体拝領を認めるためのトリエント公会議を開催させた。

ケルン戦争でスペインはゲプハルトを追放して、カトリックのエルンスト・フォン・バイエルンドイツ語版英語版(バイエルン公ヴィルヘルム5世の弟)に交代させた。この成功によってカトリックは勢いを取り戻し、バイエルン、ヴュルテンベルクその他の諸邦で「領民は、その土地の宗派を信仰する」(cuius regio, eius religio)原則をより一層厳しく押しつけ始めた。これはルター派住民に改宗か追放かを強いることになった。また、ルター派はプファルツ選帝侯領1560年)、ナッサウ(1578年)、ヘッセン=カッセル1603年)、そしてブランデンブルク(1613年)といった諸侯のカルヴァン派への離脱をも目にさせられた。このため、17世紀初めにはラインラントドナウ川南方はカトリックになり、ルター派は北部において優勢で、カルヴァン派は中西部、スイス、ネーデルラントなど他の地域で優勢となった。しかし、いずれの地域にも少数派はおり、幾つかの領地や都市ではカルヴァン派、カトリックそしてルター派はほぼ均衡していた。

カール5世に続くハプスブルク家の皇帝(フェルディナント1世マクシミリアン2世ルドルフ2世マティアス)は、同族のスペイン王家の激怒にもかかわらず、帝国内の諸侯が自らの信仰を選択する政策に満足していた。これらの君主達は抑圧なしに新しい信仰が帝国内に広がることを認めることによって宗教紛争を回避していたが、この政策は宗教統一を目指す者たちを怒らせていた[14]。一方、ルター派のスウェーデンとデンマークは帝国内のプロテスタントを援助して政治的経済的影響力を得ようと考えていた。

1606年、自由都市ドナウヴェルトにおいて宗教対立は暴力に発展した。ここでは多数派のルター派が、シュヴァーベンのカトリック住民による賛美歌行進を禁じたことから暴動が発生した。これはカトリックのバイエルン公マクシミリアン1世による介入を引き起こした。暴動が収束すると、ドイツのカルヴァン派は脅威を感じ、1608年にプファルツ選帝侯フリードリヒ4世(息子のフリードリヒ5世はイングランド王ジェームズ1世の娘エリザベスと結婚している)[15]を盟主に仰ぎ、互いに結束するためのプロテスタント同盟を結成した。この同盟に対抗するためカトリックは1609年にマクシミリアン1世を盟主とするカトリック連盟を結成している。

1617年、神聖ローマ皇帝兼ボヘミア王マティアスが跡継ぎなく死ぬことが明らかになった。その領地は従弟で最近親の男子であるフェルディナント2世に相続されることになる。

ボヘミア・プファルツ戦争(ベーメン・プファルツ戦争)[編集]

当時のボヘミアはカトリック派であるハプスブルク家の支配下にあり、新旧両教徒の間でたびたび軋轢が生じていたが、ボヘミア王を兼ねた神聖ローマ皇帝達は、プロテスタントの勢力が大きくなると妥協し信仰を認めた。時の皇帝兼ボヘミア王マティアスも両教徒の融和政策を進めていた。

しかし1617年、熱烈なカトリック教徒のフェルディナント2世は、ボヘミア王に選出されると新教徒に対する弾圧を始めた。翌1618年、弾圧に反発した新教徒の民衆がプラハ王宮を襲い、国王顧問官ら3名を王宮の窓から突き落とすという事件が起きた(第二次プラハ窓外投擲事件)。プロテスタントのボヘミア諸侯はこの事件をきっかけに団結して反乱を起こした。これが三十年戦争の始まりである。

反乱諸侯は他のプロテスタント諸侯に協力を呼びかけ、プロテスタント同盟の賛同を得た。翌1619年にマティアスが死去し、フェルディナント2世が神聖ローマ皇帝も兼ねるようになると、ボヘミア諸侯は議会で国王を廃し、プロテスタント同盟の中心的存在だったプファルツ選帝侯フリードリヒ5世を新国王に迎え、皇帝に対抗しようとした。

フェルディナント2世はスペイン・ハプスブルク家やバイエルン公マクシミリアン1世などのカトリック連盟諸侯の援助を受け、プロテスタントながらフリードリヒ5世と反目していたザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世も味方につけ、ティリー伯を司令官とする軍を派遣した。一方のボヘミア諸侯は同盟から援軍を得られず、フリードリヒ5世も1620年9月にプファルツをアンブロジオ・スピノラが率いるスペイン軍に占拠され、11月8日白山の戦いで大敗し、反乱は鎮圧された。フリードリヒ5世はわずか1年と4日で王位を追われた(冬王と呼ばれる)。

スペイン軍は1621年にオランダとの戦争に向かい、プファルツを引き払いネーデルラントへ北上、プロテスタント同盟もスペインとの協約で解散した。フリードリヒ5世は空白地帯となったプファルツの奪還を図ったが、1622年にティリー率いるカトリック連盟軍がプファルツに侵攻したためネーデルラントへ逃れた。彼はその後も復位を狙っていたが、スウェーデン王グスタフ2世アドルフの戦線復帰要請は拒み、1632年に客死した。

1623年、フェルディナント2世はバイエルン公マクシミリアン1世にプファルツを与え、選帝侯の地位に即けた。これは金印勅書に反するものであったため、諸侯の怒りを買うことになった(三十年戦争が長期化した一因とも言われている)。

これ以後、ハプスブルク家のボヘミア支配は強固なものとなった。とりわけ1627年の新領法条例によって議会は権力のほとんどを奪われ、ボヘミアはハプスブルク家の属領となった。これにより、多くのボヘミア貴族やプロテスタントが亡命し、ヨーロッパ各地に散らばった。しかし、ハプスブルク家による財産の没収や国外追放といった苛烈な戦後処理は他の新教徒諸侯の離反を招き、戦争が長期化する原因となった。

デンマーク・ニーダーザクセン戦争[編集]

1625年5月にデンマーククリスチャン4世が、プロテスタント側に就いて参戦した。クリスチャン4世はプロテスタントであり、白山の戦いの勝利に自信をつけているカトリックに対抗することが表向きの参戦理由であった。しかし実際のところは、神聖ローマ帝国のニーダーザクセン区長として、長らく空位になっている2つの帝国内の司教職に自分の息子を就任させる要望を出したところ、フェルディナント2世に拒絶され、ティリー伯の軍がニーダーザクセンに進駐してきたことが真の理由であった。

1624年、ハプスブルク家の勢力強化を恐れたフランスのリシュリューがフランスならびにオランダ、イングランド、スウェーデン、デンマークと「対ハプスブルク同盟」を結成し、ハプスブルクとカトリック連合を牽制した。またフランス、サヴォイアヴェネツィアがスペインのハプスブルク家への支援ルートを阻んでいた。

これを受け、北ドイツへの勢力拡大とバルト海北海の覇権確立を狙っていたデンマーク王クリスチャン4世が、息子の司教職就任問題に対するフェルディナント2世の露骨な反発に対し、フランス、イングランド、スウェーデンの同盟による支援を受けて1625年5月に参戦した。当初はスウェーデンとの共同介入であったが、両者の主導権争いの結果、スウェーデンはポーランド問題に注力し、デンマーク単独での介入となった。デンマーク王の参戦に対してイングランドは資金を提供し、エルンスト・フォン・マンスフェルトクリスティアン・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルの2人の傭兵隊長の軍を援軍として派遣した。

デンマークの参戦を受けたフェルディナント2世は、戦費不足のため窮地に陥っていた。常備軍による応戦が不可能と判断した皇帝は、ボヘミアの傭兵隊長ヴァレンシュタインを皇帝軍司令官に登用し、彼の軍隊に新教徒軍と戦うよう依頼する。一方、デンマーク軍と傭兵部隊の間では戦略についての主導権争いが発生し、ついに3者は別行動を取るようになる。これはヴァレンシュタインの各個撃破の好餌となり、マンスフェルトはデッサウの戦いドイツ語版で敗北、ブラウンシュヴァイクも1626年6月16日に病死してしまう。そしてクリスチャン4世も6月27日ルッターの戦いでティリー伯に敗れ皇帝軍攻撃に失敗した。

クリスチャン4世が戦力を失うと、ヴァレンシュタインとティリー伯の軍はデンマークが神聖ローマ帝国内に領有していたポンメルンメクレンブルクの2公爵領ばかりか、ユトランド半島をも蹂躙した。1628年にヴァレンシュタインがシュトラールズントを包囲するに至りクリスチャン4世はスウェーデンに支援を求め軍事同盟が成立した。スウェーデン軍の出兵によりシュトラールズントを解放され、辛くもヴァレンシュタインをデンマークから退けたが、包囲を解除したヴァレンシュタイン軍を追撃しようとクリスチャン4世が再上陸して返り討ちに遭い(ヴォルガストの戦い英語版)、1629年に「リューベックの和約英語版」が皇帝との間で成立し、デンマークは三十年戦争の舞台から退場する。

しかしデンマークはその後の三十年戦争には再参戦せず、後に最大の敵となってしまうスウェーデンに対し、友好関係を深めることも、明確な反スウェーデン包囲網を構築することもなかった。神聖ローマ皇帝に対しても和解するような態度を取り、対ハプスブルク同盟の結束は緩まった。結局デンマークは、その曖昧な政策により同盟諸国からの攻撃を受け、北欧の覇権を失うと共に、三十年戦争の勝利国としても名を連ねることが出来なかった。

なお、イングランドも当初はドイツに軍を派遣したり、フランスと対ハプスブルク同盟を結んだり、マンスフェルトに資金提供したりして三十年戦争に介入していたが、フリードリヒ5世の義父だったイングランド王ジェームズ1世が1625年に亡くなりチャールズ1世が即位すると、側近のバッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズはフランスとの協調外交で反ハプスブルクとプファルツ救援を掲げてスペインのカディスに艦隊を派遣した。ところが、マンスフェルトの大敗及びカディスの遠征失敗でバッキンガムは人望を失い、1627年にフランスに宣戦布告したがフランス・スペインの同盟締結でフランスも敵に回してしまい、ラ・ロシェル包囲戦の敗北でバッキンガムは更に権威を失墜、イングランド議会からも費用の無駄遣いと外交の失敗を責められ、1628年にバッキンガムが暗殺されるとチャールズ1世は1629年にフランスと、1630年にスペインと和睦して三十年戦争から手を引いた。以後チャールズ1世は財政再建を進めようと専制政治を行い、それが元で議会と衝突して1642年清教徒革命を引き起こし、三十年戦争終結後の1649年に処刑されイングランド共和国の成立に繋がった[16]

スウェーデン戦争[編集]

スウェーデン参戦~レヒ川の戦い[編集]

デンマーク・ニーダーザクセン戦争を乗り切ったことでフェルディナント2世の権威は高まったが、1629年の復旧令ドイツ語版英語版: Restitutionsedikt)発令で諸侯の反感を買ってしまった。内容はプロテスタント諸侯が奪ったカトリック教会への領土返還、皇帝の許可の無い同盟の締結禁止であり、領土削減の危機に立たされたプロテスタントはおろか、武力制限とドイツの絶対主義導入によるハプスブルク家の勢力拡大の恐れからカトリックも反対に回り、かねてより諸侯に非難されていたヴァレンシュタインを罷免しない限り協力しないとフェルディナント2世に迫った。1630年8月にヴァレンシュタインは罷免され皇帝軍の戦力は低下、諸侯の協力も取り付けられずフェルディナント2世の威信は失墜した。

1630年7月、グスタフ2世アドルフ率いるスウェーデンはフランスの資金援助を受け、プロテスタント教徒を解放すべくドイツに侵入した。ここからスウェーデン戦争が始まる。当初スウェーデン軍は諸侯の援助を受けられなかったが、食料難に苦しむ皇帝軍がマクデブルクで略奪、虐殺(マクデブルクの戦い)を行ったことから情勢が一変する。皇帝軍に失望したザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世とブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムと同盟を結んだスウェーデン軍は1631年9月17日ライプツィヒの北方、ブライテンフェルトで皇帝軍と対峙する。戦いは新式の軍制、装備、戦術を有するスウェーデン軍の圧倒的勝利に終わった(ブライテンフェルトの戦い)。戦後スウェーデン軍はバイエルンへ南下、翌1632年4月15日にはレヒ川を挟んでスウェーデン軍と皇帝派のバイエルン軍が相対し、砲兵の効果的な運用で再びスウェーデン軍が圧勝(レヒ川の戦い)。皇帝側はそれまで数々の勝利を収めた総司令官ティリー伯が戦死するなど、大きな損害を被った。

ヴァレンシュタイン復活~リュッツェンの戦い[編集]

スウェーデン軍は向かうところ敵なしの快進撃を果たし、このような事態を予想しなかったフェルディナント2世は大いにうろたえた。ティリー伯の戦死で有能な指揮官がいなくなったことも痛手であった。皇帝は1632年4月に「専横極まれり」と罷免していたヴァレンシュタインの「軍の全権、和平交渉権、条約締結権の全面委任とハプスブルク帝国領と選帝侯領の割譲」という条件を呑んで、彼を皇帝軍の指揮官に再召喚する。ヴァレンシュタインはこれを受諾し、2万6千の軍勢を率いて出撃した。

一方、迎え討つグスタフ2世アドルフのスウェーデン軍は1万6千。11月16日、両者はライプツィヒ郊外のリュッツェンで戦闘を開始した。会戦当初、戦局は皇帝軍に不利に動き、援軍の指揮官パッペンハイム英語版も来着直後に戦死してしまった。ところが、グスタフ2世アドルフが戦死するというアクシデントが起こる。「スウェーデン王戦死」の報は皇帝軍を元気付けたが、スウェーデン軍は傭兵隊長ベルンハルト・フォン・ザクセン=ヴァイマル将軍が指揮を引き継ぎ、結局皇帝軍はこの戦闘に敗れた(リュッツェンの戦い)。

グスタフ2世アドルフ戦死~ハイルブロン同盟[編集]

「国王戦死」の報を受けたスウェーデンの王都ストックホルムでは、クリスティーナ王女が国王に即位する。幼い女王の下スウェーデンを主導する宰相アクセル・オクセンシェルナ1633年にドイツのプロテスタント諸侯との間にハイルブロン同盟を締結し、「防衛戦争」という形で戦争を続行させた。これを受けてフランスのリシュリューは、プロテスタント諸侯へのフランスの影響力を保持するためスウェーデンと取引をし、カトリック国であるにも拘わらずフランスもこの同盟に参加する。三十年戦争は新しい局面を迎えることになった。

ヴァレンシュタイン暗殺~ネルトリンゲンの戦い[編集]

フェルディナント大公
後に皇帝フェルディナント3世となる。

グスタフ2世アドルフの死はプロテスタント諸侯を動揺させ、スウェーデン軍とプロテスタント諸侯との分裂を引き起こした。また一方で皇帝軍の士気を高めることとなった。これに自信を持ったのか、皇帝はヴァレンシュタインを暗殺した。ヴァレンシュタインの排除は軍事的にはマイナスであったが、成り上がりの彼に反感を抱く帝国諸侯の意向を無視できなかったためであり、嫡男のフェルディナント大公ローマ王として世襲を継続させるため諸侯に譲歩する必要があった。

さらに皇帝はフェルディナントを総司令官に任命し、第1次ネルトリンゲンの戦いでスウェーデン・プロテスタント諸侯軍(ハイルブロン同盟)を撃破し、主導権を奪い返した。スウェーデン軍は重大な被害を受け、三十年戦争の主導権を失った。この勝利によって南ドイツを取り戻し、プロテスタントから主導権を奪い返したフェルディナント2世は諸侯との和睦に動いた。

フェルディナント2世はマクシミリアン1世とヨハン・ゲオルク1世、ゲオルク・ヴィルヘルムら選帝侯達との和解、スペインの参戦に勇気付けられ、他方では戦闘が続いているにもかかわらず、三十年戦争終結へ向けて復旧令の撤回と引き換えに諸侯の和解を図り、1635年プラハ条約締結にこぎ着けた。フェルディナント2世はカトリック至上主義は放棄したが、諸侯の同盟禁止が明記されていたためカトリック連盟解散で優位に立ち、1636年の選帝侯会議でフェルディナントのローマ王選出にようやく成功した。

しかしこの条約は皇帝の威光を高めはしたが、結局は一時的なものでしかなかった。スウェーデン軍はかつての勢力を失い、ハイルブロン同盟が崩壊する危機がありながらも、宰相オクセンシェルナの手腕によってフランスを直接介入させることに成功したのである。三十年戦争は第4段階へと突入する。

フランス・スウェーデン戦争[編集]

アクセル・オクセンシェルナ
亡き国王グスタフ2世アドルフの遺産を死守する忠勤な宰相
リシュリュー
権謀術数を駆使しフランス王国の国益を追求する。怜悧な宰相

2人の宰相[編集]

フランス・スウェーデン戦争は泥沼化し、1635年から1648年まで続いた。フランスは後に名将と呼ばれるテュレンヌ将軍をドイツに送り込み、皇帝軍は一方的な守勢に立たされた。さらにスウェーデン軍は巻き返しを図る。この戦役では、フランス宰相リシュリュー、スウェーデン宰相オクセンシェルナ、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の戦略がぶつかり合うことになった。フランス軍は主にスペイン軍と、スウェーデン軍は皇帝軍と戦った。

反ハプスブルクの反撃[編集]

攻勢に出た皇帝軍は1636年ヴィットストックの戦いでスウェーデン軍に敗れ、勝利したスウェーデン軍は再びドイツへ侵攻する。これ以降、反ハプスブルク勢力の情勢は好転した。ネーデルラントではオランダがスペインを破り、ブレダの要塞を陥落させる(第四次ブレダの戦い英語版)。この勝利はオランダの独立を確実なものとし、逆にスペインの覇権の翳りを示すものであった。

こうした情勢の中、1637年にフェルディナント2世が死去した。新皇帝には、ネルトリンゲンの戦いで名声を得たローマ王フェルディナントがフェルディナント3世として即位した。

フランス軍の傭兵隊長となったベルンハルトも攻勢に出て、1638年ラインフェルデンドイツ語版英語版フライブルクブライザハドイツ語版英語版を陥落させてアルザスを占領、スペイン回廊を寸断した(ラインフェルデンの戦い英語版)。ただしベルンハルトはフランスといざこざを起こし、翌1639年に彼が急死すると配下の軍勢はフランス軍に編入された。一方のヨハン・ゲオルク1世とゲオルク・ヴィルヘルムは皇帝側に留まり、後にザクセン軍とフランス軍は交戦することとなる。

同年、スウェーデン軍はハイルブロン同盟から寝返ったザクセン軍をケムニッツで破り(ケムニッツの戦いドイツ語版)、ボヘミアに侵攻したが、スウェーデン軍のヨハン・バネール英語版将軍の野心によって統率が乱れ、撃退されている。翌1639年、エアフルトでフランス軍、スウェーデン軍、ブランデンブルク選帝侯軍が邂逅している。もっともブランデンブルク軍は、後に「大選帝侯」と呼ばれたフリードリヒ・ヴィルヘルムが翌1640年に亡くなったゲオルク・ヴィルヘルムの後を継いで選帝侯となると防衛戦争に切り替え、1641年にスウェーデンと和睦して事実上中立の立場をとった。

和平会議の開始と戦争の行方[編集]

1640年頃から皇帝は和平に向けた動きを見せ始めるが、その高圧的な態度に応じる勢力はいなかった。しかもスペイン軍は、この時期からフランス・オランダの前に敗退を重ね、没落の兆しを見せていた。なおこの年、スペインのくびきを脱したポルトガル王国が独立している(ポルトガル王政復古戦争)。

1642年、皇帝軍はブライテンフェルトの戦いドイツ語版で再びスウェーデン軍に敗北、さらに逼迫した皇帝は和平の道を模索し始めた。この頃になると、帝国全体で厭戦気分が蔓延するようになる。1642年の暮れにはライン川の両岸で和平会議が設置されたが、1644年にようやく交渉が開始される。しかし、交渉を優位に運ぶために、戦争を終わらせるための戦いが激化するという矛盾した状況になっていく。

帝国法ドイツ語版英語版: Reichsunmittelbarkeit)によって国際会議は設置されたが、戦争の主導権を奪い返したスウェーデンが和平会議も牛耳って行く。この時期フランスでは、1642年に宰相リシュリュー、翌1643年にフランス王ルイ13世が相次いで死去した。リシュリューの政策は新宰相ジュール・マザランに引き継がれるが、新国王ルイ14世はまだ幼く、フランス国内は不安定となった。そのためマザランは、引き継いだ政策のうち「国王を神聖ローマ皇帝に」という野心を放棄せざるを得なくなる。しかし、1643年にフランス王族のアンギャン公ルイ・ド・ブルボン(後のコンデ公ルイ2世)がロクロワの戦いでスペインを殲滅、さらに1644年のフライブルクの戦いでカトリック軍の中心であるバイエルン軍を破ったことで、フランスは三十年戦争における勝利を確実なものとした。

トルステンソン戦争~ボヘミア侵攻[編集]

一方スウェーデンは、ドイツで転戦するスウェーデン軍を背後から脅かすデンマークと戦端を開いた。この戦争は指揮官レンナート・トルステンソンの名前からトルステンソン戦争と呼ばれる。スウェーデンはオランダ海軍も味方につけてデンマークを屈服させ、三十年戦争によって中断されたバルト海の制覇をついに成し遂げた。またこの戦争でグスタフ・ホルン将軍が復帰している。皇帝軍はデンマークの支援に駆けつけたが、惨敗した。

スウェーデンは三十年戦争の勝利を確実にするために、再びボヘミアへ侵攻する。1645年プラハ近郊のヤンカウの戦い英語版でまたしても皇帝軍は大敗した。この時プラハにいた皇帝フェルディナント3世は狼狽してウィーンへ逃亡したが、これはかつてのフリードリヒ5世の逃亡に酷似していたため「フリードリヒの逃亡」と揶揄された。この事件はハプスブルク家の敗北を決定的なものとし、バイエルン軍も第2次ネルトリンゲンの戦い英語版でフランス軍に敗れ指揮官フランツ・フォン・メルシー英語版を失った。マクシミリアン1世はフランスとよりを戻し、孤立したヨハン・ゲオルク1世も1645年にスウェーデンと休戦条約を締結した。

ヴェストファーレン条約の締結[編集]

この一連の戦況によって和平会議は一気に進展した。国際会議にはイングランド、ポーランド、ロシアオスマン帝国を除いた全てのヨーロッパ諸国が参加していた。しかし1646年に皇帝軍がバイエルンに合流することを恐れたスウェーデンが、バイエルンに再度侵攻する。フランスはこれを越権行為として、スウェーデン牽制のためにテュレンヌ将軍を派遣した。両者に挟まれたマクシミリアン1世は翌1647年に屈服・休戦したが、バイエルン軍の将軍ヨハン・フォン・ヴェルト英語版が反乱を起こして皇帝軍に合流し、ヤンカウの敗戦で打撃を受けた皇帝軍は驚異的な復活を成し遂げる。

劣勢を挽回した皇帝・バイエルン連合軍は、1648年アウクスブルク近郊のツスマルシャウゼンでカール・グスタフ・ウランゲル英語版とテュレンヌの率いるスウェーデン・フランス連合軍との戦闘に臨んだが大敗する(ツスマルシャウゼンの戦いフランス語版)。更に皇帝側の頼みの綱だったスペインも、ランスでコンデ公率いるフランス軍に敗れ(ランスの戦いフランス語版)、大勢は決した。ツスマルシャウゼンで勝利したスウェーデン軍はプラハを包囲、占領した後に帝都ウィーンを攻める態勢を固めたため、ここに至って皇帝は、10月24日に和平条約への署名を決断する。

三十年戦争終結[編集]

しかし、スウェーデンはなおボヘミアの征服とプロテスタント化を諦めず、1648年7月26日以降もプラハでは戦闘が続いた。今やカトリックの最後の砦となったプラハは激しく抵抗し、降伏には応じなかった。後にスウェーデン王となるカール10世(スウェーデン軍総司令官・クリスティーナの従弟)も援軍に駆けつけ、包囲戦は3ヶ月にも及んだ。

11月2日、プラハにヴェストファーレン条約の締結の報が届き、この日ついに三十年戦争は終結した。しかしスウェーデンでは親政を開始したクリスティーナ女王の政策によって、和平交渉で新たな展開が起こることとなる。和平会議においてスウェーデンは、過度な要求を皇帝に突き付けたが、女王はキリスト教世界の平和と安寧のために皇帝に迫って新教徒の権益を拡げさせた。引き替えに女王は、スウェーデンの膨大な要求を引き下げ寛大な譲歩を行った。この譲歩によって和平交渉は進み、ミュンスターオスナブリュックでそれぞれ条約が締結された。また、この講和条約は、ヨーロッパに新たな国際法のシステムの端緒が生み出されることとなった。皇帝が和平条約への署名を決断した10月24日、戦争終結を祝し、70門の大砲の一斉射撃が行われた。

結果・影響[編集]

この戦争は、神聖ローマ帝国という枠組みを越えて全ヨーロッパの情勢に多大な影響を与え、その後のフランス革命に至るヨーロッパの国際情勢を規定することになった(ヴェストファーレン体制)。1648年に締結された史上初の多国間条約であるヴェストファーレン条約(ウェストフェリア条約)によって戦争に最終的な決着がつけられ、この結果、およそ300に及ぶ領邦国家の分立状態が確定することになった。神聖ローマ帝国は、この後も1806年ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン1世)によって滅ぼされるまでの間存続しつづけたが、実体のない名ばかりの国家として亡霊のごとく生き続けることとなる。オーストリア・ハプスブルク家は帝位は保つが、実態としてはドイツ王ではなくオーストリア大公、後にオーストリア皇帝として18世紀、19世紀を生き延びることとなった。

長期間にわたる戦闘や傭兵による略奪でドイツの国土は荒廃し、当時流行していたペスト(黒死病)の影響もあって人口は激減し、交戦国間の経済にも多大なマイナス効果を及ぼすことになった。伝統的な封建階級は没落し、代わってユンカー層など新たな階層が勃興する契機となり、領邦各国が絶対王政的な主権国家化した。このような中、求心力を弱めたハプスブルク家に代わりホーエンツォレルン家が台頭、ドイツ民族の政治的重心が北上し、後世のドイツ統一における、小ドイツ主義の萌芽となった。

なお、フランスとスペインの戦いは三十年戦争以後も継続し(フランス・スペイン戦争英語版、西仏戦争とも)、1659年ピレネー条約によって終結した。この条約は「ルシヨンサルダーニャアルトワの割譲」「ルイ14世とフェリペ4世の王女マリア・テレサの結婚」「マリア・テレサは50万エスクードを持参金とし、その代償としてスペイン王位継承権は放棄」というものであった。この戦争を境としてスペインの覇権は失われ、フランスの覇権の時代が開始された。

ポーランドは三十年戦争期、終始カトリック教会と連携していたが、同時期にスウェーデン及びロシアと戦争を行っていた。これらの戦争においてポーランドは優位に立っていたが、国内では戦争の継続は議会によって阻止され、三十年戦争にも参戦せず、1632年のグスタフ2世アドルフ戦死による数年間のスウェーデン勢力の減退期においても参戦は行われなかった。ポーランドはその間国力を維持し続けていたが、やがて近隣諸国の野心と国内の支配と統治の失敗により、1648年以降、「大洪水時代」という未曾有の内戦により衰退の時代に入り、東欧一帯のポーランドの覇権は失われた。また、この時代のカトリック勢力の優位による宗教の寛容も、戦火の拡大とポーランドの疲弊によって失われた。

またオスマン帝国は三十年戦争に直接参戦していないが、属国トランシルヴァニア公国の介入によって間接的に三十年戦争に関与し、ハプスブルク家を圧迫した。

年表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Helmolt, Hans Ferdinand (1903). The World's History: Western Europe to 1800. W. Heinemann. p. 573. ISBN 0-217-96566-0. http://books.google.com/books?id=dLVLAAAAMAAJ&pg=PA431&dq=end+of+feudalism+thirty+years+war&hl=en&sa=X&ei=MYpQT-7qNqHw0gHx_oHIDQ&ved=0CFIQ6AEwBjgK#v=onepage&q=end%20of%20feudalism%20thirty%20years%20war&f=false. 
  2. ^ 対スペイン戦争 1625–30 (内1627–29は対フランス戦)
  3. ^ 1620年に投入されたベトレン・ガーボルの兵。 Ágnes Várkonyi: Age of the Reforms, Magyar Könyvklub publisher, 1999. ISBN 963-547-070-3
  4. ^ Ervin Liptai: Military history of Hungary, Zrínyi Military Publisher, 1985. ISBN 9633263379
  5. ^ Hussar (Huszár) hu.wikipedia
  6. ^ Denmark fought Sweden and the Dutch Republic in the トルステンソン戦争において、デンマークは、スウェーデン及びネーデルラント連合と戦った。
  7. ^ ベトレン・ガーボルの軍隊は、5,000人のハンガリー槍兵、1,000人のドイツ人傭兵に加え、約35,000人の反ハプスブルク家勢力で構成されていた。László Markó: The Great Honors of the Hungarian State (A Magyar Állam Főméltóságai), Magyar Könyvklub 2000. ISBN 963-547-085-1
  8. ^ László Markó: The Great Honors of the Hungarian State (A Magyar Állam Főméltóságai), Magyar Könyvklub 2000. ISBN 963-547-085-1
  9. ^ Norman Davies, Europe, p.568
  10. ^ Diets of Speyer (German history) -- Britannica Online Encyclopedia”. www.britannica.com. 2008年5月24日閲覧。
  11. ^ ::The Peace of Prague::”. www.historylearningsite.co.uk. 2008年5月24日閲覧。
  12. ^ Peace of Prague (1635) - Historic Event  — German Archive: 1635年5月30日のプラハ平和条約は神聖ローマ皇帝フェルディナント2世と帝国内プロテスタント諸侯との間で結ばれた。これは内戦としての三十年戦争を事実上終わらせたが、スペイン、スウェーデン、そして1635年以降のフランスのドイツ国土への介入により、戦争自体は継続した。”. www.germannotes.com. 2008年5月24日閲覧。
  13. ^ ミラノ公国から西のサヴォイア公国を通り、北上してフランシュ=コンテアルザスを通過してネーデルラントに到着する道と、ミラノから北へ進みスイス東部を貫き、国境線に沿いながらアルザスで最初の道と合流するルートを指す。また、2つ目の道からスイスとミラノの国境で東に分かれ、ヴァルテリーナ渓谷を通過してチロルザルツブルクを経てオーストリアに辿り着くルートも存在し、これらのルートで軍と物資の輸送を行っていたため確保に全力を注いでいた。『戦うハプスブルク家』P28 - P29、『ドイツ三十年戦争』P30 - P31。
  14. ^ The Thirty Years War”. Pipeline. 2008年5月24日閲覧。
  15. ^ Frederick the Winter King. The Columbia Encyclopedia, Sixth Edition. 2001-07”. www.bartleby.com. 2008年5月24日閲覧。
  16. ^ 今井、P168 - P180、小林、P142 - P148。

関連項目[編集]

事項[編集]

事件[編集]

人物[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

歴史ゲーム[編集]

  • ダブル・チャージ第4号 『三十年戦史』、国際通信社
  • Joseph Miranda"Holy Roman Enpire: War of the Reformation",Strategy & Tactics No.247,Decision Games,2007※1524年~1538年(ドイツ農民戦争からニースの和約まで)にかけての神聖ローマ帝国とその周辺の国々との戦い。