オリヴァー・ゴールドスミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリヴァー・ゴールドスミス

オリヴァー・ゴールドスミス(Oliver Goldsmith, 1730年11月10日[1]? - 1774年4月4日)は英国詩人小説家劇作家アイルランド生まれ。主著に小説ウェイクフィールドの牧師』(The Vacar of Wakefield)、喜劇『お人よし』と『負けるが勝ち』、長編詩の『旅人』、詩集の『寒村行』(The Deserted Village)がある。

生涯[編集]

アイルランドで出生。父は牧師

ダブリン大学になんとか入学し無事卒業。聖職者の準備の一環である医学を学ぶためにヨーロッパ各地の大学に行くがどこも修了できず1756年ロンドンに移住。生計をたてるため1760年から雑誌に随筆を寄稿した際に人気が出て、それを1762年に『世界の市民』という題名で出版。

1764年にジョシュア・レノルズサミュエル・ジョンソンが結成した「ザ・クラブ」(のちの文学クラブ The Literary Club)の創立会員となり、長詩喜劇作品を発表したが貧しい生活だけは変わらなかった。小説や詩のほかにも伝記も書いた。

1774年にロンドンで死去。

評価[編集]

著書[編集]

  • 『世界の市民』(随筆、1762年)
  • 『旅人』(長詩、1764年)
  • 『イギリス史』(歴史書、1764年)
  • 『ウェークフィールドの牧師』(小説、1766年)
  • 『お人好し』(1768年)
  • 『寒村行』」(1770年)
  • 『負けるが勝ち』(喜劇、1773年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1727年から1731年11月29日とも