サーフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーフィンをする男性

サーフィン: surfing, surfin')は、ウォータースポーツの一つ。波乗りともいう。サーフボードの上に立ち、が形成する斜面を滑走する。

サーフィンをする人のことをサーファーsurfer)と言う。

起源[編集]

少なくとも、西暦400年頃にはサーフィンの原形のようなものが存在していたと考えられているが、はっきりとは分かっていない。航海術に優れた古代ポリネシア人が、漁の帰りにボートを用いて波に乗る術(サーフィング)を知り、そこから木製の板に乗る様になった、というのが最も有力な説とされている。

ポリネシアの海洋文化研究やホクレアの建造などの仕事で知られるベン・フィニーの研究によると、サーフィンは広くポリネシア全域に普及しており、東はイースター島、西はニューギニア、北はハワイ、南はニュージーランドに及んでいたとのことである(日本にも「板こ乗り」というものがあった[要出典])。

古代ポリネシア民族については、決闘した勇者たちの話や、山の部族に嫁いだためにサーフィンができずに悲しんだ女性の話など、いろいろな話が伝わっている。さらに、サーフィンは古代ポリネシア民族の儀式にまで登場したりと、この文化の中心的存在にまで上り詰めていった。カメハメハ大王もサーフィンを嗜んでいたと言われている。

ヨーロッパ人で初めてサーフィンを目撃したのは、イギリス人の探検家ジェームス・クック船長だと言われている。クックは、タヒチハワイでサーフィンを目撃し、そのことを航海日誌に書き残している。その後、これら島々にキリスト教宣教師たちなどヨーロッパ人が移り住むようになる。宣教師たちは、布教にあたってポリネシアの文化は野蛮であるとみなし、文明化を理由に彼らの文化の一部であったサーフィンを禁止し、さらにサーフボードを取り上げて焼いてしまった。こうして、ポリネシアにおけるサーフィンは近代において一度終焉を迎えた。

道具[編集]

ボード[編集]

11 フィートのロングボード

一般的には、9フィート(約274.3cm)以上のロングボードと、ショートボードに分かれている。長い間9フィート以上あったボードが短くなり始めたのは1968年のことで、その後わずか数年でどんどん短くなり、1971年には5〜6フィートの板が出てくる。

スタイルや用途によって、様々な長さ、形状の板が使われている。大波用のガンや、ショートボードでロングのような形状のエッグノーズボードなど。 ロングボードとショートボードの中間に位置するものがファンボードである。ファンボードは海外では「HYBRID BOARD」と呼ばれている。

発祥以来、の板であったが、戦後から現在に至るまで、発泡ウレタンフォームをガラスクロスとポリエステル樹脂で包んだものが主流となった。

合衆国の「クラークス・フォーム社」製のブランクス(大まかな外形と組成を指定できる基材)が、市場の大きなシェアを占めていたが、同社が今世紀初頭に突如倒産し、業界は一時的に大きな混乱に見舞われた。「クラークスのブルーで6'10のボックス・フラットボトムの…」等という共通認識に基づく大まかな指定が不可能になり、数十年に亘ったブランクス製造のノウハウや技術的な蓄積が突如失われたためである。しかし、このために新素材の開発研究などが進んだ(そうせざるを得なかった)という側面もある。

エポキシ樹脂(ポリスチレンなど)のフォームを使用したり、近年では、カーボンファイバーをエポキシ樹脂で包んだり、空洞ポリプロピレン(ハイドロフォーム)をカーボンファイバーで包んだ中空ボードなど、より強度のある軽いボードを作る試みもされているが、50年以上大きくは変わっていない。

通常は、シェイパーあるいはマシンによってブランクのフォームが削られる。長さ、幅、厚み、アウトライン、レール形状、ロッカー(ノーズとテールの傾斜)、テール形状で大きく性能が変わる。

サーフショップには、その地域にあったボードを置く傾向がある。そのような一般的なボードを乗りこなして行くうえで、自分の求めるところが明確になってくると、ショップや、あるいは直接シェイパーと相談し、ボードをオーダーするようになる。 オーダーボードはカラーリングやマーク/ロゴの配置なども指定でき、有名シェイパーのコメントを(当然直筆で)書き込んでもらう事も可能で、1種のステイタスとなりうる。 サーフィンをスノビズムの対極に置く認識から、このような状況を嫌い、あえて全くカラーリングやマークなどの無い真っ白なボード(既製品では在り得ない)をオーダーする場合もあり、それはそれでステイタスなんじゃないか?などと事態は複雑化し、結構はたから見ている分には面白い。

モールドボードなどと呼ばれる金型を使用し、大量生産されるようなものもある。

フィン[編集]

ボトムについているひれ状のもの。スケッグとも呼ぶ。初期のシングル(1本)フィンからツイン(2本)フィンを経て、両サイドの2本のフィンの間に小振りな3本目のフィンを持つツイン・スタビライザーから、80年代後半にサイモン・アンダーソンが開発したスラスター(しっかりしたターンで加速できる特性から)システム=トライ(3本)フィンが現在は主流。スラスターフィンと言う品名はサイモンが商標登録をしている為トライフィンと呼ぶ事が一般的である。船舶のキールと同様に、シングルフィンの先端に放射状の2枚のフィンを持つキールフィンも一時は注目を集めた。クアッド(4本)フィンも最近人気がある。5本以上のフィンを持つものもある。

また、従来はグラスオンフィンと呼ばれる固定型であったが、現在は取り外し、1964年にモーリー・ポップが考案した交換できるFCS(Fin Control Systems)やフューチャーフィンなどのシステムが多用され、上記のマルチ・フィンを自由に選択できるようになった。

滑り止め[編集]

サーフボードにワックスをかけるキンバリー・トンプソン元アメリカ海兵隊伍長

デッキに塗布する滑り止めワックス。水温などによって硬さ違いの種類や、ベースコート、トップコートなどがある。

デッキに貼る滑り止めがデッキパッド。ボードを方向転換させる際に、軸足となる後ろ足でボードを蹴り込む事も容易になる。

ショートボードでは前足がワックス、後ろ足がパッドの組み合わせが好まれる傾向にあるが、両足ともワックスあるいはパッドという組み合わせもある。ロングボードではワックスが好まれるが、もちろんパッドもある。

なお、ワックスの代わりに、クリアデッキなど滑り止めシートも開発されている。

流れ止め[編集]

サーフボードと体を結ぶ紐状のもの。リーシュコード、パワーコードなどと呼ぶ。ショートボード用とロングボード用があり、さらに、目的によって長さや太さなどに違いがある。

普及したのは比較的最近('70年代以後)の事。それ以前は、板が流されてしまえば当然ながら波乗りは出来なくなり、流された板を取りに行かざるをえず、失くしてしまう事もあった。コードを手繰りさえすれば板を回収できるため、ワイプアウトを恐れず思い切ったマニューバーを志向する傾向が強くなった。たかが1本のヒモだが、波乗りの可能性を大きく拡げたと言える。ワイプアウトを恐れない事を、ワイプアウトを安易に受け入れる事と解釈し「リーシュを使うと波乗りが荒くなる」と使用を嫌うオールドタイマーも少数ながら存在した。

ただし、巨大な波や力のある波ではワイプアウトした際に激しい水流を受けたサーフボードによって体が引っ張られ、次に、伸び切ったパワーコードの張力によりサーフボードが自分に向かって高速で飛んで来る、という非常に危険な状況も有り得るため、巨大な波に乗る場合にはあえて使用しない上級者も居る。

波情報[編集]

サーフィンをするには欠かすことができない波の情報である。日本ではNTTのダイヤルQ2を利用して波の情報をサーファーに提供する業者が複数あったが、今では携帯電話サイトでの提供が主流。その日の天気、波の大きさ、風の向き、どれだけサーフィンを楽しめるか、今後の波の予想などが提供されており、一日に何度も情報が更新される。また、近年急激な利用者数の増加が見られるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に於いても、「サーフィン特化型・SNSサイト」が公開されており、従来の「サーフィン情報提供型WEBサイト」と「サーフィン特化型ネットワーキングサイト」を併用した波情報の取得が広まりつつある。サーファー同士がサーフィンに関する「情報の共有」を手軽に全国規模で行うことが可能となった為、従来の情報提供サービスの利用に加え、サーファー個々の持つ「コミュニティー」や「ネットワーク」を活用した情報収集による「ピンポイント」且つ「リアルタイム」な波情報の入手方法が、近年普及の広がりを見せている。

技術[編集]

チューブ グリーン・ルームとも言われるサーファーの天国
  • パドル:手で漕いで進むこと。通常はうつ伏せで行うが、ロングボードでは正座で行うニーパドルなどもある。
  • ゲットアウト:パドルして沖に出ること。
    • プッシングスルー:ゲットアウト時、腕立て伏せの要領でボードを沈め、ボードと体の間に波を通して抜けること。
    • ドルフィンスルー/ダックダイブ:ゲットアウト時、腕立て伏せの要領でボードごと体を沈め、波の下を潜り抜けること。
    • スクートン・シュート:ゲットアウト時、ボードの後方に重心を置きテールを沈め、スープが当たった瞬間にノーズ方向へ重心を移して波を抜けること。基本的にはロングボードで行う。
    • ローリングスルー:ゲットアウト時、半回転してボードを引き寄せて沈め、波の下を潜り抜けること。基本的にはロングボードで行う。
  • テイクオフ:波に乗ること。通常はパドルでスピードをつけて乗る。
    • ノーパドルテイクオフ/刺し乗り:ボードを沈めた反動を使ってテイクオフすること。
    • レイトテイクオフ:波が崩れる直前でテイクオフすること。
    • リバーステイクオフ/スケッグファースト:テールからテイクオフし、ボードを半回転させ、通常のライディング体勢にすること。
    • トゥイン:水上オートバイに引っ張ってもらうテイクオフ。
  • フェイドターン:わざと崩れる方向とは逆にテイクオフし、立ち上がったら崩れる方向に進むこと。
  • アップス・アンド・ダウンズ:波の斜面を上下に動いてスピードをつけること。
  • ウォーキング:ロングボードで、ボード上を歩くこと。すり足で歩くシャッフルや、足を交差させて歩くクロスステップがある。体重移動を行い、スピードを調節するのが目的。元の位置に戻るのはステップバック。
  • ノーズライディング:ロングボードで、ノーズ(ボードの前方1/3)に乗ること。ノーズ先端に足の指5本をかけるハングファイブ、10本をかけるハングテン、かかとをかけるヒールオーバーがある。パフォーマンス的な要素もあるが、元々は体重移動を行い、スピードを調節するのが目的。
  • トリミング:ライディングのリズムやポジションをコントロールするターンのこと。
  • ボトムターン:波の斜面のボトム(下)部分でターンすること。
  • トップターン:波の斜面のトップ(上)部分でターンすること。
    • テールスライド:トップターンのときにボードのテールを押し出してスライドさせること。
    • オフザトップ:波の上部の崩れそうな部分で勢いよくボードの角度を変えること。
      • オフザリップ/リッピング:波のリップにサーフボードを当ててターンすること。
    • ローラーコースター:波のスープにボードを当て込むように乗り上げ、スープと一緒に降りてくること。
  • カットバック:波のパワーのない部分まで出すぎてしまったときに、方向転換してパワーのある部分へ戻ること。
    • ラウンドハウスカットバック:回転半径の大きな弧を描くカットバック。
  • リエントリー:波の外に一度外れてから戻ってくること。
    • フローター:スープやリップを乗り越えてライディングすること。
  • スリーシックスティー:水平方向に360度回転すること。
  • エアリアル:空中に飛び出し、再び着水すること。
  • プルアウト:波から降りること。意思に反して落ちてしまうのはワイプアウト。
    • アイランドプルアウト:チューブやダンパーで、トップに向かってプルアウトができない時に、ボードごと波の壁に身体を突っ込んで行うプルアウト。
    • ベイルアウト:ボードから降りること。

各地[編集]

ハワイ[編集]

ハワイのノースショアでのサーフィン
ノースショアのチューブライディングは世界最高峰といわれる

アリューシャン列島付近の低気圧によって発生した波が、北太平洋の何の障壁もない海を渡ってハワイ諸島へやってくるため、この海域はサーフィンに適している。

もともとハワイの先住民が広く愛好していた遊びであったサーフィンであるが、キリスト教の受容とともに、一時期は抑圧されていた。しかし、オリンピック4大会出場で合計6つのメダルを獲得した先住ハワイ人の英雄、デューク・カハナモクの登場により、サーフィンは再び市民権を得るようになった。

1960年代に入ると、「楽園ハワイ」を前面に押し出した映画がハリウッドで大量に制作され、サーフィンはマリンスポーツとして市民権を得る。1960年代末からは、オアフ島ノースショア(北側海岸。モクレイア、ワイアルア、ハレイワ、ワイメア、ププケア、サンセット)を舞台にした、ビッグウェーヴ・サーフィンが全盛となり、「GUN」と呼ばれる、ビッグウェーヴ専用のロングボードが普及した。また、この頃からデューク・カハナモクを記念したサーフィン大会「デューク・カハナモク・インヴィテーショナル」が開催されるようになり、トップサーファーに注目が集まりだす。

1970年代半ばごろからはショートボードが普及し、ビッグウェーヴ・サーフィンやロングボードは下火となる。しかし、1980年代以降、エディ・アイカウを記念したクイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ大会によるビッグウェーヴ・サーフィンの再評価や、バッファロー・ケアウラナらによるロングボードの再評価の動きが活発化し、現在ではこれらのスタイルも確固とした地位を得ている。

また、1990年代には、レイアード・ハミルトンらによってトウイン・サーフィンが考案され、マウイ島沖のスポット「ジョーズ」に注目が集まる。

2000年代にはカウアイ島出身のアンディ・アイアンズがASP(Association of Surfing Professionals)のWCT(World Championship Tour)ツアーで大活躍し、ハワイのサーファーのレベルをあらためて知らしめた。現在でもWCTツアーのファイナルはハワイ・ラウンド「リップカールパイプライン・マスターズ」である。

カリフォルニア[編集]

カリフォルニア州中部サンタクルーズ周辺は人気スポットだが、周辺の海水温は年平均14℃であるためウェットスーツ着用が必要となる

アメリカ人のハワイ進出の影響からカリフォルニアへサーフィンが伝承された。ハワイ諸島へ来る波と発生地を同じくする。「マーヴェリックス」と呼ばれるビッグウェーヴ・サーフィンのポイントも有名である。 現在のサーフィンカルチャーをリードしているのはカリフォルニアである。 数多くのサーフィンインダストリーやサーフィン雑誌等も本拠地をカリフォルニアに置いており、数々のカリスマサーファーを輩出してきた。 また、サーフミュージックで有名なビーチ・ボーイズもここが本拠である。

オーストラリア[編集]

オーストラリアは長大な海岸を持ち、サーフィンの盛んな国である。1970年代半ばにはショートボードを用いて細かくターンする技術がウェイン・バーソロミュー(後のASP会長)らによって創始され、ショートボードの興隆に大きく貢献した。現在もミック・ファニングタジ・バロウジョエル・パーキンソンらWCTのトップサーファーを数多く輩出する、サーフィンの先進地域の一つである。

日本[編集]

江戸時代の文献に、庄内藩出羽国領の湯野浜において、子供達が波乗りをしている様子を綴った記述や、「瀬のし」と呼ばれる一枚板での波乗りが行われたという記録が残っている。すなわち、現在の山形県庄内地方が日本の波乗りの文献的な発祥の地と見なせる。

現在の形式の日本でのサーフィンの発祥の地は、神奈川県藤沢市鵠沼海岸から茅ヶ崎市一帯、鎌倉市千葉県鴨川市、岬町太東ビーチと言われており、第2次大戦後日本に駐留した米兵がそれらのビーチでサーフィンをしたのがきっかけという説がある。1966年7月11日に第1回全日本サーフィン大会が千葉県鴨川市の鴨川海岸で開催されている。

各地でサーフショップなどが開店した事で、多くの用具を容易に取り揃えられるに至っている。また、サーフスポット近隣のコンビニエンスストアなどでは、ワックスなどの消耗品を扱う店も増えている。

主な大会[編集]

波がないとサーフィンは出来ないため、大会の開催日程に特徴がある。ある程度大きな波がコンスタントにあるサーフスポットで大会を開催する場合は、事前に開催日が決まっていることが多い。さらに、適した波がある日を選ぶ目的や悪天候の場合を想定して、1日から数日程度の予備日を設ける場合もある。

対して、あまり大きな波がコンスタントに来ないサーフスポットでの開催や、年に数日程度の大波での技術を争うような場合は、「ウェイティング」と呼ばれる開催方式が取られる。「ウェイティング」方式では、事前に決定しているのは開催場所と大会開催の可能性がある期間であり、その期間は、1週間から数ヶ月、場合によっては1年に及ぶ。その期間中、出場者は大会開催を待つ(ウェイティング)。開催が決定されると主催者から出場者に連絡が入り、急遽開催される。波が小さい湘南では、このウェイティング方式がとられることが多い。

毎年開催通知があるものの、前回、1989年の開催から2013年まで24年も開催が中止された、「稲村クラシック」等は、日本の波乗り事情を象徴している。

また、用いる道具の違いから、ショートボードとロングボードの大会が存在し、それぞれ男女とジュニアの大会に分かれる。ジュニア以外について以下に記載。

ショートボード[編集]
ASP World Tour
世界プロサーフィン連盟(ASP)によるプロサーファー世界一(男女)を決めるツアー。1試合の賞金総額は、男子30万ドル、女子8万ドル(1試合のみ10万ドル)。
World Qualifying Series (WQS)
世界ツアー出場権を得るための大会(ポイントランキング制)。出場者レベルの予測と賞金総額とから、6から1の "star" に種別され、"star" の数が多いほどレベル・賞金総額・ポイント付与が大きい。1試合の賞金総額は、男子の6starが12.5万ドル、5starが10万ドル、4starが7.5万ドル、3starが5万ドル、2starが2.5万ドル、1starが1万ドルで、女子の6starが3万ドル、5starが2.5万ドル、4starが2万ドル、3starが1.5万ドル、2starが1万ドル、1starが0.5万ドル。日本では男子のみ3戦ほど開催される。
Japan Pro Surfing Tour
日本プロサーフィン連盟によるショートボードのプロサーファー日本一(男女)を決めるツアー。最終戦はツアーの中で最も歴史と権威のある "All Japan Pro" との名称が付き、例年、ツアー最高の賞金総額をかけて戦っている。ただし、天候不良などで延期になった試合が出ると、"All Japan Pro" が最終戦ではなくなる年もある。
ロングボード[編集]
World Longboard Championship (WLC)
世界プロサーフィン連盟(ASP)主催のロングボードのツアーは、協賛する企業が少ないため、ショートボード並みの賞金を出すことができず、現在は未整備。ロングボードのプロサーファー世界一を決める試合は、年間男女1試合ずつ(賞金総額は男子が5万ドル、女子が3万ドル)。
World Longboard Tour (WLT)
ショートボードで言うWQSの "star" に準じ、賞金総額などで大会のレベル分けをしている。6starレベルは女子1試合、5と4starはなく、3starレベルは女子1試合、2starレベルは男子2試合、1starレベルは男女4試合ずつある。日本では1試合が開催予定。
Japan Pro Surfing Tour
日本プロサーフィン連盟によるロングボードのプロサーファー日本一(男)を決めるツアー。うち、"All Japan Pro" との名称がついた大会は、ツアーの中で最も歴史と権威のあるものとされる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]