ピチレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピチレム。

ピチレム (マプチェ語: Pichilemu, /pitʃilemu/)[1])は、「小さな森」という名前のビーチリゾートの町で[1][2]、チリの中央に位置し、カルデナルカロ県の県庁所在地である[3]。市には、チリの「国歴史的建造物」が五つあり、2004年にチリ記念物会議によって文化地区(Zona Típica)と認定された。

ピチレムのビーチは、サーフィンに適した世界最高の[4][5]ビーチの一つと見なされており、チリの政治家で、実力者のエドワーズ家の一員である、アグスティン・ロス・エドワーズ (Agustín Ross Edwards)によって、チリ人の上流階級のリゾート地として開発された。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Cardenal Caro Province, Chile”. Grupo Visiting. 2009年12月3日閲覧。
  2. ^ Chile Destination Pichilemu”. GoChile.com. 2009年12月4日閲覧。
  3. ^ Cardenal Caro” (Spanish). VI.cl. 2009年12月4日閲覧。
  4. ^ Los 10 mejores destinos del Surf” (Spanish). Viajeros (2005年12月15日). 2010年1月12日閲覧。
  5. ^ Surfistas esperan "la gran ola" en Pichilemu” (Spanish). Chilevisión. 2010年1月6日閲覧。 (Video)