ベトナム帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベトナム帝国
Đế quốc Việt Nam
フランス領インドシナ 1945年3月11日 - 9月2日 ベトナム民主共和国
フランス領インドシナ
ベトナムの国旗
国旗
国歌: 登壇宮
ベトナムの位置
公用語 ベトナム語
首都 フエ
皇帝
1945年3月11日 - 1945年8月30日 バオ・ダイ
内閣総長
1945年4月17日 - 1945年8月25日 チャン・チョン・キム
変遷
成立 1945年3月11日
滅亡 1945年9月2日
通貨 フランス領インドシナ・ピアストル
ベトナムの歴史
ベトナムの歴史






伝説時代
文郎国
甌雒国
北属期
南越統治)
徴氏姉妹






北属期
六朝統治)

前李朝
北属期統治)
梅叔鸞





北属期南漢統治)
楊廷芸矯公羨
呉朝
十二使君時代
丁朝
前黎朝
李朝






陳朝
胡朝
後陳朝
北属期統治)
後黎朝前期
莫朝
後黎朝後期 莫朝
鄭氏政権 阮氏政権
西山朝
阮朝
フランス領インドシナ
ベトナム帝国
コーチシナ共和国 ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国

ベトナム帝国(ベトナムていこく、Đế quốc Việt Nam帝國越南)は、1945年3月11日から同年9月2日までの半年間、ベトナムに存在した国家

歴史[編集]

第二次世界大戦の末期、フランスペタン政権との合意の下でフランス領インドシナへ進駐していた日本軍は、近々予想される連合国軍のベトナム上陸に対する危機感を募らせていた。日本軍は、連合国軍上陸の際、フランス植民地軍が日本軍と共にこれを迎え撃つことへの同意を求めたがフランス軍はこれを拒否し、1945年3月9日に両軍の間で戦闘が始まった。約3万の日本軍は、警察部隊も含めると9万と言われたフランス軍に勝利した(明号作戦、仏印処理)。これにより、インドシナは、200年近くも続いたフランスによる支配から解放され、代わりに日本の支配下に入った。

作戦終了後、日本側はベトナムに「フランスとの条約破棄が可能であること」を通告した。これを受けて、フランスによる植民地支配で統治権を抑制されていた阮朝の皇帝バオ・ダイ(保大帝)は、1884年甲申条約英語版(第二次フエ条約、パトノートル条約)を破棄し、フランスからの独立と日本との協働を宣言した。日本は同様の通告を、カンボジアラオスにも行い、それぞれが独立宣言を発している。

バオ・ダイ帝は、4月17日には首相(内閣総長、ベトナム語: Tổng trưởng Nội các/總長内閣)に著名な文人であったチャン・チョン・キムを任命し、内閣を組織させた。新政権は、フランス式の町名をアンナンの町名に復し、フランス人の官僚を免官して、フランス人の銅像を次々と撤去した。また、中等教育における教授言語フランス語からベトナム語に改定し、その後の教育制度に大きな影響を与えている。

しかし、1944年からトンキンを中心に発生していた大飢饉(1945年ベトナム飢饉)や、フランスによる長期の植民地支配と日本軍による軍政に対する有効な策を講ずることができなかった。この飢饉は、後にホー・チ・ミンによって、フランスや日本やベトナム帝国を攻撃するために大いに利用されることとなる。

領土については、コーチシナを含むベトナム全土の主権回復を宣言したが、同時期に独立したカンボジアが「コーチシナの半分は自国領土である」と主張したため、8月25日にサイゴンで両国による会議が開催される予定となっていた(日本政府が降伏を予告したため、結局は実施されなかった)。カンボジアとタイとの間でも領土問題は生起している。また、やはり同時期に独立したラオスは、アンナン人を全て国内から追放したためベトナムと争いになり、日本に調停を要請した。

1945年8月14日に日本政府がポツダム宣言の受諾を布告すると、その3日後の8月17日に、ホー・チ・ミンに指導されたベトミンが全国総蜂起を起こした(ベトナム八月革命)。バオ・ダイは、連合国主要政府と連絡をとることすらできなくなって退位を決意し、ベトミン側にその意向を伝えた。8月23日にベトミンは首都フエを掌握し、ハノイから派遣された代表チャン・フイ・リエウを迎えると、8月30日、フエの皇宮で退位式典が行われ、剣璽が引き渡された。そして、9月2日には日本の降伏(ポツダム宣言調印)と同時にベトナム民主共和国の独立宣言が出された。

ベトナム帝国を初めとするインドシナ3国の独立は、日本軍の敗北の直前であったため、ビルマ国フィリピン第二共和国のように日本やその同盟国からの国際的な政府承認を得ることはできなかった。

バオ・ダイは1949年6月、フランスに擁立されてサイゴンベトナム国の元首(国長、ベトナム語: Quốc trưởng/國長)に就任するが、「国長」が阮朝(ないしベトナム帝国)皇帝と同じ称号と見なしうるかは微妙であり、連続性を断定することはできない。


参考文献[編集]

  • 白石昌也「チャン・チョン・キム内閣成立(1945年4月)の背景 ―日本当局の対ベトナム統治構想を中心として」土屋健治・白石隆編『東南アジアの政治と文化(国際関係論のフロンティア3)』東京大学出版会、1984年、33-69ページ。ISBN 4-13-034066-2
  • 白石昌也「王権の喪失 ―ヴェトナム八月革命と最後の皇帝」土屋健治編『講座現代アジア1 ―ナショナリズムと国民国家』東京大学出版会、1994年、309-340ページ。 ISBN 4-13-025011-6
  • ファム・カク・ホエ『ベトナムのラストエンペラー』白石昌也訳、平凡社、1995年。 ISBN 4-582-37333-X

関連項目[編集]

先代:
フランス領インドシナ
1887年-1945年3月
ベトナムの歴史
ベトナム帝国
1945年3月-9月
次代:
南北分断時代
北ベトナム
南ベトナム
1945年9月-1976年