サミュエル・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Samuel Johnson
サミュエル・ジョンソン
サミュエル・ジョンソン(1772年頃)ジョシュア・レノルズ画
生誕 1709年9月18日
イギリスの旗 イギリス スタッフォードシャー州 リッチフィールド
死没 1784年12月13日(75歳)
イギリスの旗 イギリス ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 文学者
著名な実績 シェイクスピアの研究, 英語辞典の編集

サミュエル・ジョンソン(Samuel Johnson, 1709年9月18日(ユリウス暦9月7日) - 1784年12月13日)は、イギリスイングランド)の文学者詩人批評家文献学者)。「英語辞典」(1755年)の編集で知られる。

18世紀英国において「文壇の大御所」と呼ばれた。親しげに「ジョンソン博士」「ドクター・ジョンソン」と称される。その有名な警句から、しばしば「典型的なイギリス人」と呼ばれる。主著に『英語辞典』、『詩人列伝』、『シェイクスピア全集』(校訂・注釈)など。

生涯[編集]

イングランド中部のリッチフィールドに生まれる。父は小さな書店主であった。オックスフォード大学で学ぶが家が貧しかったため中退し、故郷に戻り教員になった。1735年、20歳年上で未亡人のエリザベス・ポーター(en:Elizabeth Porter 1689-1752年)と結婚。顔には「瘰癧」king's evilがあった[1]

1737年、ロンドンに出て、悲劇を書いたり、新聞への寄稿を行ったりした。1746年に「ザ・クラブ」創設に参加。また同年「英語辞典」刊行計画を公表。アカデミー・フランセーズがフランス語辞典(1694年)を完成させるのに40年かかったことから、個人で行うのは無理だと考えられたが、1755年に「英語辞典」2巻を完成させた。この業績によりオックスフォード大学より文学修士号を得た。

1759年、小説『ラセラス』を執筆。1763年、30歳年下のジェイムズ・ボズウェルと知り合い、以後交友を結んだ。1765年、シェイクスピアの戯曲集を刊行。1776年に法学博士号を得た。

1784年に逝去。

英語辞典[編集]

英語辞書(A Dictionary of the English Language)[[1]]]のパトロンとしてチェスターフィールド卿にお願いしたものの、断れ、独力で完成させた。(新解さんと称される「新明解国語辞典」のようなユニークな語釈があったのだが、第1版だけで、その後は修正されていることが多い。

  • oat(オート麦)=穀物。イングランドでは一般に馬に与えられ、スコットランドでは人が食べている[2]
  • tarantula(タランチュラ)=昆虫。これに咬まれると音楽以外に治療法はない[3]
  • lexicographer(辞書編集者)=辞書を書く人。文章を書き写し、言葉の意味を説明するという仕事をこつこつとこなす無害の人(a harmless drudge)[4]
  • dull(退屈な)=活力のない、楽しくないこと。例:辞書作りは退屈な仕事だ。
  • fart(屁)[5]=体の後ろから空気を吹き出すこと。

As when we a gun discharge, 「大砲を発射する時のように

Although the bore be ne'er so large, ただし口径はさほど大きくはない
Before the flame from muzzle burst, 砲口から火を噴く前に
Just at the breech it flashes first; 砲尾で爆発
So from my lord his passion broke, こうして閣下は癇癪を起こされ、

He farted first, and then he spoke. Swift. 屁を一発、それから口を開かれた(ジョナサン・スウィフト|スウィフト)
  • patron(パトロン)=支持し、擁護し、援助する人。たいていは尊大な態度で保護し、お追従という代償を得る見下げ果てた人間。

クラブ向きの男[編集]

ジョンソンは "Clubbable man"(クラブ向きの男)と呼ばれ、クラブでの談論風発を好んだ。生涯にいくつかのクラブに加入しているが、特に有名なのは1764年にジョシュア・レノルズの呼びかけで創設されたザ・クラブ(文学クラブThe Club)である。創立メンバーはレノルズ、ジョンソン、エドマンド・バークオリヴァー・ゴールドスミスら9人で、後にギャリックen:David Garrick(俳優)、ギボンアダム・スミス、ボズウェルらが加わり、ジョンソンの晩年には35人程になった。週1回の夜、居酒屋(tavern)で食事の後に文学談義などを楽しむ集まりで、機知に富んだ話の得意なジョンソンが会話の中心だった。

エピソード[編集]

  • 弟子のスコットランド人、ボズウェルが著した『サミュエル・ジョンソン伝』は数々の警句で知られるジョンソンを生き生きと描いており、人物伝の名著とされる。
  • 「英語辞典」には時として偏見に満ちた記述も見られる。(エンバクを参照)
  • ロンドンの高等法院近くにジョンソンの暮らした家(ジョンソン博士の家[2])が保存されている。「英語辞典」を完成させた家である。
  • リリアン・デ・ラ・トーレの推理小説では、探偵役として登場し、その博識と話術によって事件を解決する。

語録[編集]

  • 「腐敗した社会には、多くの法律がある。」
  • 「政府は我々を幸せにすることはできないが、惨めな状態にすることはできる。」
  • 「結婚は多くの苦悩を生むが、独身は何の喜びも生まない。」
  • 「あらゆる出来事のもっともよい面に目を向ける習慣は、年間1千ポンドの所得よりも価値がある。」
  • 「彼の死を悲しんではならない。彼のようなすばらしい奴と出会えたことを喜ばなくてはならない。」
  • 「過ぎ行く時を捉えよ。時々刻々を善用せよ。人生は短き春にして人は花なり。」
  • 「ロンドンに飽きた者は人生に飽きた者だ。ロンドンには人生が与え得るもの全てがあるから。」(ジョンソンの言葉で最もよく引用される言葉)
  • 愛国心は卑怯者の最後の逃げ口上。」
  • 「地獄への道は善意が敷き詰められている。」
  • 「怠け者だったら、友達を作れ。友達がなければ、怠けるな。」
  • 「人生において新しい知人をつくらずにいると、やがて独りぼっちになるでしょう。閣下、人は友情を常に修復し続けなければなりません。」
  • 「信頼なくして友情はない、誠実さなくして信頼はない。」

日本語訳[編集]

川地美子編訳 (みすず書房、1992年)-ジョンソンの作家論を収録。
  • 「ジョンソン博士語録」(伊丹レイ子監修、パレードブックス、2007年)- 英文併記:対訳テキスト
  • 「幸福の追求 アビニシアの王子ラセラスの物語」 (朱牟田夏雄訳、岩波文庫、 2011年)、初訳は1949年
  • 「スコットランド西方諸島の旅」 諏訪部仁・市川泰男・江藤秀一・芝垣茂訳
(「中央大学人文科学研究所翻訳叢書1」中央大学出版部、2006年)

日本語文献[編集]

  • サミュエル・ジョンソン伝 (ジェイムズ・ボズウェル中野好之訳、みすず書房全3巻) 完訳版
  • ジョンソン博士の言葉 (中野好之編訳、<大人の本棚>みすず書房) 上記の抄訳書
  • サミュエル・ヂョンスン伝 (神吉三郎訳、岩波文庫全3巻) 戦前の抄訳書
  • ジョンソン博士の『英語辞典』 (ヘンリー・ヒッチングズ著、田中京子訳 みすず書房)
  • 啓蒙思想下のジョンソン辞書―知の集成を目指して― (早川勇著 春風社)
  • ジョンソンと「国語」辞典の誕生―十八世紀巨人の名言・金言― (早川勇著 春風社)
  • サミュエル・ジョンソン百科事典 (パット・ロジャーズ著、日本ジョンソン・クラブ共訳、ゆまに書房
  • 英国文化の巨人 サミュエル・ジョンソン (江藤秀一、芝垣茂、諏訪部仁編著 港の人)
  • 福原麟太郎 ヂョンソン大博士 <新英米文学評伝叢書>、のち「福原麟太郎著作集2」 
(各研究社出版) 古典で著者の代表作、絶版。 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 王様が触れると治るという伝説があった。
  2. ^ だから、イングランドでは馬が、スコットランドでは人が賢いのだとスコットランド出身のボズウェルは反論した。
  3. ^ 当時はそんな伝説があり、生まれた音楽が「タランテラ」である。
  4. ^ アンブローズ・ビアズは『悪魔の辞典』でこれを受けてLEXICOGRAPHER, n. A pestilent fellow who, under the pretense of recording some particular stage in the development of a language, does what he can to arrest its growth, stiffen its flexibility and mechanize its methods.(有害な奴である。というのも、一つの言語の発達の、ある特定のの段階を記録すると称して、できる限りその言語の成長をおしとどめ、その柔軟性を麻痺させ、またその仕組みを機械的にしようとするからである)と書いている。
  5. ^ 下品な言葉が多いと批判した二人の上流婦人に「あなたはそんな言葉をお探しになったのですね」と反論した話も有名である。

外部リンク[編集]