ジョージ3世 (イギリス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ3世
George III
イギリス王
George III in Coronation Robes.jpg
在位 グレートブリテン王:1760年10月25日1801年1月1日
連合王国国王:1801年1月1日 - 1820年1月29日
戴冠 1761年9月22日(グレートブリテン王)
別号 アイルランド王
ハノーファー選帝侯/ハノーファー王
出生 1738年6月4日
イングランドの旗 イングランドロンドンノーフォーク・ハウス
死去 1820年1月29日(満81歳没)
イングランドの旗 イングランドバークシャーウィンザー城
埋葬 1820年2月15日
イングランドの旗 イングランドバークシャーウィンザー城セント・ジョージ礼拝堂
配偶者 シャーロット
子女
王家 ハノーヴァー家
王朝 ハノーヴァー朝
王室歌 神よ国王を護り賜え
父親 フレデリック・ルイス
母親 オーガスタ・オブ・サクス=ゴータ
テンプレートを表示
手の上に乗っているナポレオンを凝視するジョージ3世

ジョージ3世英語: George III, 1738年6月4日1820年1月29日)は、イギリスハノーヴァー家第3代の国王(在位:1760年10月25日 - 1820年1月29日)。またハノーファー選帝侯1814年以後はハノーファー王ゲオルク3世 (Georg III)を兼ねた。父はフレデリック・ルイスジョージ2世の長男)。母はザクセン=ゴータ=アルテンブルクフリードリヒ2世の娘オーガスタ。妃はメクレンブルク=シュトレリッツ公子カール・ルートヴィヒの娘シャーロット。別名「農夫王」(Farmer King)、「農夫ジョージ」(Farmer George)。

天文学者のウィリアム・ハーシェル等を支持する。アメリカ植民地への課税がきっかけでアメリカ独立戦争を招き、北アメリカの領土を失った。自分の課した重税問題や身内のスキャンダルに苦悩した上に、1811年には認知症となり、以後ウィンザーで生活、長男の王太子ジョージ4世摂政として政務を執った。在位60年は孫娘にあたるヴィクトリア女王の63年、その玄孫の現女王エリザベス2世の62年に次ぐ歴代第3位である。

生涯[編集]

即位まで[編集]

ジョージ・ウィリアム・フレデリック、後のジョージ3世は、ジョージ2世の長男フレデリック・ルイス王太子とその妃オーガスタの長男として生まれた。母オーガスタが出産前日の6月3日、夫とロンドンセント・ジェームズ公園を散歩中、急に産気づき、そのまま出産した子である。しかも予定日より3ヶ月も早いという異常な早産であった。後に国王になってからたびたび現れた精神障害の遠因を、この早産にあるとする説もある。1751年、13歳の時に父フレデリック・ルイスが薨御したため、同年プリンス・オブ・ウェールズとなる。プリンス・オブ・ウェールズとなってからは、母オーガスタの影響力が強まり、教育の面でも息子をドイツ風の「強い君主」にして、専制政治を実現させるべく教育を行っていった。

治世[編集]

1760年に祖父ジョージ2世の崩御を受けジョージ3世が即位する。祖父や曽祖父のジョージ1世ドイツ生まれで、英語をほとんど理解できなかったのとは違い、生粋のイギリス人であった。このため、前2代の王達とは違い、積極的に内政、外交への介入を行った(ボリングブルックの『愛国王の理念』の影響を受けたとされる)。1783年ウィリアム・ピット(小ピット)を首相とするが、小ピットはアダム・スミスの学説を取り入れ、自由貿易といった政策を実行していき、その政治手腕によって今日のイギリス首相の地位を確立することに成功した。また、これまで政治の実権を握っていたホイッグ党勢力を退潮させた。

ジョージ3世は王室費を節約し、浮いた資金で数多くの議員を買収し、「王の友」(King’s Friends) と呼ばれたそれらの議員を使って政策を実行していった。外交では先代ジョージ2世の時代から続くヨーロッパ諸国間の争いに加えて、アメリカ独立戦争や、フランス革命とそれに続くナポレオン戦争といった難局に直面するも、乗り切ることに成功している。

また、ジョージ3世の時代は産業革命の時期であり、ジェームズ・ワットによる蒸気機関の改良、アークライトなどの紡績機械の発明、スチーブンソン親子による蒸気機関車の発明などによって、産業交通が大きな変化を遂げた時代でもある。また、ジョージ3世自身もこうした科学技術の進歩に関心を抱き、出自の低さを理由に当時の政治家や学者達から業績を中傷された時計技術者のジョン・ハリソンを擁護して後に正当な評価を与えるきっかけを与えたことでも知られている。この一連の動きでイギリスは「世界の工場」としての地位を確立することになる。

子女[編集]

1761年9月8日にジョージ3世は、メクレンブルク=シュトレリッツ公子カール・ルートヴィヒの娘シャーロットと結婚した。2人は、1762年8月12日に生まれた王太子ジョージ・オーガスタス・フレデリック(後のジョージ4世)をはじめ、ヨーク公フレデリック、クラレンス公ウィリアム(後のウィリアム4世)、ケント公エドワードヴィクトリア女王の父)、カンバーランド公アーネスト(後のハノーファー王エルンスト・アウグスト)ら9男6女に恵まれた。華美を嫌い、家族を大事にするジョージ3世の性格もあり、女性問題などの夫婦間のトラブルとも無縁であった。

しかし子供達は成長するにつれ、そろいもそろってスキャンダルを巻き起こす。特に王太子は、ギャンブルで多額の借金を作ったり、女性にほれ込んで多額の金を貢いで歳費が足りなくなって父親に泣きついたりという問題児であった。更に次男フレデリックは、陸軍の最高司令官であるにもかかわらず愛人を通じて賄賂を受け取っていたことを、議会で指摘されてその地位を失うなど、スキャンダルには事欠かなかった。これらのスキャンダルは、誕生したばかりのメディアの格好の標的となり、王室一家のスキャンダルを扱った新聞や風刺漫画は大いに売れ、その様子を1990年代の一連の王室スキャンダルと比較する専門家もいるほどである。神経が元々繊細であったジョージ3世にとって、息子達の相次ぐスキャンダルは耐え難いものであった。ジョージ3世が度々神経衰弱を起こし、1811年に正気を完全に失ったのも、この子供達のスキャンダルが原因であるとされてきたが、近年の研究ではポルフィリン症を患っていたのが原因という説が有力になっている。

系譜[編集]

ジョージ3世 父:
フレデリック・ルイス
祖父:
ジョージ2世 (イギリス王)
曽祖父:
ジョージ1世 (イギリス王)
曽祖母:
ゾフィー・ドロテア
祖母:
キャロライン
曽祖父:
ヨハン・フリードリヒ (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)
曽祖母:
エレオノーレ(ザクセン=アイゼナハ公女)
母:
オーガスタ
祖父:
フリードリヒ2世 (ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公)
曽祖父:
フリードリヒ1世 (ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公)
曽祖母:
マグダレーナ・ジビッラ
祖母:
マグダレーナ・アウグスタ
曽祖父:
カール・ヴィルヘルム (アンハルト=ツェルプスト侯)[1]
曽祖母:
ゾフィー(ザクセン=ヴァイセンフェルス公女)

[1]の甥クリスティアン・アウグストの娘(=母オーガスタの又いとこ)が、ロシア女帝エカチェリーナ2世

関連作品[編集]

  • 英国万歳!』 - 乱心したジョージ3世と、混乱する王室を描いた演劇作品で、後映画化された。

エポニム[編集]

キングジョージ島は、彼から名づけられた。

先代:
連合王国国王
1801年 - 1820年
次代:
ジョージ4世
先代:
ゲオルク2世
ハノーファー選帝侯
1760年 - 1814年
次代:
先代:
ハノーファー国王
1814年 - 1820年
次代:
ゲオルク4世
先代:
ゲオルク2世
ザクセン=ラウエンブルク公
1760年 - 1814年
次代:
フリードリヒ1世