ジョシュア・レノルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョシュア・レノルズ
『自画像』(1776年)
生誕 1723年7月16日
デヴォン州プリンプトン
死没 1792年2月23日(68歳)
ロンドン

ジョシュア・レノルズSir Joshua Reynolds, 1723年7月16日 - 1792年2月23日)は、ロココ期のイギリス画家

概説[編集]

英国の肖像画家。ロイヤル・アカデミーの初代会長。落ち着いた気品ある画風で知られる。

生涯[編集]

1723年イングランド南東部デヴォン州のプリンプトンに生まれる。父親が教師であったため、父親から教育を受けた。1740年から1743年まで肖像画家のトマス・ハドソンの元で修業した。

サミュエル・ジョンソンと親交が深く、1746年2月にロンドンソーホー地区にある食堂でジョンソンを中心として「ザ・クラブ」を創設し、エドマンド・バークオリヴァー・ゴールドスミスらと毎週夜の7時に集まり夜がふけるまで議論を交わしている。

1749年オーガスタス・ケッペルと知り合い、センチュリオン (戦列艦・2代)に乗船する。[1]同年より1752年にかけてイタリアに学び、ラファエッロミケランジェロなどの古典を熱心に研究した。しかしローマにいる間に病気になり、回復したものの聴覚の一部を失ってしまう。

1768年ロイヤル・アカデミーが創設されるとその初代会長となり、実作のみならず絵画の理論家・教育者としても大きな役割を果たした。レノルズは、ラファエッロのような古典絵画の巨匠の様式(グランド・マナー)を重視し、聖人・神話・歴史上の事件などを扱った「歴史画」を絵画ジャンルの首位に置いた。肖像画の制作にあたってもモデルを宗教的・歴史的道具立てのなかで理想化して描いた。

1784年にアラン・ラムゼイが亡くなると、主席宮廷画家となる。

1789年に左目の視力を失い、リタイアを余儀なくされる。

歴史画振興を目的として、『講話』(1769年~1770年)を出版。
彼はまたフィリップ・ジェイムズ・ド・ラウザーバーグが作成したミニチュア機械劇場エイドフュージコンを高く評価した[2]

彼の残した名言の一つに「君が偉大な才能を持っているならば、勤勉がそれにみがきをかけるだろう。 君がふつうの能力しか持っていないなら、勤勉がその不足を補うだろう。(If you have great talents, industry will improve them; if you have but moderate abilities, industry will supply their deficiency.)」がある。

評価[編集]

保守的でアカデミックな制作態度、および、「ロイヤル・アカデミーの初代会長」という肩書きから、権威におもねった旧弊な画家として、21世紀の今日においては否定的に評価されがちだが、長年独自の美術の伝統を築けずにいたイギリスにおいて、職業人としての画家の地位を確立した功績は大きい。特に『マスター・ヘア』、『カロライン・ハワード嬢』などの、愛らしい子どもの肖像画には、レノルズの本領が現われているといえる。

代表作[編集]

ギャラリー[編集]

参照[編集]

  1. ^ Ian McIntyre, Joshua Reynolds. The Life and Times of the First President of the Royal Academy (London: Allen Lane, 2003), p. 39.
  2. ^ 藤田 治彦 『ターナー』 六輝社、2001年2月。ISBN 4-89737-387-5

外部リンク[編集]