カイウラニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイウラニ
Kaʻiulani
ハワイ王太子
Kaiulani in San Francisco, ca. 1897 (PP-96-8-010).jpg
1897年、サンフランシスコにて。
全名 ヴィクトリア・カウェキウ・ルナリオ・カラニヌイアヒラパラパ・カイウラニ・クレゴーン
出生 1875年10月16日
Flag of Hawaii.svg ハワイ王国ホノルル
死去 1899年5月6日(満23歳没)
US flag 43 stars.svg ハワイ州・ホノルル・アイナハウ
父親 アーチボルド・クレグホーン
母親 リケリケ
テンプレートを表示

カイウラニ(英語全名:Victoria Kawekiu Lunalilo Kalaninuiahilapalapa Kaʻiulani Cleghorn, 1875年10月16日 - 1899年5月6日)はハワイ王国の王女。

人物[編集]

1875年にカラカウア王の妹であるリケリケ王女英語版を母に、スコットランド人アーチボルド・クレグホーン英語版を父として生まれ、生後すぐにカラカウア家へ養女に出される[1]。早くから王家の次世代後継者と目されて、国民的人気も高かった。

1889年から、カラカウア王の指示でイギリスに留学[1]。留学中にカラカウアは死去し、伯母のリリウオカラニから王位継承権第1位を指名される[1]。1893年にクーデターが起こってハワイ王国が滅亡すると、英国留学中だったカイウラニは渡米してクーデターの不当性を訴え、グロバー・クリーブランド米大統領との面談に成功し、徹底調査する約束を取り付ける。

1897年11月、カイウラニは8年ぶりにハワイに帰国。1899年、23歳で死去[1]

その他[編集]

カイウラニの描いた油絵(1890年)

1881年に、ハワイ王国のカラカウア国王が来日して赤坂離宮明治天皇と会談した際に幾つかの提案をした。その一つが姪のカイウラニ王女と山階宮定麿王との縁談である(当時山階宮定麿王は13歳、カイウラニは5歳)[1]。この縁談によってハワイ王室と日本の皇室との結びつきを強くして、ハワイ王国の存続を考えていたとされる[2]

しかし明治天皇は「国力増強に努めている明治新政府にはそこまでの余力はない」として断っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『ハワイスタイル NO.10』、171ページ、エイ出版社、2007年06月
  2. ^ 石出みどり、石出法太、『これならわかるハワイの歴史Q&A』、66ページ、大月書店、2005年09月

外部リンク[編集]