ウォレス・コレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンチェスター・スクウェアの緑地から見たウォレス・コレクション
荘厳な室内装飾が保存された展示室

ウォレス・コレクション(The Wallace Collection)は、イギリスロンドンにある美術館15世紀から19世紀にかけての世界的に有名な美術作品、装飾美術作品の数々、および、18世紀フランスの広範囲にわたる絵画作品、家具、武具、甲冑、磁器、そしてオールド・マスターの絵画作品を25室のギャラリーに展示している。

設立は1897年。主に第四代ハートフォード侯爵リチャード・シーモア=コンウェイ(en:Richard Seymour-Conway, 4th Marquess of Hertford 1800–1870)のプライベートコレクションから成り立った。そのコレクションと屋敷は非嫡出の息子リチャード・ウォレス(en:Sir Richard Wallace 1818–1890)に相続され、ウォレスの未亡人がコレクションの全てをイギリス政府に追贈した。1900年、美術館はマンチェスター・スクウェアのハーフォートハウスにて一般公開され、現在もそのままの状態にある。コレクションを持ちだすことは許されておらず、外部の展示会に貸し出されることもない。入場は無料。非省公共団体である。

コレクション[編集]

ベラスケス – 扇を持つ貴婦人

本美術館は5500点近くの収蔵品を擁し、特に18世紀フランス絵画、セーブル焼、家具の品質の高さと品揃えの幅広さで知られる。 その他にも、ティツィアーノ2点、レンブラント4点、ルーベンス3点、ヴァン・ダイク4点、カナレット22点、ブーシェ19点、デ・ホーホの傑作数点、ダフィット・テニールス (子)en:David Teniers the younger)9点、フランス・ハルスムリーリョ9点、ベラスケス2点、さらにドメニキーノチーマ・ダ・コネリアーノen:Cima da Conegliano)、ベルナルド・ダッディグイド・レーニサルヴァトル・ローザトマス・ゲインズバラジョシュア・レノルズアントワーヌ・ヴァトーニコラ・ランクレen:Nicholas Lancret)、 ヤン・ステーンアルベルト・カイプフランチェスコ・グアルディen:Francesco Guardi)9点などを展示する。

本美術館はヨーロッパとオリエントにわたる武具と甲冑の良質なコレクションも擁する。その他には金細工の箱、ミニアチュール、彫刻、さらにはマヨルカ焼やガラス工芸、ブロンズ彫刻、リモージュ焼など中世およびルネッサンス期の作品も展示されている。

コレクションの構成は以下の通り[1]

  • 水彩画および油彩画 775点
  • 家具 528点
  • 陶磁器 510点
  • ヨーロッパおよびオリエントの武具・甲冑 2,370点
  • 彫刻 466点
  • ミニアチュール 334点
  • 中世およびルネッサンス期の作品 363点
  • 金工細工 120点

部門[編集]

ルネッサンス期のリモージュ焼のエナメルの皿。Martial Courtoisによる.

ウォレス・コレクションは「絵画・ミニアチュール」、「陶磁器・ガラス」、「彫刻・工芸」、「武具・甲冑」、「セーブル焼」、「金工品・家具」の、6つの専門部門に分けられている。

絵画・ミニアチュール部門[編集]

各時代の美術を主導したオールド・マスターたちによる、世界でも最良とされる絵画作品を収蔵している。14世紀から19世紀中盤にかけての各時代の重要な絵画作品も擁する。

特に本コレクションは17世紀のフランドル絵画(en:Flemish painting)、オランダ黄金時代の絵画、また、18世紀から19世紀にかけてのフランス絵画に強く、そして、イギリス、イタリア、スペインの突出した作品も納める。本コレクションの強みはレンブラント、ルーベンス、ファン・ダイク、カナレット、ゲインズバラ、ブーシェ、フラゴナール、ムリーリョ、ティツィアーノ、ベラスケスなどの作品を擁している点である。水彩画、油彩画の目録は、ヨーロッパの主要な流派のほぼすべてを押えている。

油彩画・デッサン・水彩画[編集]

『マルスとヴィーナス』、フランソワ・ブーシェ
  1. イギリス、ドイツ、スペイン、イタリア絵画
    油彩画151点、デッサン60 点[2]
  2. 19世紀フランス絵画
    油彩画134点、水彩画57点[3]
  3. 1815年以前のフランス絵画
    油彩画144点、デッサン及び水彩画8点[4]
  4. オランダ絵画
    油彩画173 点、デッサン2点[5]
  5. フランドル絵画
    油彩画48点[5]

オランダ絵画

イギリス絵画

フランドル絵画

『朝の化粧』、アントワーヌ・ヴァトー(1716年 - 1718年)
Mademoiselle de Clermont as a Sultana by ジャン=マルク・ナティエ (1733)

フランス絵画

イタリア絵画

スペイン絵画

陶磁器・ガラス部門[編集]

マイセンなど著名な産地の名品の数々や、世界でも最大級のセーブル焼コレクションを擁する。

ウォレス・コレクションは、18世紀のセーブル焼の最も豊富で突出したコレクションを納めている。その概要は花瓶137点、ティーセット80点、食器67点、素焼き3点、銘板130点(そのほとんどは家具に設置されている)。これらは歴代ハートフォード侯爵とサー・リチャード・ウォレスにより、1802年から1875年にかけて収集された[6]


金工品・家具部門[編集]

フランス家具の置かれた部屋

世界でも最も重要なフランス家具コレクションの一つである[7]。トータルで500点以上からなる家具コレクションは、18世紀フランス家具を広く収集し、また、幾つかの重要な19世紀フランス家具および、興味深いイタリア家具といくつかのイギリス家具、ドイツ家具も納めている。

本コレクションは真鍮や鼈甲象嵌(一般的にはアンドレ・シャルル・ブールの象嵌として知られる)、寄せ木象嵌で化粧張りされたキャビネットをはじめ、椅子、時計や晴雨計、金鍍金ブロンズ彫刻を組み込んだ陶磁器、貴石工芸、マントルピース、鏡、化粧箱、台座にまで及ぶ。特に、キャビネット製作者として最も著名とされるアンドレ・シャルル・ブール(1642–1732)の作と考えられる家具の一大コレクションが、本美術館の目玉の一つである。

ジョゼフ・バウムハウアー - 1点

  • Bas d'armoire, c. 1765-1770;

アンドレ・シャルル・ブール - 22点

  • Armoire, c. 1695;
  • Armoire, c. 1700;
  • Armoire, c. 1700;
  • Armoire, c. 1715;
  • Bureau plat, c. 1700-10;
  • Cabinet avec son pied, c. 1667;
  • Cartonnier et pendule, c.1715;
  • Commode, c. 1710;
  • Paire de grande table, c. 1705;
  • Mantle clock, c. 1715;
  • Mantle clock, c. 1726;
  • Médaillier, c. 1710-20;
  • Miroir de toilette, c. 1713, (delivered to the Duchesse de Berry);
  • Paire de coffre de toilette, c. 1700;
  • Paire de torchéres, c. 1700-10;
  • Pendule et gaine, c. 1712-20;
  • Pendule et gaine, c. 1720-25;
  • Table à mettre dans un trumeau, c. 1705;

マルタン・カルラン - 4点

  • Paire de Encoignures, c. 1772;
  • Secrétaire à abattant, c. 1775;
  • Table en secrétaire, c. 1783;

アドリアン・デローム - 2点

  • Paire de bibliothèque basse

エティエンヌ・ドワラ - 1点

  • Commode, c. 1720;

エティエンヌ・ルヴァスール - 5点

  • Grande Bibliothèque, c. 1775;
  • Paire de bibliothèque basse, c. 1775
  • Paire de meubles à hauteur de'appui, c. 1775

Alexandre-Jean Oppenord - 3点

  • Bureau plat, 1710;
  • Commode, c. 1695;
  • Écritoire, c. 1710;

ジャン=アンリ・リーズネル - 10点

  • Commode, delivered to Marie-Antoinette's cabinet intérieur de la reine at Versailles, c. 1780;
  • Commode, delivered to Marie-Antoinette for Chateau de Marly, c. 1782;
  • Encoignure, delivered to Marie-Antoinette's cabinet intérieur at Versailles, c. 1783;
  • Secrétaire à abattant, delivered to Marie-Antoinette's cabinet intérieur at Versailles, c. 1783;
  • Secrétaire à abattant, delivered to Marie-Antoinette's Petit Triannon at Versailles, c. 1783;
  • Secrétaire à abattant, delivered to Marie-Antoinette's cabinet intérieur at Versailles, c. 1780;
  • Bureau à cylindre, delivered to the comte d'Orsay for the Hôtel d'Orsay, c. 1774;
  • Bureau à cylindre, c. 1785;
  • Secrétaire à abattant, c. 1780-4;
  • Table de toilette, c. 1780-4;

ベルナール・ヴァン・リーザンブール - 1点

  • Bureau plat, c. 1719

Nicolas Sageot - 1点

  • Commode, c.1700;

Adam Weisweiler - 4点

  • Paire de meubles à hauteur de'appui, c. 1780
  • Paire de meubles à hauteur de'appui, c. 1785-90


建物[編集]

数年前、中庭にガラス天井が備え付けられ、現在では レストラン「バガテル」がオープンしている。



所在地[編集]

Hartford House, Manchester Square, W1

ギャラリー[編集]


脚注[編集]

  1. ^ The Wallace Collection Annual Report and Accounts 2004-05 HC 83
  2. ^ The Wallace Collection: Catalogue of Pictures I
  3. ^ The Wallace Collection: Catalogue of Pictures II
  4. ^ The Wallace Collection: Catalogue of Pictures III
  5. ^ a b The Wallace Collection: Catalogue of Pictures IV
  6. ^ The Wallace Collection: Catalogue of Sèvres Porcelain - ISBN 0 900785 27 6
  7. ^ The Burlington Magazine, Vol. 139, No. 1136 (Nov., 1997), pp. 792-794


関連項目[編集]


外部リンク[編集]

座標: 北緯51度31分03秒 西経0度09分11秒 / 北緯51.51750度 西経0.15306度 / 51.51750; -0.15306