リトアニアの統治者の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リトアニアの統治者の一覧(リトアニアのとうちしゃのいちらん)

以下には、リトアニア主権国家もしくは独立した存在(リトアニア・ソビエト社会主義共和国)と見なされていた時期の、歴代のリトアニアの統治者(大公大統領)を示す。適当な場合は、在任者のリトアニア語ロシア語ベラルーシ語)・ポーランド語による名称も記載している。

リトアニア国家は、1230年代に、北方をリヴォニア帯剣騎士団、南方をドイツ騎士団に脅かされていた時に、ミンダウカスに統率されたバルト諸部族によって形成された。ミンダウカスは歴史上唯一のリトアニア王となった。ミンダウカスの建設した国はリトアニア大公国として知られるようになった。

1386年に大公ヨガイラがポーランド王に即位した後は、リトアニア大公国とポーランド王国は緊密な関係となり、1440年からは同君連合となった。1569年、「ルブリン合同」を結び、ポーランド・リトアニア共和国が誕生した。1795年ポーランド分割により、リトアニアは1918年2月16日までロシア帝国の一部となった。リトアニア評議会Council of Lithuania)が主権を回復したのは、1919年ドイツ帝国第一次世界大戦に敗北した後である。第一次リトアニア共和国ソビエト連邦に占領される1940年まで続いた。独ソ戦の間、リトアニアはナチス・ドイツに占領された。1944年、ドイツは敗北し、ロシアがリトアニアを再占領しリトアニア・ソビエト社会主義共和国を設立した。

1990年3月11日、リトアニアはソビエト連邦の中で初めて独立を宣言した。第二次リトアニア共和国は民主主義国家であり、欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)の一員となっている。

リトアニア大公国(1236年 – 1569年)[編集]

称号:大公リトアニア語: didysis kunigaikštisベラルーシ語: vialiki kniaźポーランド語: wielki książę

(ただしリトアニア王リトアニア語: Lietuvos karalius)となったミンダウカスを除く)

初期の大公(1236年 – 1291年)[編集]

文献が乏しいため年代はおおよそである。

在位 大公
(リトアニア名)
ロシア名 ポーランド名 その他の名 備考
1236年1263年 ミンダウカス
Mindaugas
Миндовг Mendog 初めは大公、1253年からリトアニア王。甥のトレニオタに暗殺された。
1263年1264年 トレニオタ
Treniota
Тройнат Treniota
1264年1267年 ヴァイシュヴィルガス
Vaišvilkas
Войшелк Woyszwiłk ミンダウカスの子。後継者を残さず死去。
1267年1269年 シュヴァルナス
Švarnas
Шварн Данилович Szwarno
1269年1282年 トライデニス
Traidenis
Трайдянис Trojden
1282年1285年 ダウマンタス
Daumantas
Довмонт Dowmont
1285年1291年 ブティゲイディス
Butigeidis
Бутигейд Budzikid ゲディミナス朝を創設。

ゲディミナス家(1291年 – 1440年)[編集]

一部の年代はおおよそ。

在位 大公
(リトアニア名)
ロシア名 ポーランド名 備考
1291年1295年 ブトヴィーダス
Butvydas
Пукувер Будивид Budwid ブティゲイディスの兄弟、ヴィテニスとゲディミナスの父
1295年1316年 ヴィテニス
Vytenis
Витень Witenes ブトヴィーダスの子
1316年1341年 ゲディミナス
Gediminas
Гедимин Giedymin ブトヴィーダスの子。ゲディミナスの死後、領土は彼の7人の息子に分割された。
1341年1345年 ヤヴーヌティス
Jaunutis
Евнутий Jewnuta ゲディミナスの子。大領主・大公。兄弟であるアルギルダスとケーストゥティスにより退位させられた。
1345年1377年 アルギルダス
Algirdas
Ольгерд Olgierd ゲディミナスの子。西方を統治するケーストゥティスとの共同統治。
1377年1381年 ヨガイラ
Jogaila
Ягайло Władysław II Jagiełło アルギルダスの子。1386年にポーランド王に即位し、リトアニアとポーランドの人的同君連合を設立。ヤギェウォ家を創設。
1381年1382年 ケーストゥティス
Kęstutis
Кейстут Kiejstut ゲディミナスの子、アルギルダスとの共同統治者。トラカイを首都としたリトアニア西部を統治。1381年にヨガイラを退位させ、リトアニア全土を支配下に治めたが、数年後にヨガイラに捕われ、殺害された。
1382年1392年 ヨガイラ
Jogaila
Ягайло Władysław II Jagiełło ポーランド王(1386年-1434年)。リトアニア総督はスキルガイラ (1387年-1392年).
1392年1430年 ヴィータウタス
Vytautas
Витовт Witold ケーストゥティスの子。父と共にヨガイラと戦っていたが、後に和解し、1392年にリトアニア大公となった。1429年にリトアニア王に即位したが、ポーランドから認められず退位。
1430年1432年 シュヴィトリガイラ
Švitrigaila
Свидригайло Świdrygiełło アルギルダスの子、ヨガイラの兄弟。ケーストゥティスの子ジーギマンタスの信奉者によって退位させられた。
1432年1440年 ジーギマンタス・ケーストゥタイティス
Žygimantas Kęstutaitis
(Sigismund Kestutatis)
Сигизмунд Кейстутович Zygmunt Kiejstutowicz ケーストゥティスの子、ヴィータウタスの兄弟。シュヴィトリガイラの支持者に殺害された。

ヤギェウォ家によるポーランドとの人的同君連合(1440年 – 1572年)[編集]

リトアニア大公国は、1385年の「クレヴォの合同」によりポーランド王国と人的同君連合となったが、1つの家系によって統治されるようになったのは、カジミェシュ4世以降である(初期の共同君主の死後、ポーランド人とリトアニア人が異なる統治者を選択したことが2度あったが、実質的にはリトアニア側がポーランドの王座にあったと見なされている)。同君連合の君主は、リトアニア大公とポーランド王の2つの称号を保持していた。ヤギェウォ家ゲディミナス家の直系である。

在位 名前 リトアニア名 ロシア名 ポーランド名 備考
1440年1492年 カジミェシュ4世 Kazimieras I Jogailaitis Казимир Ягеллон Kazimierz IV Jagiellończyk ヨガイラの子。ポーランド王ヴワディスワフ3世の死後、1447年にポーランド王に選ばれ即位した。
1492年1506年 アレクサンデル Aleksandras I Александр Ягеллон Aleksander I カジミェシュ4世の子。ヤン1世オルブラフトの死後、1501年にポーランド王に選ばれ即位した。
1506年1548年 ジグムント1世老公 Žygimantas Senasis Сигизмунд Старый Zygmunt I Stary カジミェシュ4世の子。
1548年1572年 ジグムント2世アウグスト Žygimantas Augustas Сигизмунд Август Zygmunt II August ジグムント1世老公の子。1529年から実質的な統治者。

ポーランド・リトアニア共和国(1569年 – 1795年)[編集]

1569年ルブリン合同によってポーランド・リトアニア共和国が成立した。ポーランド王は、国会(セイム)によって選出され(国王自由選挙)、自動的にリトアニア大公となる(リトアニア公爵位が世襲である間)。初代の統治者はジグムント2世アウグストである。1772年、1793年、1795年のポーランド分割によって連合は終結し、リトアニアは以後123年間ロシア帝国の一部となった。下記の表の在位年には新しい王が選出されるまでの間に空白期間があることがある。

称号:ポーランド王・リトアニア大公リトアニア語: Lenkijos karalius ir Lietuvos didysis kunigaikštisベラルーシ語: karol Polščy, vialiki kniaź litoŭskiポーランド語: Król Polski, wielki książę litewski

在位 名前 リトアニア名 ロシア名 ポーランド名 家系 備考
1573年1575年 ヘンリク・ヴァレジ Henrikas Valua Генрих Валуа Henryk Walezy ヴァロワ家 王座を捨て、アンリ3世として即位するフランスに逃亡。
1576年1586年 ステファン・バートリ Steponas Batoras Стефан Баторий Stefan Batory バートリ家
1588年1632年 ジグムント3世ヴァーサ Zigmantas IV Vaza Сигизмунд III Ваза Zygmunt III Waza ヴァーサ家 ポーランド・リトアニア共和国とスウェーデン王国の同君連合の提案者。1592年から1599年までスウェーデン王
1632年1648年 ヴワディスワフ4世ヴァーサ Vladislovas II Vaza Владислав IV Ваза Władysław IV Waza
1648年1668年 ヤン2世カジミェシュ・ヴァーサ Jonas I Kazimieras Vaza Ян Казимир Jan Kazimierz 退位し、僧侶となった。最後のヴァーサ家出身。
1669年1673年 ミハウ1世コリブト・ヴィシニョヴィエツキ Mykolas I Kaributas Višnioveckis Михаил Корибут Вишневецкий Michał Korybut Wiśniowiecki シュラフタ(ポーランドの士族)
1674年1696年 ヤン3世ソビエスキ Jonas II Sobieskis Ян III Собеский Jan III Sobieski シュラフタ
1697年1706年 アウグスト2世強健王 Augustas II Saksas Август II August II Mocny ヴェッティン家 フリードリヒ・アウグスト1世としてザクセン選帝侯1694年 - 1733年
1706年1709年 スタニスワフ・レシチニスキ Stanislovas I Leščinskis Станислав Лещинский Stanisław Leszczyński シュラフタ ポーランド継承戦争
1709年1733年 アウグスト2世強健王 Augustas II Saksas Август II August II Mocny ヴェッティン家
1733年1736年 スタニスワフ・レシチニスキ Stanislovas I Leščinskis Станислав Лещинский Stanisław Leszczyński シュラフタ
1733年1763年 アウグスト3世ヴェッティン Augustas III Saksas Август III August III Saski ヴェッティン家
1764年1795年 スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ Stanislovas II Augustas Poniatovskis Станислав Август Понятовский Stanisław August Poniatowski シュラフタ 在位期間に、ポーランド王国とリトアニア大公国を合併する1791年5月3日憲法が採択された。 ポーランド分割の後に退位。ロシアに亡命中に死去した。

リトアニア王国(1918年)[編集]

ドイツ帝国陸軍Deutsches Heer)による占領中の1918年2月16日、リトアニア評議会は独立を宣言した。国名はリトアニア王国。1918年7月9日に評議会はウラッハ公ヴィルヘルム2世がミンダウカス2世として即位することを宣言した。しかし、11月2日に評議会をこの決定を無効とし、リトアニアは民主主義共和国となることを宣言した。

リトアニア共和国(1918年 – 1940年)[編集]

大統領リトアニア語: Prezidentas)は1919年4月4日に設置された。

在任 大統領 備考
1919年4月4日1920年6月19日 アンターナス・スメトナ
Antanas Smetona
リトアニア評議会により選出。
1920年6月19日1926年6月7日 アレクサンドラス・
ストゥルギンスキス

Aleksandras Stulginskis
臨時大統領(リトアニア憲法制定の指導者として)。
1922年12月21日と1923年6月に議会(セイマス)により再選出。
1926年6月7日1926年12月18日 カジース・グリニウス
Kazys Grinius
議会により選出されたが、クーデターにより転覆。
1926年12月18日1926年12月19日 ヨナス・スタウガイティス
Jonas Staugaitis
議会の長として形式上の大統領(一日のみ。クーデター後、役職を放棄)。
1926年12月19日 アレクサンドラス・
ストゥルギンスキス

Aleksandras Stulginskis
議会の長として形式上の大統領(数時間のみ)。
1926年12月19日1940年6月15日 アンターナス・スメトナ
Antanas Smetona
2期目。軍部によるクーデター後大統領に選出。ソビエト連邦からの最後通牒の後、ドイツ、その後アメリカ合衆国亡命
1940年6月15日1940年6月17日 アンタナス・メルキース
Antanas Merkys
首相スメトナ亡命後の、「事実上の」臨時大統領。スメトナが辞任も死去もしておらず、大統領職に違法に就いていると見なされたため、リトアニアを対外的に代表する人物とは承認されなかった。
1940年6月17日1940年7月21日 ユスタス・パレツキス
Justas Paleckis
ソビエト連邦の圧力の下、憲法に違反して、リトアニア共産主義者の指導者達により選ばれた。国際的にはリトアニアを対外的に代表する人物とは承認されていない。

リトアニア・ソビエト社会主義共和国(1940年 – 1941年、1944年 – 1990年)[編集]

ソビエト連邦はリトアニアを占領し。1940年7月にリトアニア・ソビエト社会主義共和国を設立した。ナチス・ドイツがソビエトを攻撃すると、リトアニアはドイツに占領された。ドイツによる占領の数日前、リトアニアはJuozas Ambrazevičiusによるドイツ寄りの反政府組織により統治された。ドイツ占領下では、リトアニア地域は、Petras Kubiliūnas将軍による管理下に置かれた。1944年、ナチス・ドイツが撤収すると、ソビエト連邦により再び占領され、リトアニア・ソビエト社会主義共和国が再び設立された。

職名:リトアニア共産党中央委員会第一書記リトアニア語: Lietuvos komunistų partijos Centro komiteto pirmasis sekretoriusロシア語: Первый секретарь Центрального Комитета Коммунистической партии Литвы

在任 第一書記 備考
1940年7月21日1941年6月24日
1944年7月13日1974年1月22日
アンタナス・スニエチュクス
Antanas Sniečkus
1974年2月18日1987年11月14日 ペトラス・グリシュケヴィチュース
Petras Griškevičius
1987年12月1日1988年10月19日 リンガウダス・ソンガイラ
Ringaudas Songaila
初めて生存中に退任した。
1988年10月19日1990年3月11日 アルギルダス・ブラザウスカス
Algirdas Brazauskas
独立が宣言されたことにより権力を失った。

リトアニア共和国(1990年–現在)[編集]

1990年3月11日の独立宣言から、議会(セイマス)と大統領職が設置された新憲法1992年に施行されるまで、最高会議英語版の指導者が公式の国家元首であった。リトアニア共和国が国際的に承認されたのは、1991年9月である。

1990年 – 1992年:最高会議議長リトアニア語: Aukščiausiosios Tarybos pirmininkas)。

在任 名前 備考
1990年3月11日1992年11月15日 ヴィータウタス・ランズベルギス
Vytautas Landsbergis
最高会議議長。

1992年 – :大統領リトアニア語: Prezidentas)。

在任 名前 備考
1992年11月15日1998年2月25日 アルギルダス・ブラザウスカス
Algirdas Brazauskas
独立回復後初の大統領。独立後初の大統領選に勝利する1993年2月25日までは議会議長として大統領代行を務めた。2期目は出馬せず。
1998年2月26日2003年2月25日 ヴァルダス・アダムクス
Valdas Adamkus
2期目は選出されず。
2003年2月26日2004年4月6日 ロランダス・パクサス
Rolandas Paksas
大統領弾劾が成立し辞職。
2004年4月6日2004年7月12日 アルトゥーラス・パウラウスカス
Artūras Paulauskas
次の大統領選までの3ヶ月間、議会議長として大統領代行を務めた。
2004年7月12日2009年7月12日 ヴァルダス・アダムクス
Valdas Adamkus
2期目。
2009年7月12日 ダリア・グリバウスカイテ
Dalia Grybauskaitė
初の女性大統領

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • History, Office of the President of the Republic of Lithuania. Accessed August 26, 2006. (英語)
  • Vytautas Spečiūnas (ed.), Lietuvos valdovai (XIII-XVIII a.) (Rulers of Lithuania (13-18th centuries)), Mokslo ir enicklopedijų leidybos institutas, Vilnius 2004. ISBN 5-420-01535-8 (英語)

外部リンク[編集]