アンドレア・デル・サルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレア・デル・サルト 自画像

アンドレア・デル・サルトAndrea del Sarto, 1486年7月16日 - 1531年1月21日)は、ルネサンス期のイタリア画家

本名はアンドレア・ダニョーロ・ディ・フランチェスコ(Andrea d'Agnolo di Francesco)。イタリアのゴシック期、ルネサンス期の画家には、もっぱら通称で呼ばれる者が多いが、彼もその1人で、「アンドレア・デル・サルト」は「仕立て屋のアンドレア」の意である。ミケランジェロラファエロらがローマで華々しく活躍していたのと同じ頃、フィレンツェ美術伝統を守っていた画家である。

1486年、フィレンツェに生まれ、徒弟時代はフィレンツェ派の巨匠の一人であるピエロ・ディ・コジモに師事する。1518年から翌年にかけてフランスフランソワ1世に招かれ、フォンテーヌブローへ赴いた。代表作である『アルピエ(ハルピュイア)の聖母』には、安定した三角形構図(中央の聖母の頭部と、両脇の聖人の頭部を結んだが三角形をなす)、甘美な色彩、レオナルド・ダ・ヴィンチの影響が見られるスフマート(もやのかかったように表す描法/霧状効果)技法などの、アンドレアの画風の特色が見られる。アンドレアの弟子からはポントルモロッソ・フィオレンティーノなど、次世代のマニエリスム絵画を担う画家が出ている。

代表作[編集]

アルピエの聖母 1517 ウフィツィ美術館

作品解説[編集]

  • 『アンドレア・デル・サルト.マニエリスムへの流れ』 セレーナ・パドヴァーニ
甲斐教行訳、東京書籍〈イタリア・ルネサンスの巨匠たち.26〉、1996年-小冊子・絶版
  • 『アンドレア・デル・サルト』 アントニオ・ナターリ/アレッサンドロ・チェッキ
宮田克人訳、京都書院〈カンティーニ美術叢書4〉、1995年-大著・絶版