ジョサイア・ウェッジウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Josiah Wedgwood

ジョサイア・ウェッジウッドJosiah Wedgwood, 1730年7月12日 - 1795年1月3日)はイギリスの陶芸家、事業家。イギリス最大の陶器メーカー「ウェッジウッド社」の創設者。後にイギリス陶芸の父と称される。窯の中の高温を測るパイロメーター(高温測定計)を発明し王立協会会員にも選ばれた科学者としての一面もある。

略歴[編集]

  • 1730年 イングランドスタフォードシャーストーク・オン・トレントのバーズレムで代々作陶に携わってきた陶器職人の家に生まれる。父トーマス、母メアリー・ウェッジウッドの末子、第13子。
  • 1737年(9歳) 父が亡くなり、家業のチャーチヤード工房(Churchyard Works)の跡を継いだ兄トーマス(Thomas)のもとで陶芸を学び始める。
  • 1739年(11歳) 天然痘にかかり右足が不自由になる。陶器に関する調査と研究に没頭する。
  • 1770-11年 14歳頃から作陶を始める。
  • 1754年 バーズレムにて、トーマス・ウィルドン(Thomas Whieldon)と共に事業を開始。
  • 1759年(28歳) アイビーハウス工房(Ivy House Works)を借り受け、独立。「ウェッジウッド社」創立。
  • 1763年 硬質陶器クリームウェアが完成。
  • 1766年 国王ジョージ3世の妻シャーロット王妃の称賛を呼び王室御用達の陶工(Potter to Her Majesty)に認められ、「クィーンズウェア」と命名することを許される。
  • 1768年 右足の状況が悪化し、膝下を切断。
  • 1771年 工房をエトルリア(Etruria)へと移す。
  • 1774年 磁器に近いストーンウェア炻器)を下地にした「ジャスパーウェア」を完成。
  • 1783年 王立協会の会員となる[1]
  • 1786年 ポートランドの壺の再現に取り組む。
  • 1790年 ポートランドの壺をジャスパーウェアで再現することに成功(ウェッジウッド美術館・蔵)。
  • 1795年 64歳で亡くなる。

備考[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wedgwood; Josiah (1730 - 1795)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。

参考文献[編集]