3月11日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2014年 3月弥生
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

3月11日(さんがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から70日目(閏年では71日目)にあたり、年末まであと295日ある。

できごと[編集]

和宮親子内親王(皇女和宮)
マッカーサー、オーストラリアに退却(撮影日は1942年3月26日
惑星探査機「パイオニア10号」に搭載された金属板図版
ソビエト連邦最高指導者への就任に先立って、1985年1月ルーマニア社会主義共和国大統領ニコラエ・チャウシェスク(左)と会見するミハイル・ゴルバチョフ(右)
津波で壊滅した常磐線新地駅
福島第一原子力発電所事故で爆発した原子炉建屋

誕生日[編集]

詩人トルクァート・タッソ(1544-1595年)。代表作は『解放されたエルサレム』(1575年)。
天文学者ユルバン・ルヴェリエ(1811-1877年)。海王星の発見者の1人。
政治家・大隈重信(1838-1922年)。大日本帝国第8代・第17代内閣総理大臣等を務めた。
実業家ルパート・マードック(1931年 - )。ニューズ・コーポレーションの創設者にして会長CEO
投げを打つ横綱白鵬翔(1985年 - )。大相撲力士。

忌日[編集]

ローマ皇帝ヘリオガバルス(203-222年)の放縦な生活を描いた、ローレンス・アルマ=タデマの『ヘリオガバルスの薔薇』(1888年)
盛期ルネサンスの建築家ドナト・ブラマンテ(1444-1514年)が遺したサン・ピエトロ・イン・モントリオ教会のテンピエット(1502年頃)
新古典主義の画家ベンジャミン・ウエスト(1738-1820年)の自画像
作家・夢野久作(1889-1936年)
代表作『ドグラ・マグラ』(1935年)は推理小説三大奇書に数えられる。

記念日・年中行事[編集]

ジャイアントパンダの生態図
アルフレート・ブレーム編著『ブレーム動物事典 (en)』(1927年刊)を飾る挿絵の1枚。
  • パンダ発見の日(厳密には、ジャイアントパンダ発見の日)
    1869年のこの日、中国四川省の民家で、伝道中のフランス人神父アルマン・ダヴィド (en) が、白と黒の奇妙なクマの毛皮を見せられた。これが、欧米ジャイアントパンダが知られるきっかけとなった。なお、この日を「パンダ発見の日」とするのは日本独自のことであり、学術的に正確な話ではない。パンダ生物学的発見はレッサーパンダが先であり、体格の大きい種が新たに発見されたことによって元々「パンダ」と呼ばれていたものが「レッサーパンダ」、大きいほうを「ジャイアントパンダ」と呼び分けることになり、さらに後者のほうが有名になるに連れて「パンダ」の名が後者の略称のように認識されるに至ったものである。


フィクションのできごと[編集]

誕生日[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『磯野家の謎・おかわり』 東京サザエさん学会編、飛鳥新社1993年3月ISBN 978-4-87031-132-9の分析による。
  2. ^ 大場つぐみ小畑健 『バクマン。キャラクターブック キャラマン。』 集英社2011年、56頁。ISBN 978-4-08-874849-8

関連項目[編集]