ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーリントン・ハウス

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(英語:Royal Academy of Arts)は、イギリスロンドン中心部のピカデリーにある国立芸術学校。美術館が併設されている。王立芸術院と訳される。

沿革[編集]

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツは1769年に開校した。初代校長はサー・ジョシュア・レイノルズである(現在中庭に銅像が建てられている)。建物はパラディオ様式のバーリントン邸(バーリントン・ハウス)という貴族の屋敷である。この建物は以前、ロンドン大学の本部が置かれていたこともあった。

バーリントン・ハウス中庭

活動[編集]

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツは王立とはいえ、王室や政府から支援を受けていない。収入源のひとつは美術展の開催で、非常に質が高く、ナショナル・ギャラリーテート・ギャラリーなどに匹敵する。2004年には新しく改装されたバーリントン邸の当初の区画である、ジョン・マデウスキー・ファイン・ルームと呼ばれる部屋で、常設展示も行われるようになった。

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度30分33秒 西経0度08分22秒 / 北緯51.50917度 西経0.13944度 / 51.50917; -0.13944