モナコ統治者の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
凡例
モナコ統治者
他国支配下
摂政

以下に示す表は、年代順に並べられたモナコ統治者の一覧である。 殆どはグリマルディ家の出身となる。他国統治期間の行政者等は、例外としてその旨を記す。

モナコ領主[編集]

治世 備考
フランソワ・グリマルディ 1297年1月8日1 モナコの岩を占有してはいたが、モナコ統治者ではない。
カーニュ領主, レーニエ1世 1297年1月8日1301年4月10日 フランソワの従兄弟1
ジェノヴァ支配 1301年4月10日-1331年9月12日
モナコ領主 (: Seigneurs de Monaco)
シャルル1世 1331年9月12日1357年8月15日 共治 1352年6月29日-1357年8月15日
アントニオ 1352年6月29日1357年8月15日
レーニエ2世 1352年6月29日1357年8月15日
ガブリエル 1352年6月29日1357年8月15日
ジェノヴァ支配 1357年8月15日-1395年1月
ルイ 1395年1月 – 1395年12月19日 2度の統治の1度目2; ジャン1世との共治
ジャン1世 1395年1月 – 1395年12月19日 3度の統治の1度目3; ルイとの共治
ジェノヴァ支配 1395年12月19日-1397年5月11日
ルイ 1397年5月11日1402年11月5日 2度の統治の2度目
ジェノヴァ支配 1402年11月5日-1419年6月5日
マントンアンブロワーズ 1419年6月5日1427年 アントニーおよびジャン1世との共治
ロクブリュニュアントニー 1419年6月5日1427年 ジャン1世およびアンブロワーズとの共治
ジャン1世 1419年6月5日1436年10月3日 3度の統治の2度目3; アンブロワーズおよびアントニーとの共治
ミラノ公国占領下ブレーズ・アッセレト知事 1436年10月3日-1436年11月
ジャン1世 1436年11月 – 1454年5月8日 3度の統治の3度目
カタラン 1454年5月8日1457年7月  
クローディーヌ 1457年7月 – 1458年3月16日  
ポメルリネ・フレゴーソ 1457年7月 – 1458年3月16日 クローディーヌ嬢摂政
ランベール 1458年3月16日1494年3月  
ジャン2世 1494年3月 – 1505年10月11日  
リュシアン 1505年10月11日1523年8月22日  
オノレ1世 1523年8月22日1581年10月7日  
オギュスティーヌ・グリマルディ 1523年8月22日1532年4月14日 オノレ1世摂政
ニコラス・グリマルディ 1532年4月14日1532年4月23日 オノレ1世摂政
エティエンヌ・グリマルディ 1532年4月23日1540年12月16日 オノレ1世摂政
シャルル2世 1581年10月7日1589年5月17日  
エルキュール 1589年5月17日1604年11月29日  
オノレ2世 1604年11月29日1662年1月10日 当初はモナコ領主, 後に初代モナコ大公4.
ヴァルデタレフランシス・ランディ 1604年11月29日1616年 オノレ2世摂政

モナコ大公[編集]

治世 備考
モナコ大公 (: Princes de Monaco)
オノレ2世 1604年11月29日1662年1月10日  
ルイ1世 1662年1月10日1701年1月2日 かつてのモナコ領主、ルイとは別人2.
アントワーヌ1世 1701年1月2日1731年2月20日  
ルイーズ=イポリット 1731年2月20日1731年12月29日  
ジャック1世 1731年2月20日1731年12月31日 ルイーズ=イポリットの薨去まで摂政
ジャック1世 1731年12月31日1733年11月7日  
オノレ3世 1733年11月7日1793年1月19日  
選挙された国民公会による統治 ジョゼフ・バリエーラ議長 1793年1月19日1793年2月24日
フランス併合(1793年2月24日) 1814年6月17日までフランス占領下
アルマン・ルイ・ド・ゴンタン 1793年2月24日1793年3月1日 フランス軍司令官
アンリ・グレゴワール  ? – ? フランス人長官
グレゴワール・マリ・ジャゴ  ? – ? フランス人長官
対仏大同盟諸国占領下 1814年5月17日-1814年6月17日
オノレ4世 1814年5月30日1819年2月16日  
ジョセフ・マリ・ジェローム・オノレ・グリマルディ, 1814年6月17日1814年6月23日 オノレ4世摂政
ルイ・ミロ=テラッザニ, オラース・プレッティ・ド・サンタブロワーズ, アントワーヌ・シガルディ, ジョゼフ・レイ,オノレ・アルビニの構成するモナコ国家評議会によるオノレ4世名代 1814年6月23日-1819年3月4日
オノレ摂政太子 1815年3月3日1819年2月16日 父公オノレ4世老年の摂政;父公薨去後に即位してオノレ5世
オノレ5世 1819年2月16日1841年10月2日  
フロレスタン1世 1841年10月2日1856年6月20日  
シャルル3世 1856年6月20日1889年9月10日  
アルベール1世 1889年9月10日1922年6月26日  
ルイ2世 1922年6月26日1949年5月9日  
レーニエ3世 1949年5月9日2005年4月6日  
レ・ボー侯アルベール公子 2005年3月31日2005年4月6日 国事遂行不能となった老父公レーニエ3世の摂政; レーニエ薨去後に即位してアルベール2世
アルベール2世 2005年4月6日 – 現  

備考[編集]

  1. フランソワ・グリマルディはしばしば公国最初の統治者として言及されるが, 実際には1297年1月8日モナコの岩を実力で占有した集団の指導者に過ぎない。フランソワの従兄弟であるカーニュ領主 レーニエ1世こそが、現在モナコとして知られている地域を支配したグリマルディ家出身の最初の統治者である。 その跡を継いだシャルル1世は、30年間ジェノヴァに支配権を奪われながらモナコの岩を一族の手に戻し、名実ともに最初のモナコ領主となった誉で、広く公朝創始者とみなされている。
  2. ルイという名前のモナコ統治者は3人いる。1390年代と1400年代初頭の2度治める事になったモナコ領主ルイと、1662年から1701年まで治めたルイ1世大公と、1922年から1949年まで治めたルイ2世大公とである。
  3. ジャン1世は3回にわたって単治乃至共治した。2度目の統治では、1427年に共治者アントニーが世を去りアンブロワーズが権利を放棄した後も, 1人で支配を続けた。これによって、後世の文献は彼を「1世」と呼び、君主に準ずるものとして扱っている。
  4. 1612年から、オノレ2世はモナコ統治者として初めて、それまでのモナコ領主という肩書きに大公の称号を追加した。1633年にスペイン王フェリペ4世がモナコを公国として認めたことで、此の称号は公式の物となった。

関連項目[編集]