7月12日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2015年 7月文月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

7月12日(しちがつじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から193日目(閏年では194日目)にあたり、年末まであと172日ある。

できごと[編集]

絵皿
風刺画
フランス立憲議会、聖職者民事基本法を制定(1790)。左画像は「私は憲法を全力で支えることを誓う」と書かれた同年の記念絵皿、右は(別の法律で)解放を喜ぶ修道士たちの風刺画
ドイツの諸侯がナポレオンを盟主としたライン同盟を結成(1806)
爆撃されるチレ
ヒズボラの掩蔽壕を破壊するイスラエルの重機
イスラエルによるレバノン侵攻はじまる(2006)


誕生日[編集]

1D line.svg
足利義教
首塚とされる塔
室町幕府第6代将軍足利義教(1394-1441)誕生。1441年の同日に暗殺(嘉吉の乱
ジョサイア・ウェッジウッド
ウェッジウッドの皿
奴隷解放キャンペーンのメダルのためのデザイン
ウェッジウッド社創業者、陶芸ジョサイア・ウェッジウッド(1730-1795)誕生。奴隷解放論者でもあった(右画像「私は人間、同胞ではないのか?」1787)
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
ウォールデン湖
作家ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(1817-1862)。2年間ウォールデン湖畔(右画像)で独居し『森の生活英語版』(1854)を著した。以下同書より:
新しい服が必要となるような仕事には用心しなさい。
哲学者にとって全てのニュースなるものはゴシップであり、それを書いたり読んだりするのは茶飲みがてらの老婆たちである。
ウジェーヌ・ブーダン
『ポントリューの浜辺』
外光派の画家、「空の王者」ウジェーヌ・ブーダン(1824-1898)。右画像は『ポントリューの浜辺』(1874)
自画像
『赤いショールを纏ったジャンヌ・エビュテルヌ』(1917)
画家アメデオ・モディリアーニ(1884-1920)誕生。左画像は自画像、右は『赤いショールを纏ったジャンヌ・エビュテルヌ』(1917)
バスク系チリ人の詩人パブロ・ネルーダ(1904-1973)。
の木とするようなことをあなたとしたい。――『あなたは日々戯れる』(1924)
パキスタンの人権運動家マララ・ユスフザイ(1997-)


忌日[編集]

教会大分裂を終結させた神学者、ジャン・ジェルソン(1363-1429)没
エラスムスの銅像
エラスムスのものとされる頭蓋骨
人文主義者デジデリウス・エラスムス(1467-1536)没。
自分自身を知ることなしに書庫一杯の学術書を持つ罪を犯すなかれ。――書簡より(1497)
最良の知識を最初に、遅滞なく手に入れなければならぬ。後で忘れねばならぬようなことを学ぶのは愚の骨頂だ。――書簡より(1497)
享保の改革を行った江戸幕府第8代将軍、徳川吉宗(1684-1751)没
アレクサンダー・ハミルトン
決闘
アメリカ合衆国憲法の起草者アレクサンダー・ハミルトン(1754-1804)、副大統領アーロン・バーとの決闘に敗れ没。
国の負債は、過度でなければ、我々にとって国の祝福となるであろう。――書簡より(1781)


記念日・年中行事[編集]

 
サントメ・プリンシペの子供たち
キリバスの独立記念日
 
ボンリキ国際空港の歓迎ダンス


フィクションのできごと[編集]

誕生日[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大場つぐみ小畑健DEATH NOTE』13巻、集英社、2006年、20頁、ISBN 978-4-08-874095-9
  2. ^ 大場つぐみ小畑健DEATH NOTE』13巻、集英社、2006年、19頁、ISBN 978-4-08-874095-9
  3. ^ 『はーとふる彼氏 公式ファンブック』 一迅社、2012年10月5日、ISBN 978-4-7580-1280-5
  4. ^ 『PASH!アニメーションファイル01「おおきく振りかぶって」』、主婦と生活社、2008年、52頁、ISBN 978-4-391-62643-8
  5. ^ 井上雄彦 『SLAM DUNK』23巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年、47頁、ISBN 4-08-871843-7

関連項目[編集]