アロイス・フレイシュマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アロイス・フレイシュマン(Aloys Fleischmann, 1910年4月13日 - 1992年7月12日)はアイルランド作曲家音楽学者。多くのジャンルで作曲し、室内楽独奏バレエ合唱管弦楽の作品を残している。

経歴[編集]

両親はコーク在住のドイツ系アイルランド人の音楽家で、ミュンヘンへの演奏旅行中に生まれた。1931年ユニバーシティ・カレッジ・コークを卒業して音楽学士の称号を得、1932年には芸術修士の称号を得た。その後ミュンヘン大学に留学し、作曲指揮音楽学を学んだ。

1934年、ユニバーシティ・カレッジ・コークに戻り1980年まで教授の職にあった。彼は1934年にコーク交響楽団を設立して、1954年にコーク国際合唱・フォークダンスフェスティバルの設立にかかわった。さらに1947年ジョアン・デニス・モリアティとともにコークバレエ団を設立するのに尽力した。

彼がリムリック大学ミーハウル・オ・スーラヴァウンと共同で40年間かけて編纂したアイルランド伝統音楽は、死後の1998年に公表された。

作品[編集]

  • コの黄金の鐘(1948年)
  • クレアの竜騎兵(1945年)
  • 赤いペチコート(1951年)
  • アン・トスタルのための4つのファンファーレ(1953年)
  • ボティーバ交響曲(1977年)
  • パトリック・ピアースへのオマージュ(1979年)

文献[編集]

  • Ruth Fleischmann ed., Aloys Fleischmann: A Life for Music in Ireland Remembered by Contemporaries, Cork (Mercier), 2000. ISBN 1-85635-328-1
  • Séamas de Barra, Aloys Fleischmann, Notre Dame/USA and Dublin (Field Day Books), 2006. ISBN 0-946755-32-9